専門分野は「多くの人が興味はあるものの、なかなか専門的な知識を持てない分野」にするのがおすすめです。