自分の売上目標を達成していても、未達になりそうな人の補填として営業活動を継続しなければならないこともあります。