言い訳がうまい人の特徴7個!見習いたい例文6選!覚えておけばつかえるかもについて
仕事を休みたいときや飲み会で早く帰りたいときなど「なにかうまい言い訳思いつかないかな~」と思ったことがあるのではないでしょうか?

今回は、言い訳がうまい人の特徴を参考にしながら、ここぞというときに使える言い訳の例文を紹介していきます。

覚えておけば、いつか役立つときがくるかもしれないので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

言い訳がうまい人の特徴7個

ここからは「言い訳がうまい人の特徴7個」について紹介していきます。

言い訳がうまい人と聞くと、ずる賢いといったイメージが代表的ですが、実際にはどのような特徴があるのでしょうか。

さっそく、見ていきましょう。

1:言い訳の内容に説得力がある

やはり、言い訳をする場合は、その内容に説得力がなければ意味がありませんよね。

もし、言い訳とは分かっていても、つい納得してしまうような内容であれば「今回は多めに見てやるか」となることもあるでしょう。

たとえば、寝坊をしてデートに遅刻したとします。

この場合、素直に「寝坊しちゃった」と伝えると恋人を怒らせてしまう可能性があります。

ですが「○○とのデートに着ていく服を選んでたら、ついこんな時間になっちゃってたの」と具体的な事柄を絡めながら伝えると、なんだか説得力があるため「なんだよそれ~」と言いつつも、恋人は許してくれるはずです。

2:頭の回転が速い

言い訳の内容に説得力を持たせるためには、瞬時に的確な言葉を探し出す必要があります。

要するに、言い訳がうまい人ほど、頭の回転が速いというわけです。

「これを言ったら相手は不機嫌になるだろう」や「○○ということで相手の集中を逸らせるのではないか?」と、一瞬のあいだにあらゆる言い訳が頭の中を駆け巡ります。

そして、その中から今この瞬間にピッタリの言い訳を探し当てるのです。

もちろん、この場合の頭の回転の速さは、勉強ができることとかならずしも一致しているわけではありません。

3:口が達者

言い訳がうまい人は、とにかく口が達者です。

「噓も方便」という言葉があるように、いつ何時も本当のことばかりを素直に言ってしまうと、かえって相手を傷つけたり、怒らせてしまう可能性がありますよね。

そのため、言い訳がうまい人は「優しい嘘ならいくらでもOK」と考えているのです。

ですから、思わず相手が「すごいな」と感激してしまうほどの、嘘を並べるにもかかわらず、どうしてか納得せざるを得なくなってしまう話術があるといえるでしょう。

4:素直に謝罪できる

謝罪
言い訳がうまい人は、素直に謝罪することもできます。

たとえば、自分に非がある場合「ここで素直に謝ってしまうと、かえって怒られるのではないか?」と、なかなか謝罪できない人もいるでしょう。

ですが、謝罪するべきタイミングを逃してしまう人は、結局のところ「あいつは信用できない」と周りから嫌われてしまう可能性があります。

ですが、言い訳がうまい人は、嘘をついたとしても、ここぞというタイミングできちんと謝罪することができるため、相手もつい「じゃあ、次からは気をつけてね」とすんなり許してしまうのでしょう。

また、謝罪をするタイミングとしては、言い訳をする最初と最後に付け加えるのが効果的です。

5:人を批判しない

言い訳がうまい人は、むやみやたらに人を批判したりはしません。

まさに、八方美人ともいえるでしょう。

やはり、人の悪口ばかりをいう人は、いいイメージがありませんよね。

それに、自分が批判したということが相手にバレてしまった場合は、険悪なムードになってしまうことも。

この場合、言い訳ばかりをする人にとっては、まさにアウェイな状況ともいえるでしょう。

そのため、言い訳がうまい人というのは、表面上では敵を作らないように心がけているともいえます。

6:不利な事を上手に隠す

言い訳がうまい人は、不利なことを上手に隠す術を身につけています。

やはり、言い訳をする理由として1番に挙げられるのは、自分にとって不利な事を隠すためでしょう。

そのため、日頃から人を批判することなく「裏表のない人」を演じているのかもしれませんね。

また、自分の思い通りになるようにことを進めていく力もあるので、知らず知らずのうちに犠牲者が出ていることもあるかもしれません。

7:堂々としている

言い訳がうまい人は、とにかく堂々としている傾向があります。

人はどうしても言い訳をするときに、後ろめたさが芽生えてしまい、どうにも弱々しくなってしまいがちです。

ですが、弱々しいと「それ本当なの?」と相手にツッコまれてしまいますよね。

その点、言い訳がうまい人は、これでもかというほどに堂々しているのが特徴です。

相手に有無を言わさないほどの堂々っぷりで、少々無理がある言い訳であっても、無難に切り抜けて行けるのでしょう。

言い訳に使える理由のパターン

ここまで「言い訳がうまい人の特徴7個」について紹介してきました。

頭の回転が速かったり、堂々としているなど、あなたの周りにいる言い訳がうまい人にも、これらの特徴が当てはまっているはずです。

文字にしてみると、あまりいい印象を抱かないかもしれませんが、実際に自分にこれらの特徴があったら、案外便利かもしれませんよ。

それでは、ここからは「言い訳に使える理由のパターン」について紹介していきます。

家庭の事情を理由にする

仕事を休みたいときや飲み会で早く帰りたいときなどは、主に家庭の事情を理由にすることが1番無難といえるでしょう。

やはり、言い訳をするにあたって重要なポイントは、相手に「それなら仕方ないよね」と納得させることです。

その点、家庭の事情であれば、他人は簡単に首を突っ込むことができませんから、自然と納得してもらいやすいといえます。

家庭のルール

「門限が20時なので、本日はこの辺で帰らせていただきます」や「我が家では家族そろって食卓を囲むのがルールですので」など、家族にしか分からないであろう、家庭のルールを主張してみるのもいいでしょう。

もちろん、家庭のルールであれば、他人が知る由もありませんから「それなら仕方ないよね」と納得してもらいやすいといえます。

また、家庭のルールを理由に言い訳をした場合は「それはちょっとやりすぎでしょ」と思う内容であっても「いや、家庭のルールですから!」と押し切ることができるのでおすすめです。

家族の病気

「他県に住む祖母の体調が悪くなってしまい急遽、看病に行かなければいけなくなったので休みます」や「昨晩から娘の体調がよくありませんので、明日は休ませていただきます」など、家族の病気を理由に言い訳するのも無難に切り抜ける方法の1つといえます。

やはり、家族のことには、他人は口出しすることができません。

また「そんな理由で?」とはいえない内容だからこそ、言われた側は「それなら仕方ないよね」と返すことしかできないといえます。

子供関係の用事

行事
「学校から息子の体調が良くないとの連絡がきましたので、早退させてください」や「来週は子供の授業参観がありますので、欠席いたします」など、子供関係の用事の場合も、他人はなかなか口をはさみにくいといえます。

そのため、子供がいる人は、子供関係の事柄を理由にするのが1番無難といえるでしょう。

ただ、子供関係の事柄を理由にした場合は、子供がいない人からの批判を受けることもあるかもしれませんので、そこは覚悟が必要かもしれませんね。

物や環境のせいにする

「この機械が古いために故障してしまった」や「大雨の影響で渋滞していたので、会社に着くのが遅れてしまった」など、物や環境などのせいにするのもいいかもしれませんね。

というのも、物や環境が原因であれば、誰もが一度は経験したことがあるため「それなら仕方ないよね」と納得してもらいやすいといえます。

また、物や環境の場合は、誰かを犠牲にする必要もないため、家族のことを理由にするよりも少々気が楽といえるかもしれません。

体調を理由にする

「頭痛がひどいため、お休みさせていただきます」や「お腹の調子が悪くなってしまったので、今日はこの辺で帰ります」など体調を理由にすれば、すべて自己責任となるため罪悪感もないでしょう。

そもそも、体調は本人にしか分からないため、引き留めてくる人はいないといえます。

また、現代社会においてはセクハラが問題となっていることからも、異性の相手に言い訳する際は、根掘り葉掘り聞かれずに済むといったメリットがあります。

ですが、同性の場合は「どこらへんが痛いの?病院には行った?」など、あれこれ聞かれる可能性が高いため、それも踏まえて事前に言い訳を用意しておくことが理想です。

仕事を理由にする

仕事
「会議が長引きそうだから、今日のデートはキャンセルでお願い」や「ママは仕事が忙しいから我慢してね」など、仕事を理由にするのも1つの手ですね。

ほとんどの場合「仕事だったら仕方ないよね」と思う人が多いため、やはり仕事を理由に言い訳する人も多いのかもしれません。

また、仕事であれば、根掘り葉掘り聞かれる心配もありませんから「うまい言い訳が思いつかない」と頭を抱えた際には、手軽に使える言い訳ともいえるでしょう。

うまい言い訳のコツ

ここまで「言い訳に使える理由のパターン」について紹介してきました。

家族や体調を理由に言い訳するなど、うまく言い訳したいのであれば、相手が簡単に首を突っ込めない内容にすることがポイントになるでしょう。

とはいえ、どれだけ「それなら仕方ないよね」と思う内容であっても、タイミングや使い方を間違えてしまっては効果が薄れてしまいます。

それでは、ここからは「うまい言い訳のコツ」について紹介していきます。

早めに連絡を入れる

言い訳をする際は、できるだけ早めに連絡を入れることが重要です。

たとえば、友達との約束を断るとしましょう。

この場合、断るだけに留まらず、連絡まで遅いとなると、相手を余計に怒らせてしまう可能性があります。

ですが、早めに連絡を入れることによって「それなら別の予定を入れよう」と相手は開き直ることができます。

要するに、相手の注意を別のところに促すことができれば、余計にイライラさせる心配がなくなるのです。

まず謝る

謝る
先ほども紹介したように、言い訳がうまい人はきちんと謝ることができるのが特徴です。

そのため、言い訳をする前には、まず謝ることを心がけるといいかもしれません。

「謝る=自分の非を認める」ということになりますが、謝ることによって相手からの信用を失う可能性は減るでしょう。

そのため、友達や今後も付き合いを続けていきたい相手に言い訳をしなければいけなくなった場合は、まず謝ることを大前提にしましょう。

また、最初だけではなく、最後にもう一度謝ることで「ここまで反省しているなら…」と許してもらいやすくなります。

言い訳をプラスの方向に持っていく

たとえば「この子もしかすると仕事に向いてないかも?」と思っている後輩から相談を受けたとします。

この場合、後輩を思って「たしかに向いてないかもね。だから、次に進む道を考えてみたら?」とストレートな意見をぶつけるのもまた優しさといえるかもしれませんが、少なからず後輩を傷つけてしまう可能性が高いでしょう。

そのため、言い訳を使うことで、柔らかい表現を演出します。

もちろん、せっかく言い訳するのですから、少しでもプラスの方向に持っていけるようにすると、後輩からの信用も失わなくて済むでしょう。

迷惑をかけた相手へのフォローを忘れない

言い訳をする際は、なにかしら自分にとっての不都合を隠すためだと思います。

そのため、誰かに迷惑をかけてしまうことも多いはず。

ですから、言い訳をしたとしても、きちんと相手へのフォローを忘れないことが、今後の信用にも関わってくることを覚えておきましょう。

仕事を代わってもらったのであれば、後日「ありがとう」と直接伝えるようにするなど、迷惑をかけた相手にフォローをするところまでが、うまく言い訳をするコツとなるのです。

協力者に話を合わせてもらう

「自分1人だけでは、どうにも不都合だ」といった場合は、誰かに協力してもらうという手もあります。

たとえば、告白を断りたい場合。

ストレートに「付き合えません」といえば、角が立つかもしれませんよね。

ですから、男友達に恋人役をしてもらうなど、協力者がいることで、より一層「信憑性」が強まるのでおすすめです。

ただし、自分の言い訳に協力してもらったからには、きちんとお礼することをお忘れなく。

同じ言い訳を何度も使わない

一度使った言い訳は、できるだけ二度と使わないよう心がけましょう。

というのも、一度目は納得してもらえる内容であっても、何度も繰り返し使うことによって、相手からすると「またそれか、本当なの?」と疑ってしまうのも無理はありませんよね。

ですから、できるだけ言い訳のバリエーションは持っておいた方がいいでしょう。

たとえば、体調を理由に言い訳するとしても「頭痛」というフレーズを繰り返し使うのではなく「お腹の調子がどうもよくなくて」や「なんだか喉が痛くて」など、違うフレーズを使えば、相手にも納得してもらいやすくなるでしょう。

具体的な事柄を挙げる

やはり、言い訳であったとしても、具体的な事柄を挙げることで、一気に信憑性は増すものです。

たとえば「熱があります」というよりも「昨晩10時ごろから突然38度まで熱が上がりまして」といった方が、明らかに信憑性がありますよね。

それに、1番最初に具体的な事柄を挙げておけば、あとから根掘り葉掘り聞かれることもなくなるでしょう。

多くの場合、あとから根掘り葉掘り聞かれることで、ボロが出てしまうといえます。

ボロが出るのを防ぐためにも、最初から具体的な事柄を挙げることを意識してみましょう。

メールやLINEではなく電話で伝える

電話
寝坊をして遅刻してしまう際や、合コンに行く約束をキャンセルするときなど、直接会って言い訳できない場合は、メールやLINEを使うのではなく電話で伝えることが重要です。

やはり、メールやLINEで伝えようとすると、どうしてもダラダラとした文章になってしまい、嘘っぽくなってしまいます。

反対に、電話であれば用件をパパっと伝えることができますし、なによりも現在の状況を相手に把握してもらいやすいといえます。

きちんと「申し訳ない…」という気持ちを込めることで、さらに相手の信用を失わずに済むでしょう。

見習いたい例文6選

ここまで「うまい言い訳のコツ」について紹介してきました。

言い訳をする理由として、ほとんどの場合が自分のためでありますが、迷惑をかけてしまった相手へのフォローを忘れてしまえば、ただの「迷惑で面倒な人」になってしまうので注意が必要です。

それでは、ここからは先ほど紹介した、言い訳に使える理由のパターンやコツを踏まえて「見習いたい例文6選」を紹介していきます。

1:「親から門限を決められているので二次会は欠席します」

なんとなく気分が乗らないときや苦手なメンツの飲み会なんかは、一刻も早く帰りたくなってしまいますよね。

ここでは、家族のルールを活用した例文を紹介していきます。

「親から門限を決められているので二次会は欠席します」この場合、家族ルールを理由にすることによって、他人は首を突っ込むことができなくなります。

ただ、具体的な時間指定をしていないので、相手には「一次会が終わり次第帰ります」という風に伝わるでしょう。

そのため「○時が門限ですので…」と具体的な時間指定を追加すると、ダラダラせず速やかに帰ることができるのでおすすめです。

ただし、注意点として、同じ人がいる飲み会では「○○さんは○時門限」という風に覚えられてしまうので、どれだけ楽しくてもその時間になったら帰らなければいけなくなるでしょう。

2:「子供の病院の予約日なのでこの日はお休みさせてください」

日付を指定して仕事を休みたくても、なんとなく休みにくい雰囲気ってありますよね。

そんなときは、子供の用事と体調を併用した言い訳をすると効果的です。

「子供の病院の予約日なのでこの日はお休みさせてください」この場合、子供の用事だけではなく、体調のことまで加わっているため、大抵はすんなりと言い訳が通りやすいといえます。

また、より信憑性を出すためには「虫歯の検査で」や「耳鼻科の定期健診でして」など、具体的な事柄を挙げるといいかもしれませんね。

ただし、あまりにも深刻すぎる内容だと「息子さん大丈夫なの…?」と心配をかけてしまうので、言い訳する際は周りに心配をかけない程度のものを選ぶようにしましょう。

信憑性を重視するがあまり、言い訳が大規模化してしまえば、かえって面倒なことになる可能性があるので気を付けましょう。

3:「自転車のタイヤがパンクして遅刻しました」

ついうっかり寝坊してしまい、会社に遅刻してしまう日もあるでしょう。

とはいえ、天気は清々しいほどに晴れていて、普段から自転車通勤をしている人の場合は遅延を理由に言い訳できませんよね。

この場合「自転車のタイヤがパンクして遅刻しました」が効果的といえます。

自転車のタイヤのパンクは誰にも予想ができないアクシデントですから「それなら仕方ないよね」と納得してもらいやすいです。

ただし、こちらの言い訳をした際は、実際に会社の人に自転車のタイヤが見られないように注意しておくことが大切です。

なんなら「自転車は来る途中の○○に預けて来ました」と言い訳を付け加えたり、信用を失わないためにそもそも自転車に乗って来ない方がいいかもしれませんね。

4:「パソコンのトラブルが起きて作業に遅れが出ました」

別の仕事でいっぱいいっぱいになり、つい頼まれていた仕事を忘れていたなんてこともあるかと思います。

この場合、物を活用した「パソコンのトラブルが起きて作業に遅れが出ました」が効果的といえるでしょう。

というのも、パソコンのトラブルは誰もが一度は経験したことがあるでしょうから「それなら仕方ないよね」と納得してもらいやすいです。

とはいえ、周りにいる同僚のパソコンにはなんらトラブルが起きていないとバレてしまうと「どうして君だけ?」と変な空気になってしまうことが…。

ですから、この言い訳を使う際には、周りにいる同僚に話を合わせてもらうよう、お願いしてみると信憑性が高まるのでおすすめです。

5:「昨晩から熱が下がらないのでお休みさせてください」

突然仕事を休みたくなる日もあるかと思います。

とはいえ「なんだか気分が乗らないので仕事休みます」なんてことは、とてもじゃないけどいえませんよね。

ですから、この場合は体調を活用した「昨晩から熱が下がらないのでお休みさせてください」が効果的です。

こちら「昨晩」という具体的な日時を伝えているので、非常に信憑性があります。

また「熱」というワードを使うことによって「休まざるを得ない」という状況を相手に連想させることができるのです。

もちろん、このままでも充分なのですが、心配な場合は「昨晩は38度で…」など具体的な体温を報告するのもいいかもしれませんね。

6:「急に仕事が入ったので今日の合コンはキャンセルさせて」

モチベーションが上がらないときは、せっかくの合コンもキャンセルしたくなりますよね。

この場合は「急に仕事が入ったので、今日の合コンはキャンセルさせて」ということを理由に、無難に乗り切りましょう。

やはり、仕事は大切ですから「仕事」といわれて、それでも強引に引き留める人はなかなかいません。

ただし、友達や今後も付き合いを続けていきたい人との約束であった場合は、後日きちんとフォローをすることが大切です。

そうでなければ、相手を嫌な気持ちにさせてしまうだけではなく、もう二度と合コンに誘ってもらえない可能性も出てくるため、言い訳をしたあとはフォローをすることをお忘れなく。

言い訳がバレた時のデメリット

ここまで「言い訳をする際に見習いたい例文6選」を紹介していきました。

言い訳で大切なことは、短く簡潔に、なおかつ信憑性があることです。

人は嘘をつくと、知らず知らずのうちに話が長くなるため、あれもこれもと話してしまうと余計に嘘っぽくなってしまいます。

ですから、うまく言い訳したいのであれば、できるだけ一言に収めるようにしましょう。

それでは、ここからは「言い訳がバレた時のデメリット」について紹介していきます。

信用を失う

「言い訳=自分を正当化するための口実」になりますから、やはり言い訳がバレた際には、相手からの信用を失うことになるでしょう。

そのため、同じ相手に対して何度も言い訳をしないことが、信用を失わないでいられる手段となります。

また、あまりにも信憑性にかける言い訳もNGです。

そもそも、言い訳すること自体良くないことかもしれませんが、素直すぎることで自分や誰かを傷つけてしまうことだってあるでしょう。

そのため「言い訳をしても、繰り返さない」ということが、信用を失わずにうまく言い訳をしていくためのポイントになるといえます。

また、言い訳をする際に迷惑をかけてしまった人がいる場合は、後日きちんとフォローすることをお忘れなく。

イベントなどに誘ってもらえない

合コンなどのイベントに言い訳をしてキャンセルした際、相手にバレるともう二度と誘ってもらえない可能性があります。

そのため、言い訳をしたからには、最後まで突き通すことを心がけましょう。

また、友達や今後も付き合いを続けていきたい人であれば、言い訳をしたあとにはかならずフォローをすることが大切です。

言い訳をした側はなんとも思っていなくても、された側からすれば「迷惑をかけられた」とマイナスなイメージで溢れてしまいます。

ですから「あの日はごめんね。今度埋め合わせするから!」など、きちんとフォローすることを忘れないようにしましょう。

責任ある仕事を任せてもらえない

社会人には信用が非常に重要です。

そのため「こいつはいつも言い訳ばかりだ」と思われてしまえば、責任ある仕事を任せてもらえることはなくなるでしょう。

ですから、仕事において言い訳をする際には、ほかのどこで言い訳をするよりも注意を払っておく必要があります。

なにせ、会社という狭い世界では、あなたが言い訳をする人ということは、もの凄く速いスピードで広まってしまうから。

また、その噂もいずれは上にまで伝わってしまいますから、責任ある仕事がしたい場合は、言い訳をする際に注意を払っておくことが大切です。

困った時に協力してもらえない

残念ながら、言い訳ばかりをする人に協力してくれる人はあまりいないでしょう。

というのも、言い訳をすることで自分は不都合なことから逃れられるかもしれませんが、自分の知らないところで別の人は代わりに不都合を担っている場合があります。

そのため、代わりになった人からすれば、言い訳をした人は悪者になり、周りから人が減っていってしまうのです。

要するに、言い訳をする回数が増えれば増えるほど、周りからどんどん人がいなくなり、気がついたころには困ったときに協力をしてくれる人が1人もいない状況になってしまうといえます。

幼稚に見られる

言い訳ばかりをしてしまうと、周りの人から「幼稚な人だな」と思われてしまいます。

やはり、言い訳をするということは、自己管理がきちんとできていないことになりますから「いい歳して、子供みたいだな」と思われてしまうのです。

また、言い訳をすることで、知らず知らずのうちに周りに迷惑をかけることになるので「大人のくせに自立できていない」と幼稚に見られることがあるでしょう。

そのため、普段は「デキる大人」を装っていても、周りに言い訳だとバレてしまうことで、一気にイメージダウンする恐れがあるので注意しておきましょう。

嫌われる

正直、言い訳が一度でもバレてしまうと、信用を失うだけではなく、嫌われてしまう可能性があります。

やはり、言い訳をされた側からすると「どうして本当のことをいってくれないの?私のことを信頼していないから?」など、多くの場合不安を抱くはず。

また、それだけでなく、自分の不都合を隠そうとする大人げなさに、思わず幻滅してしまうといえるでしょう。

ですから、気がついた頃には周りから人がどんどんいなくなってしまい、挙句の果てには仕事も任せてもらえないなど、社会から孤立してしまう可能性もあります。

うまい言い訳のポイントを押さえておこう

言い訳がうまい人の特徴や言い訳に使える理由のパターンやコツ、さらにはシチュエーション別の言い訳に最適な例文を紹介してきました。

言い訳は仕事を休む際や、早く帰りたいときなど、自分にとって不都合な場面で非常に役立ちますね。

ですが、自分を正当化するための口実だからこそ、周りにバレてしまうとマイナスなイメージを持たれてしまうことは仕方ないのです。

ですから、ぜひ今回紹介した内容を参考にして、自分にとっても、周りにとっても納得することができる言い訳術を身につけてみてはいかがでしょうか。