そういった苦労が大きくなると「完遂した瞬間の飲み会は楽しかった」という気持ちになってしまうのです。

5:業績アップに貢献した時

営業職や販売職のように自分自身の目標数字を持っていて、それを達成できたかどうかによって会社の業績アップに貢献できたかどうかすぐに分かるという人もいるでしょう。