人によっては、どちらもピークを迎えられることなく一生を終えてしまう人もいるでしょう。

だからこそ、自分が今ピークを迎えていると感じた場合は、少しでもその状態を長続きさせるための努力をしてピークを楽しんでください。