うろたえる原因7個!そんな時のうまい対処法を教えちゃいます!動じないかっこいい女性になろうについて
不意を突かれたときや想定外のトラブルが起こったときなど、ついうろたえてしまった経験がある人もいるのではないでしょうか。

今回は、うろたえる原因7個や対処法、さらにうろたえた心を落ちつかせる方法について紹介していきます。

どんなことが起きても動じないかっこいい人になりたい女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

うろたえるとは

「うろたえる」とは、想定外の事態にどうしていいのか分からず、まごまごすることを表します。

類語には「パニック」「慌てる」「取り乱す」などが挙げられます。

うろたえる原因7個

日常生活の中でうろたえる場面って結構あると思います。

それでは、ここからは「うろたえる原因7個」について紹介していきます。

1:不意を突かれた

不意を突かれた言動に、思わずうろたえてしまった経験があるのではないでしょうか?

やはり、人はある程度の範囲であれば大体の想像がつくので、冷静に対処していくことができます。

ですが、予想だにしなかった事態が起きたときには、うろたえてしまう人がほとんどでしょう。

たとえば「さっきまで晴れていたのに、突然大雨が降ってきた」や「ほんの数秒目を離したあいだに駐禁に引っかかってしまった」など、不意を突かれた場合はうろたえてしまうのです。

2:想定外のトラブルが起こった

想定外のトラブルが起こった際に、思わずうろたえてしまう人は多いと思います。

先ほども紹介したように、人はある程度の範囲であれば想像がつくので、冷静に対処していくことができるはず。

ですが「もう少しで仕事が終わりそうなところ、急な客が入った」や「明日までに完了するはずのプロジェクトが突如白紙になった」など、想定外のトラブルが起こった際にはうろたえてしまっても仕方ないでしょう。

3:経験したことのない出来事が起こった

経験したことのない出来事が起こった際に、うろたえてしまうのも仕方ないでしょう。

やはり、一度でも経験したことであれば、ある程度予想がつくと思います。

ですが、経験したことのない未知の世界では、なにをどう予想していいのかすら分からないでしょう。

そのため、新たな出来事が起きるとうろたえてしまい、自分の本領を発揮できない人も多いのだとか…。

4:自分にとって望まない結果になった

自分にとって望まない結果になった際に、うろたえてしまう人も多いです。

やはり、今まで自分が望む結果のために努力をしてきたため、それが実らないとなると、ついどうしていいのか分からなくなってしまうでしょう。

また、自分にとって望まない結果になったため、頭の中が真っ白になってしまい、即座に対処することができない可能性が高いといえます。

5:自分にとって安全かどうか判断できない

自分にとって安全かどうか判断できない場合は、ついうろたえてしまうものだと思います。

やはり、自分の命や名誉は1番大切ですから、すぐに安全かどうか判断できない場合は、どうしていいのか分からなくなってしまうでしょう。

6:核心を突かれた

核心を突かれた際には、うろたえてしまう人も多いのではないでしょうか?

たとえば、人任せにしすぎたために仕事でミスをしてしまったなど、今の自分を貫くうえで中心となっている部分を突かれるのは、非常に怖いことだと思います。

そのため、うまく立ち回ることができずに、ついうろたえてしまうのでしょう。

7:嘘や隠し事がバレそうになった

嘘や隠し事がバレそうになった場合も、うろたえてしまう人は多いと思います。

やはり、人は後ろめたいことがあると、本当の自分が分からなくなってしまいます。

また「いつかはバレてしまうかもしれない」という焦りから、普段の自分を発揮できない場合もあります。

それでは、周りから見てもいつもと違うことはバレてしまいますから、うろたえないためにも嘘や隠し事はほどほどにしておきましょう。

うろたえた時のうまい対処法

ここまで「うろたえる原因7個」について紹介してきました。

想定外のトラブルが起こったり、自分にとって望まない結果になった時、嘘や隠し事がバレそうになった時など、案外うろたえる場面って多いですよね。

そのため、もしできるのであればうまく立ち回りたいものだと思います。

それでは、ここからは「うろたえた時のうまい対処法」について紹介していきます。

表情を変えない

うろたえていることが、周りから見て分かる原因は表情が変わるからでしょう。

そのため、表情を変えないように意識することが大切です。

無表情、もしくは真逆の表情をしてみるのもいいかもしれません。

もちろん、うろたえていることが表情から読み取れないようにするには、日頃から表情の訓練をしなければいけません。

1日1回鏡の前で表情の訓練をするなど、とにかく表情を変えないことを意識してみましょう。

一旦深呼吸をする

深呼吸
どうしていいのか分からずに、うろたえてしまった場合は、一旦深呼吸をするのがおすすめです。

というのも、精神を安定させるためには自律神経を整えることが大切です。

ですが、自律神経は自分の意志でコントロールするのは難しく、うろたえているときはより一層難しくなるといえます。

ただ、深呼吸をすれば、自律神経を整えることができるのです。

ですから、うろたえてしまった時には、1番はじめに深呼吸をするようにしましょう。

自律神経が整い、気持ちが落ち着けば、次に自分がとるべき行動が見えてくるはずです。

前向きな言葉を口に出す

前向きな言葉を口に出すことで、本当に前向きな気持ちになってきます。

そのため、視野が広くなり、想定外のトラブルにも冷静に対処することができるようになるでしょう。

やはり、前向きな気持ちになると、どんなことであってもうろたえずに対応することができるため、またさらに前向きになれます。

ですから「私ならできる!大丈夫」といった前向きな言葉を口に出すことが大切です。

客観的な視点に意識を切り替える

どうしても、自分中心で考えてしまうと、想定外の出来事に対してうろたえる機会が増えてしまいます。

そのため、客観的な視点に意識を切り替えることが大切です。

というのも、うろたえない人というのは常に視野が広く、ほとんどの確率で客観的な視点で物事を見ています。

ですから、大体のことは予想できるので、多少のトラブルなどでは決してうろたえることがありません。

要するに、客観的な視点に意識を切り替えることができたのであれば、うろたえる心配はないでしょう。

次に取るべき行動を考える

うろたえる原因は、今とるべき行動を即座に判断できないからです。

ということは、つまり次に取るべき行動を考えることができれば、うろたえなくても大丈夫というわけ。

もし、想定外のトラブルが起きてしまっても、次に取るべき行動を考えることができれば、大体のことはスムーズに進んでいきます。

そのため、日頃から少し先を見据えて物事を考える意識をしておくといいでしょう。

あらかじめ用意しておいた別の方法を選択する

あらかじめ用意しておいた方法で対処できなかった場合は、別の方法を選択してみるといいでしょう。

なにも1つのことにとらわれる必要はありませんから、そのときの状況に応じて、臨機応変に対応できる力が大切です。

「AがダメならB」や「BがダメならC、D、E」といった感じで、別の方法を選択することで効率よく対処していきましょう。

周りの協力を得る

想定外のトラブルなどは、自分一人だけの力ではどうにもならない時が多いです。

そのため、うろたえてしまった時には、素直に周りに協力を得るようにしましょう。

もちろん、想定外の出来事が起きてしまったわけですから、うろたえているのはあなただけとは限りません。

ですから「うろたえているのは自分だけ?」とマイナス思考になってしまうのではなく、お互いに共有するぐらいのイメージで、協力を得るようにしましょう。

うろたえた時のNG対処法

ここまで「うろたえた時のうまい対処法」について紹介してきました。

表情を変えないよう意識してみたり、前向きな言葉を口に出すなど、うろたえてしまった時には、ぜひ一度試してみてくださいね。

また、想定外の出来事であるため、どうしても1人で対処できない場合は、周りの協力を得ることが大切です。

それでは、ここからは「うろたえた時のNG対処法」について紹介していきます。

パニックになって騒ぐ

パニックになる女性
うろたえた時こそ、パニックになって騒ぐことはNGです。

どうしても、想定外の出来事が起こってしまったために、内心どうしていいのか分からずにパニック状態に陥ってしまうと思います。

ですが、パニックになると余計に視野が狭くなり、次にとるべき行動も一切分からなくなってしまうでしょう。

それでは、ただの悪循環が起きているだけですから、いつまで経っても問題が解決できません。

そのため、うろたえた時にパニックになって騒ぐことは控えましょう。

その場で固まってしまう

想定外のトラブルが起きてしまったとしても、その場で固まってしまうのはNGです。

というのも、思考は止まれど、行動さえしていれば「この人はトラブル解決に向けて、一生懸命努力をしている」と評価されます。

ですが、その場で固まってしまえば「この人は想定外の事態に対応できない、無力な人だ」と思われてしまうのです。

ですから、周りからの評価を下げないためにも、できるだけすぐに行動して、少しでも早く正気を取り戻すよう取り組みましょう。

相手を責める

たとえ、どんなに予想だにしない出来事が起こったとしても、相手を責めるという行為はNGです。

もし、仮に相手に責任があるとしましょう。

その場合、あなたよりも相手の方がうろたえているのは確かです。

ですから、今は責めるよりも、少しでも早く問題解決へ試みることが大切です。

そのため、うろたえている時に相手を責める時間なんて、実は1秒たりともないのですね。

うろたえにくい人になるコツ

ここまで「うろたえた時のNG対処法」について紹介してきました。

うろたえた時こそ、パニックになって騒いだり、その場で固まってしまうといった行為は控えましょう。

また、相手を責めるなんてことはもってのほかです。

少しでも早く問題解決に向けて進んでいくためにも、これらのNG対処法はしないようにしてくださいね。

それでは、ここからは「うろたえにくい人になるコツ」について紹介していきます。

あらかじめ失敗を想定しておく

あらかじめ失敗を想定しておくと、大体のことはスムーズに乗り越えられます。

そもそも、うろたえる原因は、次にとるべき行動が分からない状態でありますから、あらかじめ想定しておくことができたのであれば特に問題ありません。

また、うろたえやすい人というのは、普段から「まぁ、なんとかなるはず」や「どうにかなるでしょ~」と考えがちです。

ある意味、楽観的な性格といえるでしょう。

そのため、あらかじめ失敗を想定しておくことで、想定外のトラブルにも冷静に対応していきましょう。

選択肢を複数用意しておく

なにも、選択肢を1つに絞っておく必要はありません。

想定外の出来事とは、いつ起こるか分からないからこそ、想定外な出来事というわけで、大切なのはその時に瞬時に対応できるかということになります。

ですから、あらかじめ複数の選択肢を用意しておくことで、心にゆとりを持っておきましょう。

特に日頃からうろたえてしまいがちな人は、最低でも3パターンの選択肢を用意しておくことがおすすめです。

できることに注目する

うろたえる人は、想定外の出来事に対してどうしていいのか分からずに、その場で思考回路が停止してしまいます。

というのも「今自分にできることはなにか?」と考えたときに「あれもできない、これもできない」とマイナスな考えばかりが思い浮かんでしまうから。

もちろん、それでは行動に移すことはできませんよね。

ですから、うろたえる人にとって大切なことはできないことではなく、できることに注目するということ。

正直なところ、誰も最初から大それたことを求めていませんから、自分にできることをするぐらいで十分なのです。

小さなことからコツコツと、できることを1つずつ重ねて、少しずつ自信をつけていきましょう。

失敗してもいちいち落ち込まない

想定外のトラブルや不意なできごとは、誰もが予想できないことなので、うまくいかなくても責められることはありません。

ですが、そんな大変な時になにもできないでいると、周りからの評判が悪くなってしまうのです。

そのため、失敗してもいちいち落ち込まずに、今の自分にできることを探しましょう。

落ち込んでいても、一生懸命頑張っても同じ時間が流れていきます。

ということは、一生懸命頑張って時間が流れて行った方が、よっぽど自分のためにも誰かのためにもなるでしょう。

早めの準備・行動を心がける

うろたえにくいコツとして非常に有効的なことは、早めの準備・行動を心がけるということです。

というのも、早めの準備・行動をすれば、時間にも心にも余裕ができます。

要するに、うろたえる人とうろたえない人の差は「余裕があるかないか」になります。

ですから、日頃から早めの準備・行動を心がける人は、ある程度のことであれば想定できているので、そう簡単にうろたえることはありません。

反対に、余裕のない人は、想定外の事態が起きてしまうとすぐにうろたえてしまうといえます。

周りの意見に流されない

周りの意見に流されやすい人は、自分の意見がない人であると同時に「こんなはずじゃなかったのに…」や「あの人の言うとおりにしたからだ」と望み通りの結果が出なかった時に誰かのせいにする傾向があります。

要するに、自分の意見に自信が持てないからこそ、誰かの意見に身を委ねることで「失敗しても誰かのせいにすればいい」と逃げてしまうのです。

そのため、想定外の事態に対して瞬時に動けなかったり、核心をつかれてうろたえてしまうのでしょう。

経験を積んでメンタルを鍛える

うろたえにくい人は、あらゆる事態やトラブルを何度も経験しているため、メンタルが非常に強いといった特徴が見られます。

反対に、すぐにうろたえてしまう人は、自分にとって都合の悪い状況から逃げてばかりだったため、想定外のトラブルを対処できる力が一切備わっていないのです。

ですから、うろたえてしまう人にとって大切なことは、あらゆる経験を積んでメンタルを鍛えることになります。

もし、周りで想定外のトラブルが発生した時には、進んで問題解決へと取り組んでいきましょう。

運動して体力をつける

運動
心と体は密接に繋がっているため、体力がある人は必然的にメンタルも強いといった傾向があります。

たとえば、プロのスポーツ選手はたくさんのファン、チームや監督の期待を背負ったうえで舞台に立ちます。

そして、ここぞという時に得点を勝ち取ります。

これは、スポーツ選手に体力があるだけでなく、メンタルまでも鍛えられているからといった理由が挙げられるでしょう。

そのため、うろたえやすい人は、難しいことを考えずに、運動してみることをおすすめします。

失敗を想定したり、複数の選択肢を用意するなどは少々上級者向けでもありますので、まずは運動して体力をつけるとこからはじめていくといいでしょう。

ストレスを溜め込まない

すぐにうろたえないためにも、日頃からストレスを溜め込まないことが大切です。

というのも、ストレスが溜まっていると心に余裕がなくなってしまったり、思うように思考が回らないなど、とにかく悪循環が起きてしまいます。

そのため、日頃からストレスを溜め込まないように、自分なりのストレス発散方法を見つけましょう。

たとえば、ぐっすり眠ったり、映画を観たり、温かいお風呂に入るなんてこともいいですね。

また、運動をしてリフレッシュする場合は、同時に体力もつくためおすすめです。

ストレスを溜め込まない癖をつけて、いざという時に備えておきましょう。

努力を惜しまない

うろたえてしまう人は、うろたえない人に比べて努力が足りないといえます。

というのも、うろたえる人は「まぁ、なんとかなるはず」や「どうにかなるでしょ~」と、物事を楽観的に考えてしまうから。

もちろん、普通に生活をするうえでは、物事に対する楽観的な考え方は非常にいいものです。

ですが、楽観的な考え方だけでは、想定外の事態には対応できません。

要するに、普段から失敗した時のことを想定したり、あらかじめ対処法を用意しておくなど、努力を惜しまないことが大切です。

きちんと自己管理をする

子どもの頃であれば親が体調管理や生活管理をしてくれたと思います。

ですが、大人になると多くの場合、自分で管理しなければなりません。

たとえば、栄養バランスのとれた食事や、起床時間に睡眠時間など。

そのため、自己管理ができない人は、うろたえてしまいがちなのです。

やはり、自己管理ということは、自分の感情をコントロールすることも該当します。

自分の意志である程度未来のことまで考えられる人、失敗することを想定して対処法を用意できる人など、自分に甘い人ではなかなかできないことなのです。

ですから、うろたえる人はいま一度、自己管理能力を確かめる必要があるでしょう。

物事を論理的にとらえる

物事を論理的にとらえられる人は、想定外の事態が起きても、冷静に対処することができます。

というのも、想定外の事態に対して、自分の感情的な部分を照らし合わせるのではなく「なぜ、このような事態が起きてしまったのか?」と問題点だけに焦点を当てることができるから。

要するに、自分がどう感じるのかということではなく、問題点だけにまっさらな気持ちで向き合うことができるのです。

そのため、うろたえるどころか、すぐさま自分が用意してきた選択肢で解決へと進んでいくかもしれません。

切り替えを早くする

うろたえる人は、1つの物事に対して執着する傾向があります。

そのため、想定外のトラブルに足を引っ張られることは多々あります。

ですが、過去の出来事を引きずっていても、それを糧にしてプラスに変えることができなければ、なんの意味もないのです。

反対に、うろたえない人は、すぐに切り替えることができます。

ですから、想定外のトラブルが起きても瞬時に気持ちを切り替えて、問題解決へとどんどん進んでいけるのです。

判断力を身につける

判断力とは、ここぞというときに成果が現れます。

たとえば、想定外のトラブルが起きたり、経験したことのない出来事であったりなど、そういった場面でいかに判断力があるのか試されるのです。

とはいえ、自分に自信がなければ、どんな判断をしようとも結局行動に移すことなく終わってしまうでしょう。

そのため、あらゆる経験を積み重ねて「これだったら絶対に行けるだろう!」といった確信を持つことが大切です。

味方をつける

想定外のトラブルが起きてしまった時であっても、周りに味方がいてくれれば非常に心強いと思います。

そのため、日頃から味方をつけるために、周りで困っている人がいたら手助けをしたり、お互いの状況を共有し合うなど交流を深めておきましょう。

というのも、味方がいれば自信がつきます。

また、1人だけでは解決できない問題に遭遇してしまった場合であっても、周りに味方がいれば一瞬で解決してしまう可能性があります。

ですから、いざという時に頼れる味方をつけることを意識して、日頃から周りをよく見ておきましょう。

自信をつける

うろたえにくい人というのは、自分の言動に自信を持っています。

そのため、どれだけ想定外の事態が起きようとも、自分を信じて突き進んでいくことができてしまいます。

反対に自分に自信がない人は、とにかくうろたえてしまいがちです。

想定外の事態に対して、どう動いていいのかも分からずに「自分が動くことで余計にことを大きくしたくない」とまで考えてしまっているかもしれませんね。

たしかに、想定外の事態に突き進むことは怖いことです。

ですが、自分に自信があれば、怖いと感じるどころか「やっと私の出番が来たわ!」ぐらいの勢いで突き進んでいくことができるのです。

うろたえた心を落ちるかせる方法

ここまで「うろたえにくい人になるコツ」について紹介してきました。

あらかじめ失敗を想定しておいたり、選択肢を複数用意しておくなど、少々上級者向けのコツがありましたね。

もちろん、これらのことができるようになったら、うろたえる心配は少ないでしょう。

ですが、早めの準備・行動を心がけるなど誰にでもできることからはじめていくと、確実にコツが身についていくのでおすすめです。

それでは、ここからは「うろたえた心を落ちるかせる方法」について紹介していきます。

うろたえた心は、その日のうちに落ち着かせることが大切です。

よく眠る

眠る
想定外の出来事が起きて、うろたえてしまった時は心が非常に疲れてしまうと思います。

そのため、できるだけよく眠ることを心がけましょう。

人は睡眠時間が減れば減るほど、マイナス思考になるといった傾向があります。

また、十分な睡眠がとれていないとイライラしやすくストレスが溜まったり、思考回路が停止するなど悪循環が起きてしまうのです。

それに、眠っているあいだであれば余計なことを考えなくて済むため、切り替えも早くできるようになるでしょう。

ですから、うろたえてしまった時はよく眠ることを重要視してくださいね。

自然に触れる

近所を散歩したり、思い切って山登りをしてみるなど、時には自然に触れてみましょう。

というのも、自然には人の心を癒す力があるため、自然に触れるだけで心が軽くなります。

また、目や耳、体全体で自然を感じることで「私はなにを悩んでいたんだ」と自分の悩みがちっぽけに感じられ、前に進んで行くきっかけになるはず。

自然に触れることで癒され、視野が広がれば、ある程度の出来事やトラブルなんかは怖くなくなってしまうといえます。

ですから、休日に時間を作って山登りをしたり、早起きして近所を散歩してみるなど、自分のできる範囲で自然に触れるようにしましょう。

映画を観る

うろたえた時は、モチベーションを上げるために、たくさんの映画を観てみましょう。

似たような境遇のヒロインが成功への道のりを歩んで行くサクセスストーリーや、仕事や恋愛に奮闘するヒロインが主人公の映画など、今の自分のモチベーションを上げるような映画を観れば、自然と心が軽くなってきます。

また、モチベーションが上がることで、非常に前向きな気持ちになれるでしょう。

それに、あらゆる映画を観ることで、次回の自分に必要なヒントが得られるかもしれませんね。

温かいお風呂に入る

お風呂
温かいお風呂に入ることは、心身ともに癒し効果抜群です。

温かいお風呂に入って体をあたためながら、すべての悩みを一度オフにしてみましょう。

また、ただただお風呂に入るだけでも十分なのですが、いい香りの入浴剤を入れることによって、ますます癒し効果が高まるためおすすめです。

温かいお風呂に入るだけであれば、日常のルーティンの中で癒しを求めることができるでしょう。

もし、家のお風呂では物足りなさを感じた日は、スーパー銭湯に行ってみるのもおすすめです。

いい香りを身につける

うろたえた心を一気に癒すには、いい香りを身につけるようにしましょう。

特に、アロマのいい香りは癒し効果抜群なのでおすすめです。

家ではアロマキャンドルや、アロマディフューザーなどでアロマを楽しむといいでしょう。

また、アロマキャンドルであれば香りだけでなく、火のほのかな明かりでますます心が癒されるためおすすめです。

職場や外出先であればボディミストやハンドクリーム、サシェなど活用すると、うろたえた時に強い味方になってくれるでしょう。

信頼できる人と話す

うろたえてしまった経験は1人で抱えてしまうのではなく、信頼できる人と話すことによって辛い気持ちを解放してあげるようにしましょう。

やはり、自分1人だけで抱えてしまうと「なんで私はすぐにうろたえてしまうんだ…」と余計にマイナス思考になってしまい、悪循環が起きるばかりです。

ですが、信頼できる人と話すことで、心が落ち着くでしょう。

また、信頼できる人と話すことはストレス発散にもなりますし、自分にはない考えやアドバイスをもらうことができ、視野も広くなるためおすすめです。

うろたえた時も動じないかっこいい女性になろう

うろたえる原因7個や対処法、さらにうろたえた心を落ちるかせる方法などについて紹介してきました。

想定外のトラブルが起こった時や自分にとって望まない結果になった時は、どうしていいのか分からずにうろたえてしまうことがあるはず。

ですが、その場で固まっているだけでは、なんの解決にも繋がりませんよね。

ですから、ぜひ今回紹介した内容を参考にして、うろたえた時も動じないかっこいい女性を目指していきましょう!