この時期を過ぎて両想いになり付き合い始めると、今までは気にならなかった彼の嫌な部分に目が行ってしまい喧嘩になることもあるため、お互いに「相手は自分のことが好きだろうし、自分も相手のことが好きだけど決定的な言葉は言わない」という、いわゆる「両片想い」の時期こそが恋愛のピークだと感じるカップルは少なくありません。