すなわち、このピークを過ぎることで徐々に状態が悪くなっていくのが一般的です。

「幸せのピーク」という表現をすると、「この後は徐々に不幸になっていく」という意味になってしまう恐れがあります。