そうしたサイトに直接応募することによって、webライターとして働けることもあるでしょう。

ただし、こうした直接応募はある程度のライターとしての経験がある人しか採用されない場合がほとんどです。