カレカノあるある42選【中学生編・高校生編・大人編】「めっちゃわかる」共感の嵐です!について
思わず「めっちゃわかる!」と共感してしまう、カレカノあるあるを集めました。

今回は、中学生編・高校生編・大人編を紹介していきます。

カップルや女子会で見て盛り上がっちゃいましょう!

カレカノあるある42選

ここからは、ノンストップでカレカノあるある42選を紹介していきます。

思わず「めっちゃわかる!」と共感する内容もあれば「これもあるあるなんだ!」とはじめて見る内容もあるかもしれません。

ぜひ、1つずつチェックしながら見てみてくださいね!

中学生編

「はじめて彼氏ができたのは中学時代だった」という人も多いかと思います。

そんなはじめての経験だらけ、なおかつまだまだ知らないことでいっぱいの中学生時代のカレカノあるあるは初々しいことだらけかも!

1:一緒に登下校

登下校
中学生の場合は家が近い確率は高いため、一緒に登下校する人も多いと思います。

それに、デートをするといっても行動範囲が狭いですから、一緒に登下校することもまたデートと同じ感覚になれたでしょう。

彼氏が家の近くまで迎えに来てくれたり、下校の際は学校から少し離れた公園で待ち合わせするなど、なんとも甘酸っぱい青春ですよね。

また、部活や補習で思うように帰れなかった際に、ふと目の前に彼氏が迎えに来てくれたら、それはもうドキドキが止まらなかったのではないでしょうか。

2:テスト期間は二人で勉強

中間テストに期末テストなど、中学生の頃はとにかく次から次へとなにかしらのテストがありますよね。

普段なら憂鬱に感じるテスト勉強も、彼氏と一緒であれば楽しくて仕方なかったのではないでしょうか?

分からない部分を教え合ったり、彼氏の一生懸命勉強する姿を見ていると、ついシャーペンを持つ手が止まってしまっていたなんてことはよくあったはずです。

また、放課後の広い教室で彼氏と2人きり…なんて考えただけで嬉しくなってしまいますよね。

3:待ち受けがツーショット写真

中学生の頃はなにもかもがはじめての経験という場合が多いので、彼氏ができたことがとにかく嬉しくて、顔を合わせてはツーショット写真を撮っていたのではないでしょうか?

もちろん、その写真はしっかり待ち受け画面に設定。

また、LINEやSNSのトップ画面もコロコロと変えてしまうでしょう。

ほかにも、彼氏とおそろいにすることで、より一層繋がれている感に満足していたはずです。

4:頻繁にLINEする

ほぼ毎日顔を合わせているにもかかわらず、頻繁にLINEすることもありますよね。

とにかく常に繋がっていたいという気持ちがあり、スマホが手放せないこともあるでしょう。

また、彼氏とのLINEに夢中になりすぎるがあまり、ご飯を食べるときやお風呂のときにもスマホを触ってしまい、親から注意されるという経験をした人も多いのではないでしょうか。

とはいえ、やはり彼氏とのLINEはずっと続けていたいので、また同じことの繰り返しになってしまうことも…。

5:学校ではあまり話さない

「周りにバレたくない」という気持ちはもちろんのこと「恥ずかしくて人前では2人で話せない」といった中学生ならではの初々しい考えから、彼氏と学校ではあまり話さない人も多いと思います。

そのため、学校ではすれ違っても目を合わせる程度で、ほとんど話したことがないカレカノが多いのではないでしょうか?

その分、登下校や放課後は一緒に過ごしたり、LINEでのやりとりも多かったはずです。

6:付き合うとすぐ噂になる

噂
学校という狭い世界では、噂なんてすぐに広まりますよね。

そのため「できるだけバレないように…」と気を遣って過ごしていても、クラスメイトの親にたまたま見られたことがきっかけで、すぐに噂が広まるなんてこともあります。

また、どうしても恋愛経験が浅い中学生カップルですから、つい人前でボロが出てしまうことは仕方ありませんよね。

「秘密だよ」と約束していても、友達に問い詰められて思わず口を割ってしまう人も多かったでしょう。

7:周りから冷やかされる

カップルが少しずつ誕生しはじめる中学生の頃は、とにかくみんな恋愛事情に敏感です。

そのため「○○と○○が付き合っている」なんてことを耳にしたら、すぐにでも冷やかしたくなってしまうのでしょう。

もちろん、誰か1人でも冷やかしはじめたら、周りもどんどん冷やかしはじめるので、いつのまにか冷やかし隊ができあがっているなんてことも。

とはいえ、思春期真っただ中の中学生ですから、冷やかされたことが原因で別れることになってしまったということもあったはずです。

8:クラス替えの結果が気になる

中学生活の大きなイベントの1つであるクラス替えは、カップルにとっては余計に重要だったと思います。

もし、彼氏と同じクラスになれたのであれば、そこからの中学生活は最高といえるでしょう。

毎日彼氏の授業を受ける姿が見れたり、体育で汗を流している姿を見られるわけですから、とても幸せなはず。

反対に、クラスが違った場合は一気にテンションが下がってしまいますよね。

9:初デートは近所のイオン

イオン
公園やお互いの家なども無難ですが「中学生の頃の初デートはイオンだった!」という人も多いのではないでしょうか?

イオンの中には可愛い雑貨屋さんやフードコート、さらにはゲームセンターなど、ありとあらゆるものがそろっていますよね。

そのため、お金をあまり持っておらず、行動範囲が限られている中学生カップルには、まさにピッタリのデートスポットといえるでしょう。

可愛い雑貨屋さんを見て2人でワイワイしたあとは、今日の思い出にプリクラを撮り、最後はフードコートにてゆっくり話をする。

まさに、至福のデートコースといえますね。

10:私服姿にときめく

中学生といえば「制服姿」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか?

毎日制服姿で登下校するからこそ、彼氏の私服姿を初めて見たときは、思わずときめいてしまった経験があることでしょう。

また、彼氏の私服姿を写真に撮って待ち受け画面やLINEのトップ画面にしたことがある人もいると思います。

私服姿にときめくって、まさに制服姿で登下校する中学生の頃の特権ですよね。

とはいえ、今考えると「私服姿が特別オシャレというわけでもなかったのに…」という人もいるはずです。

11:手を繋ぐタイミングに悩む

付き合いたての頃は手を繋ぐタイミングに悩むカップルが多いかと思いますが、中学生の頃はなおさらといえるでしょう。

「今日こそは手を繋ごう!」と張り切って出発しても、いざ彼氏を目の前にしてしまうと勇気が出なくなってしまいますよね。

また、自然体を装うがあまり、反対に挙動不審になってしまうこともあるはず。

2人並んで歩いているときに手と手がパッと触れることもありますが、恥ずかしくて思わず避けてしまったときは「なんであのとき手を繋がなかったんだ」と家に帰ってから後悔することも…。

12:イベント後にカップルが複数誕生

体育祭や文化祭など、イベント後にカップルが複数誕生するということも多かったと思います。

クラスで一致団結することも影響していますが、なによりもイベントをきっかけに交流する機会が増えますよね。

そのため、今まで会話をしたことがなかった人とも話すきっかけになるでしょう。

また、イベント最中はテンションが上がっているからこそ、気になっていた人に話しかけられるチャンスともいえますね。

ほかにも、修学旅行などのお泊まりの際は、周りに乗せられてつい勢いで付き合いはじめることもあったのではないでしょうか。

13:友達付き合いが悪くなる

中学生の頃は、恋愛と友情を両立するなんて器用なことはできない人の方が多いはずです。

そのため、ほとんどの場合は彼氏を優先してしまうので、友達付き合いが悪くなってしまうでしょう。

とはいえ、彼氏の方は友達付き合いを大切にしていたり、場合によって友達の方を優先してしまうため、カップルのあいだで温度差が生じることもあったと思います。

また、友達付き合いが悪くなるからこそ、女性の場合は少々苦しかった部分もあったのではないでしょうか。

14:短期間であっさり別れる

恋愛に対するハードルが低いからこそ、交際までの道のりが割とスムーズな中学生ですが、その分短期間であっさり別れてしまうパターンが多いといえます。

理由は至ってシンプルで「なんとなく好きじゃなくなったから」や「恋愛以外にやりたいことがある」など、とにかくあっさりしていることがほとんどです。

また、ケンカが原因ですぐに別れてしまうカップルも多いといえるでしょう。

とはいえ、不思議なことに、短期間のうちに復縁している割合が高いのも中学生のカレカノあるあるといえるでしょう。

15:受験の時期になると自然消滅

多くの人は中学生の頃にはじめての受験を経験すると思います。

もちろん、目指す場所が高ければ高いほど、早いうちから努力をしなければなりません。

また、まだまだ人生経験も恋愛経験も浅い中学生ですから、高校受験レベルの一大事と恋愛を両立することはできないといえます。

そのため、受験の時期は自然消滅していくカップルが多いのです。

もちろん、受験の時期を経ても、なおかつ続いているカップルはある意味「貴重」だったのかもしれませんね。

高校生編

ここからは、カレカノあるある高校生編を紹介していきます。

中学生の頃に比べると、カップルが誕生する割合も一気に高まるはず。

そんな、少し大人になった高校生のカレカノは、どのようなあるあるを経験してきたのでしょうか?さっそく、見ていきましょう!

16:制服姿でデート

制服姿でデート
高校生の場合、お互いに家が遠いなんてこともよくある話です。

また、放課後に自由な時間が増えるため、そのままデートをするカレカノも多いでしょう。

そのため、大体のデートは制服姿のまま。

同じ学校の場合は普段から見慣れているかもしれませんが、彼氏の制服姿は一味違いますよね。

もし、違う学校の場合はお互いの制服姿を見るのもまた、デートの楽しみの1つだったと思います。

それに、高校生の頃は当たり前のことなのでなにも感じなかったと思いますが、制服姿でデートできるのって学生の特権でもありますよね。

17:バイト代を貯めてディズニーデート

高校生になると、バイトをはじめる人も多いと思います。

そのため、頑張ってバイト代を貯めてディズニーデートするカップルも多いはず。

中学生の頃には考えられなかった大規模なデートになりますが、それがまたいいんですよね。

また、ただただディズニーデートを楽しむのもいいですが、これまた高校生の特権である制服姿でディズニーデートを楽しむカップルも非常に多いです。

18:ファミレスで長時間デート

バイトで稼ぎお金にも余裕ができたからこそ、行動範囲が広がるので、ファミレスで長時間デートをしたことがある人も多いのではないでしょうか?

最初は食事やデザートを楽しみながら会話を弾ませ、残りはドリンクバーを満喫しながら長時間過ごす。

短縮授業など、早いうちからはじめた場合であっても、気づけば夜になっていたなんてことはたくさんのカップルが経験済みだと思います。

19:付き合っていることは内緒

「付き合っていることは内緒にしていた」という人も結構多いと思います。

その理由として、まず第一に「恥ずかしい」や「周りにバレると面倒」という意見もありますが、内緒にすることで2人だけで密かに楽しんでいたという部分もあるのではないでしょうか?

中学生の頃とは違い、少し大人になった高校生だからこそ、恋愛の楽しみ方も少し大人になってきたといえるでしょう。

また、友達にはオープンにしていても「親にはなかなか言い出せなかった」という人は多いのではないでしょうか。

20:LINEと電話は毎日する

付き合っていることを内緒にしているカップルや、通っている学校が違うカップルは、LINと電話を毎日のようにしていたのではないでしょうか?

高校生というと「とにかく誰かと繋がっていたい!」という気持ちが強い傾向があるため、彼氏がいる場合は余計に時間を費やしていたはず。

そのため、休みの日の前日はもちろんのこと、次の日が学校であっても朝まで電話を繋いでいた経験があるでしょう。

21:友達付き合いも大事

高校生にもなると、ある程度恋愛と友情の両立ができるようになります。

そのため、彼氏ばかりを優先してしまうのではなく、友達付き合いも疎かにしないようになる場合がほとんど。

特に高校生になると、女性よりも男性の方が恋人を大切にしやすいという傾向がありますから、心に余裕ができ友達付き合いも大事にできるようになるのかもしれませんね。

また、カップルの誕生率が多いことから、友達カップルと一緒に遊ぶ機会も多いでしょう。

まさに、青春真っ只中を充実させているという感じですね。

22:部活が忙しい

部活
所属している部活によりますが高校生の場合、部活に力を入れる人が多くなります。

そのため「部活が忙しくて彼氏とゆっくり会えない…」という苦い思いを経験したことがある人も多いでしょう。

とはいえ、部活後に会うほどの体力は残っていないので、そのまま別れることになってしまうカップルも多いみたいです。

大人になるとそれなりに恋愛経験も豊富になりますから、少しの時間会えなくても大丈夫になるのですが、高校生の頃はそこまで余裕がないというのもあるでしょう。

23:部活している姿にときめく

部活で一生懸命頑張っている彼氏の姿を見て、ときめかない女性の方が少ないと思います。

たとえば、普段はしょうもないことばかりして笑わせてくる彼氏が、部活のキャプテンとして部員全員を引っ張っている姿なんて見た日には「やっぱり私の彼氏が1番カッコいい!」とのろけてしまうでしょう。

大人になると同じ職場で仕事をしていない限り、彼氏の一生懸命頑張っている姿を見る機会がほとんどないに等しいので、ある意味部活をしている姿が見られる高校生活は貴重といえます。

24:元カレや元カノに嫉妬

恋愛に対しての考えが少し大人になった高校生は、元カレや元カノの存在に敏感になりやすいです。

それに、同じ学校に通っている場合は、元カレや元カノのも同じ学校にいることが多いでしょう。

そのため、元カレや元カノの証拠となるものを見つけた際や、少しでも交流している姿を見てしまった際には、ひどく落ち込んでしまうはず。

また、元カレや元カノの存在が原因で2人の仲が悪くなってしまい、最悪の場合はそのまま別れてしまうなんてこともあったのではないでしょうか。

25:SNSでお互いの行動をチェック

SNSにもっとも敏感になるとされている高校生の頃は、お互いの行動を常にチェックしあっていたのではないでしょうか?やはり「彼氏が今なにをしているのか?」ということは非常に気になるはず。

また「○○と遊ぶ」と聞いた際には、彼氏のSNSだけでなく、遊んだ人のSNSまでもチェックしたことがある人が多いと思います。

ほかにも、お互いのSNSには「いいね」をしあうのが鉄則になっているカップルも多いみたいです。

26:カップルアカウントを作成

高校生カップルの多くは、カップルアカウントを作成しがちですよね。

デートに行った写真はもちろん、1ヶ月ごとの記念日で更新することも多いと思います。

また、別れた際には別れた旨を報告し、そのままアカウントが残っていることも…。

なにせ、SNSに敏感な高校生の頃はカップルアカウントを作成して、2人のラブラブ具合をみんなに自慢したくなってしまうのでしょう。

27:キスは経験済み

高校生カップルの場合、キスは経験済みパターンがほとんどでしょう。

少し大人になったからこそ、スキンシップも徐々に段階を踏んでいき、やがてキスに至る。

放課後の2人きりの教室や公園、どちらかの家など、まさに青春真っただ中の甘酸っぱい記憶が残っているはずです。

また、キスをしたままツーショット写真を撮ったり、プリクラを撮る際にキスをするなど、大人になると「あのときは大胆だったな…」と思うこともあるのではないでしょうか。

28:調理実習で作ったお菓子を差し入れ

調理実習で作ったお菓子を、彼氏に差し入れした経験がある女性も多いのではないでしょうか。

普段ならテキトーにこなしていた調理実習であっても、彼氏に差し入れするとなると、やる気が一気に上昇しますよね。

また、友達同士で差し入れすることを話しながら楽しくお菓子を作った思い出は、青春のすてきな1ページとして残っているはずです。

29:受験生になるとすれ違いが増える

中学生の頃と同様に、高校生カップルも受験生になるとすれ違いが増えます。

また、高校生の場合は大学受験はもちろんのこと、そのまま就職に進む人も多いです。

もちろん、どちらにせよ将来にかかわる一大事ですから、恋愛に時間を費やせなくなるのは仕方ありませんよね。

それに、どちらか一方の進路が先に決まった場合は、焦りによるイライラから、つい相手にあたってしまい、そのまま別れてしまうカップルも多いそうです。

30:卒業後にそのまま長く付き合って結婚

受験によるすれ違いを乗り越え、そのまま続いたカップルの多くは、高校卒業後も交際が続く割合が高いため、結婚にまで至るケースも多いのだとか。

あなたの周りにも「高校のときからの彼氏と結婚した」という人が1人や2人はいるのではないでしょうか。

それぐらい、すれ違いが増える受験を共に乗り越えられるというのは、今後の2人にとって強みになるのでしょう。

大人編

ここからは、人生経験と恋愛経験が豊富になってきた大人のカレカノあるあるを紹介していきます。

仕事が忙しく、会えないことが多いイメージの大人のカレカノには、いったいどのようなあるあるが見られるのか気になりますね!

31:デートにお金をかけられる

大人になるとデートにお金をかけられるようになるため、グンと行動範囲が広がるでしょう。

たとえば、旅行などのお金がかかるところであっても、大人のカレカノであれば一緒に行けるはず。

また、デートはもちろんのこと、お互いへのサプライズにもお金をかけられるようになるため、学生の頃にはできなかったことがたくさんできるでしょう。

仕事が忙しくて頻繁には会えなくなってしまう分、久しぶりに会えたときは思いっきり奮発するのもいいかもしれませんね。

32:会う頻度が少ない

学生の頃とは比べて、自由な時間が減ってしまうのが大人ですよね。

ということは、もちろん彼氏と会う頻度は格段に少なくなります。

とはいえ、仕事よりも恋人を優先することはなかなかできませんから、大人のカレカノの場合、お互いに会えないことを理解し合うことが大切になると思います。

そのため、彼氏と会えない期間が続いても「私と仕事どっちが大事なの?」と問い詰めるのはやめておきましょう。

33:仕事でデートがキャンセルになる

やはり、どうしても仕事が忙しい場合は、彼氏が二の次になってしまうこともあるでしょう。

そのため、仕事が時間までに終わらない場合は、デートをキャンセルしてしまうこともあると思います。

もちろん、仕事ですから仕方ないことではあるのですが、デートをキャンセルしてしまった際には、きちんと埋め合わせをするよう心がけましょう。

家に招待して手料理を振る舞ったり、彼氏の行きたい場所に一緒に出掛けるなど、きちんと埋め合わせをすることで、2人の仲をより一層深めることが大切です。

34:連絡は一日一回程度

彼氏と連絡を取り合うために、肌身離さずスマホを持っていた時期が懐かしく感じるほど、大人になるとカレカノとはいえ連絡する機会が減ってしまいますよね。

これは、もちろん意図的に連絡しないようにしているわけではなく、連絡する時間がないということ。

仕事が忙しかったり、家に帰っても疲れている場合は、どうしても連絡するのがままならないため、大人のカレカノの連絡頻度は一日一回程度になってしまうのでしょう。

ただ、いくら連絡する頻度が減ってしまうとはいえ「最低でも一日一回は連絡する!」ということは心がけておいた方がいいかもしれませんね。

35:自分の時間も大切にする

自分の時間はすべて彼氏に費やしていた学生時代に比べて、大人になると自分の時間も大切にするようになると思います。

よくいえばラブラブ、悪くいえば依存しあっていた学生時代の恋愛は、生活が彼氏中心で回っていたことはいうまでもないでしょう。

ですが、大人になると自分のために使う時間が必要になります。

もちろん、彼氏のことがどうでもよくなったとかではなく、ただ1人で過ごす時間を大切にしたいという理由から。

中には大人になってからも自分の時間を彼氏のために使える人もいますが、多くの場合は自分だけのために使うことが多くなる傾向があります。

36:ペアアイテムを持つ

お金が使える、なおかつ会える頻度や連絡する頻度が少なくなってしまうからこそ、大人のカレカノはペアアイテムを持つことで寂しさを乗り越えます。

もし、仕事が忙しくデートがキャンセルになってしまっても、帰ってきたときにペアで買ったマグカップがあれば、彼氏と一緒にお茶を飲んでいる気分になれるでしょう。

ですから、なかなか会えない大人のカレカノはペアアイテムを持っている人も多いです。

もし、近いうちに彼氏と会う機会があれば、ペアアイテムをプレゼントするのもいいかもしれませんね。

37:SNSでのろける

彼氏と会う頻度が少なくなるからこそ、会った際にはたくさんのツーショット写真を撮って、SNSでみんなに報告したくなるでしょう。

「○○に行ってきました!」や「今日は久しぶりに会うことができた!」など、とにかくSNS上でのろけがちです。

また、大人になると素直に彼氏の前では甘えられない部分もあるからこそ、その分SNSでのろけてしまうのかもしれませんね。

38:スーツ姿に惚れ直す

仕事終わりにデートをする際は、思わず彼氏のスーツ姿に惚れ直してしまうこともあるのではないでしょうか?

そもそも、スーツを着るだけで男性の色気は増しますから、それが久しぶりに会う彼氏となると「格が違う!」となるでしょう。

また、普段は私服姿で会うことが多い大人のカレカノの場合は、次回のデートを仕事終わりに設定してみるといいかもしれませんね。

39:料理の腕を磨く

大人のカレカノとなると、お家デートの機会も増えると思います。

特に一人暮らしをしている場合は、知らず知らずのうちにお互いに料理の腕が磨かれていくでしょう。

また、女性の場合は「彼氏に美味しいご飯を食べさせてあげたい!」と料理の勉強をする人も多いのだとか。

そのため、前回食べたときよりも、格段に料理の腕が上がっているため、2人の絆がより深まるといえます。

40:ゼクシィに興味を持つ

社会人になってある程度経ち、2人の交際期間も長くなってきた頃には、お互いに結婚を意識しはじめるのではないでしょうか?

そのため、本屋さんやコンビニに行ったときに、ついゼクシィに目が行く機会が増えるはず。

また「ちょっと見てみようかな」と興味を持ちはじめるでしょう。

ゼクシィを実際に見てみることで、結婚に対する意識がより強くなるため、次に彼氏と会う際は一緒に見てみるのもいいかもしれませんね。

41:結婚を考えて節約する

ゼクシィに興味を持ちはじめたとなると、結婚に対する意識が高まってきたことも事実です。

そのため、大人のカレカノは次に結婚することを目標にします。

それも、学生の頃のように理想を描くだけではなく、きちんと「○○できたら結婚しよう!」と具体的な目標を掲げるのです。

やはり、目標の多くは金銭面になりますから、結婚を考えて節約をはじめていくことになるでしょう。

42:交際期間が長くなるとマンネリ化する

やはり、交際期間がな長くなってしまうと、どうしてもマンネリ化してしまいますよね。

特に大人になると周りにいろんな人がいますから、ずっと同じ彼氏では刺激が足りないことも。

また、会える頻度が少なくなってしまうからこそ、つい気持ちが冷めてしまうこともあるのだとか…。

そのため、せっかくの長い交際期間を経て別れてしまうこともあるでしょう。

学生の頃とは違い、恋愛に対するハードルが高くなったからこそ、できるだけマンネリ化は避けたいものですね。

幸せの数だけカレカノあるあるが存在する

中学生編・高校生編・大人編のカレカノあるある42選を紹介してきました。

こうやって改めて見てみると「こんなことやってたな~」や「めっちゃわかる!」といったあるあるが見つかったはずです。

なんだか懐かしい気分になったと同時に、思わず恥ずかしい気持ちも込み上げてきたのではないでしょうか?

今回紹介したカレカノあるある以外にも、2人にしか分からないあるあるが存在すると思います。

ぜひ、たくさんのあるあるを2人で共有して、幸せを育んでいってくださいね!