しかし、そういう感情にまだ触れない自覚した瞬間は、恋心とだけ真摯に向き合うことができるので紛れもなく恋愛のピークだといえるでしょう。