グループ活動の大切さとは?集団の中でどう動けたらいいの?を解決します!学校や就活・転職に役立てようについて
学校や就活・転職の際に、かなりの高確率で遭遇するグループ活動。

多くの人は「グループ活動の大切さっていったいなに?」や「集団の中ではどうやって動けばいいの?」と疑問に感じたことがあるのではないでしょうか。

今回は、グループ活動の大切さや、集団の中での動き方について紹介していきます。

グループ活動が苦手な人や、集団の中でも存在感を発揮したいと考えている人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

グループ活動の大切さ

「グループ活動」は得意ですか?学校や就活・転職など、あらゆる場面でグループ活動に遭遇した経験があるかと思います。

また、グループ活動というと、集団で行動することになりますから、得意不得意が大きく分かれるはず。

「なぜグループ活動をしなければいけないのか?」と考えている人も、グループ活動の大切さについて知ることができれば、少しは積極的に行動できるようになるかもしれませんね。

それでは、ここからは「グループ活動の大切さ」について紹介していきます。

一人ひとりが役割を持つ

グループ活動において、リーダー・書記・タイムキーパーなど、一人ひとりが役割を持つことになります。

もちろん、これらの役割はすべて重要なため、一人ひとりがきちんと与えられた役割を全うしなければなりません。

要するに、グループ活動をすることで、一人ひとりが責任感を持つようになるのです。

個人で活動する場合は、良くも悪くもすべて自分一人だけの責任になりますから、努力するもしないも個人の自由です。

ですが、グループ活動の場合は、誰か一人のミスがグループ全体に影響を及ぼしてしまうので、自然と責任感が生まれるのです。

自分の考えを持って発言する

先ほども紹介したように、グループ活動の場合は誰か一人のミスが全体に影響を及ぼしてしまいます。

そのため、テキトーな発言をすると、グループ全体の評価が下がってしまう可能性もあるでしょう。

だからこそ、一人ひとりが自分の発言に対して責任感を持つようになるのです。

「自分の考えは周りにどのように思われるのか?」と考えながら発言しますから、グループ全体に理解してもらいやすくなります。

また、お互いに自分の考えを持ち寄るからこそ、新しい発見があるといえるでしょう。

お互いに理解しあう

人数が多くなるにつれて、お互いの考えが交錯してしまうのは仕方ありませんよね。

ですが、交錯しているままではなにも生み出すことはできないはず。

そのため、グループ活動において大切なことは「お互いに理解しあう」ということです。

お互いを理解しあうためにも、まずは自分の考えをきちんと発言することが重要です。

お互いに考えをきちんと伝えることができれば、すぐに納得することはできなくても、どうにかして理解しようと努力をすると思います。

もちろん、お互いに理解しあえれば、グループ全体が前向きな方向に進んでいけるでしょう。

お互いに協力しあう

グループ活動の場合、一人ひとりに役割が与えられているからこそ、お互いに協力しあうことでより良い方向へ進んでいけます。

反対に、グループの誰か一人だけでも非協力的であった場合は、グループ全体にまとまりがなくなってしまうため評価も悪くなるでしょう。

ですが、個人で活動するわけではないからこそ、一人ひとりが責任感を持つようになるため「グループのために頑張らなければ」と努力をするのです。

もちろん、これらの考えをグループの全員が持つと、非常に素晴らしい結論を出すことができるでしょう。

結論を整理して発表する

グループ活動の成果を発揮する場面といえば、やはり結論を整理して発表することです。

グループ全体で出し合った考えを整理して、グループ外の人にいかに納得してもらえるように発表するか。

個人の意見に比べて、あらゆる人の考えが詰まった結論だからこそ、整理するのは難しく、伝えるのも難しいといえます。

ですが、あらゆる人の考えが詰まっているからこそ、はじめて聞く人にとっては衝撃を与える部分が多いといえるでしょう。

グループ活動の種類

ここまで「グループ活動の大切さ」について紹介してきました。

個人で活動するわけではないからこそ、一人ひとりがきちんと自分の役割を持ち、お互いに考えを出しあい、理解しあう。

もちろん、人数が多いほどにはじめは納得できない部分もあるかもしれませんが、その分「これで行こう!」と思える結論を導けたときには、個人で活動するときには味わえなかった達成感を感じられるでしょう。

それでは、ここからは「グループ活動の種類」について紹介していきます。

プレゼン型

プレゼン
プレゼンとは、発表することで相手に行動してもらうための方法です。

たとえば、新企画の提案をプレゼンする際は、相手に企画を採用してもらうことが目的になりますよね。

そのため、プレゼンをして相手に行動してもらう場合は、あくまでも相手に納得させることが重要なポイントです。

「○○と言われたから採用した」と無理やり行動させるのではなく「○○だったらやってみたい!」と納得したうえで自ら行動させる必要があります。

オープンディベート

オープンディベートとは、明確な答えが存在しない課題や問題を解決する際に活用されます。