「彼は〇〇すべきだ」とワガママになってしまうこともあるでしょう。

しかし、そのように干渉しすぎて彼に接すると彼の方もあなたに愛想を尽かしてしまいます。