単価が低くても数をこなすか、経験を積んでから単価が高くて時間がかかる仕事に挑戦するかは、割ける時間や自分の性格・知識と相談しながら決めると良いでしょう。