しかしながら、いつまでもその栄光を引きずっていてはいけません。

栄光を引きずりすぎると「あの時は上手くできたはずなのに」という気持ちから「今回成功しないのは周りが悪い」と責任転嫁してしまう可能性があります。