しかし、そのようにダイレクトに分かる人ばかりではありません。

中には企画職や研究職のようになかなか自分自身の仕事が業績アップにどのように影響しているのか実感できない人もいます。