そうすると、常に仕事のことを考えるようになり、どうしても疲れが溜まってしまいます。

仕事の燃え尽き症候群から脱出するためには、意識的にオンとオフのメリハリを付けることが大切です。