仕事をスムーズに進めるためのタイピング力はもちろん、企業が用意した媒体で執筆している時にエラーが発生した場合、ある程度は自分で対応したり、あるいは企業に対して適切にエラー状況を報告したりする程度の知識は必要になってきます。