そういった人たちにとってはやはり正社員に登用されるのは一つの目標達成となるため、登用される話を聞いた瞬間にピークを感じることもあるでしょう。