いつまでも過去の栄光にしがみついてピーク時の余韻を楽しむだけではなく、すぐに新しい目標に向かって進む方が楽しく仕事ができるでしょう。