そのため、稀な昇格よりも自分自身が新規事業を任された時の方がピークを実感できるという人が多いでしょう。