もちろん、自分で自由に遊ぶ時間を決めたいという人もwebライターとして働くことで遊ぶ時間を確保しやすくなります。