肩の力を入れ過ぎず、徐々に素の自分を見せて付き合っていきましょう。

相手といて、お互いに楽だと思えるような付き合いこそが長続きさせる秘訣になります。