ぬくもりが恋しくなる時18選!人肌恋しい時期や瞬間のあるあるネタをまとめましたについて
「冬になると人のぬくもりが恋しくなる」など、寂しい気持ちを「ぬくもりが恋しい」という表現で表すことがあります。

もちろん、寂しい気持ちを比喩的に表現する時ばかりではなく、本当に寒い時に物理的にぬくもりが恋しくなることもあるでしょう。

では、そもそもなぜぬくもりが恋しくなるのでしょうか。

ぬくもりが恋しくなる理由やぬくもりが恋しくなりがちな瞬間、そしてぬくもりが恋しくて仕方ない時の対処法や、逆にぬくもりが恋しい時でもとるべきではない避けるべき行動など、ぬくもりが恋しい時に備えて知っておきたいことを一気に紹介していきます。

ぬくもりが恋しくなる理由

そもそも、ぬくもりが恋しくなるということは理論上今までに最低でも一度はぬくもりを味わったことがあるということになるでしょう。

では、人はどんな時にぬくもりを感じ、その体験を追体験したいと思ってぬくもりを感じたいと思うようになるのでしょうか。

ここでは、多くの人がぬくもりを恋しく思ってしまう理由について、代表的なものを2つ紹介していきます。

誰かに愛されたい

誰かに愛されたい時は、ぬくもりが恋しくなると言われています。

今まで誰かに愛されていたのにフラれてしまった時などは、自分でも不本意なタイミングで一人になってしまうのでぬくもりが恋しくなりやすいでしょう。

もちろん、自分から別れを告げた場合でもぬくもりが恋しくなることはありますが、このように誰かに愛されたいという理由でぬくもりが恋しくなる人は少なくありません。

また、恋人と別れた時に限りぬくもりが恋しくなるのではなく、仲の良かった友達が遠くに引っ越してしまった時や、会社で尊敬していた先輩が辞めてしまい寂しさを感じる時にもぬくもりを恋しく感じる人が多いと言われています。

恋愛でも友情でも尊敬でも、対象となる誰かがいなくなった時にぬくもりが恋しくなるのは自然なことでしょう。

家族との思い出

「誰かがいなくなった時にぬくもりが恋しくなる」ということで、もちろん家族との思い出もぬくもりが恋しくなる理由の一つであると言われています。

進学や就職、転職に伴って一人暮らしをした経験がある人にとっては、特に実感しやすいのではないでしょうか。

一般的に、家族から与えられる愛情は無償の愛情であると言われ誰もが無条件に享受できるものであると言われています。

もちろん家庭環境によってはあまり家族からの愛情を実感したことがないという人もいるかもしれませんが、多くの人にとっては家族と過ごした時間は大切で、思い出は懐かしむものとなるでしょう。

だからこそ、その家族と距離ができてしまった時などはぬくもりが恋しくなるという人が増えるのです。

家族と離れて生活している時はもちろん、実家から離れて誰かと新婚生活を営んでいる時であっても、幸せいっぱいで愛情も満たされているはずなのになぜか寂しくてぬくもりが恋しくなってしまうこともあるのです。

ぬくもりが恋しくなる時18選

誰かに愛されたい、あるいは今まで一緒に過ごしていた家族と距離ができてしまったことで寂しくなってしまったというのがぬくもりが恋しくなる主な理由だと言われています。

では、具体的にはどのような時、あるいはどのような瞬間にぬくもりが恋しくなるのでしょうか。

ここからは、今まで以上に具体的に「どういった時にぬくもりが恋しくなるのか」という状況を解説していきたいと思います。

1:落ち込んでいる時

仕事で初歩的なミスをしてしまって自己嫌悪に陥ったり、あるいはとても大きなミスをしてしまって叱られたりして落ち込むこともあるでしょう。

あるいは、恋人と喧嘩してしまったり告白したのにフラれてしまったり、もしくは友達となんとなく喧嘩のようになってしまい落ち込んでしまうことは誰にでもあります。

そんな誰にでもある「なんとなく上手いくいかない時」はぬくもりが恋しくなりがちです。

仕事で失敗したら恋人か友達に、恋人と喧嘩した時は友達に、友達と喧嘩した時は恋人に、というように落ち込む原因以外にぬくもりを求めることもあるでしょう。

もちろん、仕事に打ち込むことでぬくもりが恋しいことを忘れようとする人もいます。

2:体調が悪い時

体調が悪い女性
少し体調が悪いだけではなく寝込んでしまうほど体調が悪い時は、小さい頃に家族に心配されて看病してもらった時のことを思い出してぬくもりが恋しくなる人も多いのではないでしょうか。

実家暮らしであれば寝ているだけで治るかもしれませんが、一人暮らしの場合は自分で食事を作らなければなりません。

レトルトのお粥などを常備している人であっても、そもそもそれを温めることすら辛くて誰かに頼りたくなることもあるでしょう。

さらに体調の悪さが長引けば、食べた後の食器の片付けや掃除、シーツ替えなどもしたくなってくるでしょう。

そうしたことも自力で行わなければならないと辛さが普段よりも強く感じられてしまい、誰かに頼りたい、ぬくもりが恋しいとなるのです。

3:仕事が忙しくて疲れている時

体調が悪い時だけではなく、単に仕事が忙しくて疲れている時にも誰かに癒されたくてぬくもりが恋しくなることもあります。

家事などを自分の代わりにやってもらって甘えたくなりぬくもりが恋しいという人もいるでしょうし、家事などもしなくて良いからとにかく誰かに隣にいてほしいという人もいるでしょう。

仕事が忙しいと、どんなに近くに住んでいても恋人や友達に時間が作りづらくなります。

会いたくて会えない状況だからこそ、ぬくもりが恋しくなるのも無理はないのかもしれません。

4:努力したのに褒めてくれる人がいない時

子どもの頃であれば、テストで良い点を取った時や徒競走で一位をとった時など、先生や自分の両親に褒めてもらえたことでしょう。

しかし、成長するにつれ努力したからといって必ず褒めてもらえるわけではなくなっていきます。

むしろ努力しても認められずに「もっと頑張れるはずだ」など叱咤しかもらえないこともあるでしょう。

仕方のないことだと思っていても、そうした状況が続くとどんどん空しくなり、子どもの頃のように誰かに褒めて欲しい、誰かのぬくもりが恋しいという気持ちになるのもある意味では当然のことです。

5:お酒を飲んで酔っている時

お酒を飲める人にとっては、酔った時も人恋しくてぬくもりを求めたい気持ちになるのではないでしょうか。