面子を保つ理由5個!自分の評価を保ちたい人の特徴とそんな人の注意点とは?について
面子を保つ、面子を立てる、これはその人の対面を守るための言葉です。

面子を保つ、どんな時に気を付ければいいのかこれだけだと分かりづらいですし、いつも面子を保つことを意識するのは大変ですよね。

今回は、面子を保ちたい理由から、さらにそんな人の特徴と注意点を紹介します。

相手の面子を保って、ちょうどよい距離感でのお付き合いを心がけましょう。

面子の意味

面子には二つの意味があり、相手の立場を守る、マージャンを行うときのメンバーといった意味で使われます。

いずれも中国語がそのまま派生したもので、日本では面目、対面といった使われ方をすることもあります。

面子という言葉そのものは仕事場やクラブ活動といった上下関係があるところで使うことが多いのではないでしょうか。

よく使うものの、あまり意味を把握していないという人もいるかもしれません。

改めて、面子の意味を掘り下げて紹介します。

世間に対する体裁

面子とは、世間に対する体裁という意味で使われることがあります。

昔の中国では外観的な態度や行動が人を評価することが多く、周りの人からの目線や世間体が大きく一人一人を束縛しました。

日本も同じように封建社会であり、武士は実績がなくても外観だけを立派に見せ、相手の面子を保とうとしました。

一見息苦しいように感じますが、私たちが世の中を渡っていくためにはなくてはならないスキルと言えます。

プライベートでは多少の自由が許されますが、仕事や学校といった団体生活ではどうしても求められます。

必要に応じて面子を保ち、人間関係を円滑にしていきましょう。

顔ぶれ

面子とは、顔ぶれ、マージャンを行うためのメンバー、会合や集まりのためのメンバーという意味でも使われることがあります。

面子はマージャンの牌の組み合わせの1つでもあり、面子が揃うという意味でメンバーが揃うという使い方もします。

もともとマージャンの生まれは中国、今から100年以上も前にマーチャオと呼ばれていたゲームがマージャンへと変化しました。

その後1920年代に世界各国へ広まり、爆発的な人気が出ました。

私たちがよく使う面子が揃うという言葉の裏には、こんなに深い歴史があったのです。

1つ1つの言葉には予想もしないような奥深いものがあり、改めて勉強になりますね。

面子を保つ理由5個

面子を保つ理由を5個紹介します。

面子を保つのは意外と大変で、時には自分の本音とは違うことをしたり、実績のない上司を立てたり、時には不条理なこともあります。

間違っていることを間違っていると言えない、ハリボテのようなものを褒めたたえないといけない、世の中生きていくためにはこんなことがたくさんあります。

それでもなぜ面子を保ったほうがいいのか?理由が分からないと保つ側はストレスしか感じなくなります。

面子を保つ理由を知り、なぜそうしたほうがいいのかを知りましょう。

1:他の人より優位な立場でいたい

面子を保って欲しい人は、他の人より優位な立場でいたいからという理由があります。

面子を保ちたい人はいつも自分は他の人よりも上にいて、チヤホヤされたい、優遇されたいという気持ちでいっぱいです。

そのためには、その場で秀でたスキルを持っていたり、リーダーシップを持っていたりするほうが優遇されやすいです。

面子を保ちたい人はそういった有利なものを持っていなくても、とりあえず他の人よりも優位な立場でいたいし、他の誰かが優遇されていると不機嫌になります。

周りの人はなんとなくそれを察して、自然とその人の面子を保とうとします。

一見自分の気持ちが満たされるので良いのですが、実はご機嫌取りで持ち上げられているだけであまり喜ばしくないです。

面子を保って欲しいのであれば、できれば同じくらい努力したほうがいいでしょう。

2:周りから認められたい

面子を保って欲しい人は、周りから認められたいという気持ちでいっぱいです。

面子は外から見た体裁や世間からの評価などを表します。

自分の気持ちや内面的なものよりも、とにかく世間から良く評価されたいという気持ちでいっぱいです。

職業を選択するときは、自分の向き不向きよりも、世間から称賛されるような目立つ職業を選択しようとします。

1つのグループの中でも、役職や職位といったものを好み、自分もそういった立場に就こうと邁進します。

とにかく周りから認められたい気持ちがいっぱいなので、そのために結果を残したり、いかに目立とうか考えたりします。

自分の成長に繋がるのですごく素敵なことですが、時々自分を休めて好きなことをする時間も作ったほうがいいかもしれません。

面子を保とうとすると同時に、本当の自分をどこかに置き忘れないようにしましょう。

3:自尊心を満たしたい

面子を保ちたい人は、自分の自尊心を満たしたいといつも考えています。

私たちは自尊心の塊のようなもので、オープンにしないものの、いつも一番正しいのは自分だという気持ちを持っています。

たとえ本当のことであったとしても、間違いを指摘されたり、正論を言われたりすると怒り出し、自分が不当に扱われたと怒ります。

こういったことが続くと、周囲の人たちは警戒します。

その結果、たとえ間違っていても相手に対して本当のことを指摘しなくなります。

面子を保つことができて自尊心を満たすことができるという意味では良いのですが、結果的に自分の成長できる機会をたくさん失うことになりかねません。

時には自尊心を満たしたい気持ちよりも、利益を優先したほうがいいこともあります。

ぜひ、落ち着いて何が一番大事なのかを考えるようにしてください。

4:これまでの自分の努力に誇りを持っている

面子を保ちたい人は、これまでの自分の努力に誇りを持っている人でもあります。

自分の努力は世間から認められるものであると自信があるため、それを守ろうとします。

自分の面子が潰されると感じると、とたんに不機嫌になります。

自分よりも秀でた人が現れたり、もっと努力している人に出会ったりといった時に特に感情的になり、相手を認めようとしなくなります。

ここで大事なのは、過去の自分の努力を認めつつも、そこで止まらずにいつも努力を続けることです。

今も現在進行形で頑張っていれば、どんなに秀でた人が現れてもいい刺激になってさらに頑張ろうとできるはずです。

面子が保たれて嬉しい気持ちになりつつも、そこで止まらないようにしましょう。

5:人に弱みを見せたくない

面子を保ちたい人は、人に弱みを見せたくないという気持ちが大きいです。

世間から見た自分、周りの人からの評価を重視するあまりに、自分の本音や弱みはとことん見せようとしません。

どんなに辛い状況であっても何も言わず、いつもの自分を見せようとします。

過去の栄光を知っている人たちほど、自分の弱みを見せたくないという気持ちはすごくよく分かります。

誰だって、弱っているときに元気な人に会いたくないです。

その気持ちは理解しつつも、やはり時々は人に弱みを見せるようにしたほうがいいです。

ストレスが溜まりすぎて爆発するおそれもありますし、弱みも見せておくことで周りの人も安心感が持てるようになります。

家族や信頼できる人たちだけでも良いので、弱みは見せるようにしましょう。

自分の評価を保ちたい人の特徴

自分の評価を保ちたいと考える人の特徴を紹介します。

自分の面子を保ちたいという気持ちと、自分の評価を保ちたいという気持ちは似ています。

自分の評価、世間体、周りから見た評価が維持されていれば、自然と面子も保たれます。

自分の評価を保ちたい人の特徴を知っておくと、自然と面子を保ちたい人のことも把握できるようになります。

自分の評価や面子を保ちたい人とのお付き合いは時々ややこしく、へそを曲げられると大変なことになります。

ちょうどいい距離感をキープしてトラブルを避けるためにも、自分の評価を保ちたい人の特徴を把握しておきましょう。

プライドが高い

プライドが高い女性
自分の評価を保ちたい人はプライドが高い傾向があります。

普段からオープンにしなくても、自分は秀でていると自信を持っています。

1つのグループの中で一番出来ると思っていますし、プライベートでもモテるといった自信を持っています。

その反動からか、自分以外の人が優遇されたり、明らかにあなたには出来ないだろうと決められたりすると、すごく怒り出します。

他の人よりもプライドが高く、一度こういったことで怒り出すとなかなか冷静な対応をしてくれなくなります。

プライドが高い人とはあまり距離を詰めすぎず、お互いの経済事情、スキル、学歴といった評価されやすい話題はタブーとしたほうが無難です。

表立って他の人を優遇することも避けましょう。

プライドが高い人は一見扱いづらいですが、上手に操縦すると予想以上の結果を残してくれます。

上手にお付き合いしてください。

すぐにマウントを取る

自分の評価を保ちたい人はすぐにマウントを取ろうとします。

自分よりも優れている人が現れることに恐怖心を持っていて、自分以外の人の話題になると、すぐにマウントを取って自分が一番であることを主張したがります。

マウントを取られたほうはいい気がしませんし、それがずっと続くと会話することにストレスを感じるようになります。

楽しくランチで会話をするはずが、会う度にマウントをとられると家で残り物やインスタントラーメンを食べていたほうがよっぽどマシだと思います。

仕事で成功したことを伝えたはずが、過去の失敗をやたらと言われるとゲンナリします。

マウントを取っている側は悪意がないため、それをセーブさせるほうが人間関係がややこしくなりがちです。

自分にとって大切な家族や恋人はさておき、適度な距離感を保ちたい人とはフェードアウトしていくのが無難です。

マウントを取られることはストレスでしかありませんので、出くわしたときは褒めておだてて、極力近寄らないようにしましょう。

自己アピールが激しい

自分の評価を保ちたい人は自己アピールが激しい傾向があります。

自分のことを良くみて貰おうと思うと、あえて自分から自分の良いところを話したり、目立つようなコーデをしたり、話の中心になりたがったりと自己アピールが激しくなります。

自分で自分のことをアピールしないと誰も見ていないような気がして、不安になるのかもしれません。

自慢話や良かった話を聞くことは受け入れられますが、誰しも限度があります。

会う度に自己アピールがきついといつも聞き役になり、ストレスを抱えたりモヤモヤしたままになります。

自己アピールが激しい人はいつも受け身で親身になって聞いてくれる人を探しているので、極力捕まらないようにしましょう。

笑顔で聞いて、当たり障りない返事をしておくのが無難です。

見た目に気を遣っている

見た目に気を遣っている女性
自分の評価を保ちたい人は見た目に気を遣っています。

人の評価は言動や行動だけではなく、見た目や服装からも入ることを誰よりも分かっています。

そのため、誰に見られても下に見られないように見た目に気を遣っています。

ただブランド物や流行もので身を固めているというわけではなく、自分に似合うものを着ていて、なおかつ清潔感のある服装を心掛けています。

体重も激しく変動しないよう、健康管理や運動にも気を配っています。

髪型もボサボサやパサパサにならないようケアして、必要に応じて長い髪の毛はまとめるようにしています。

見た目に気を遣うことは良いことですので、どんどん自分も参考にしていきましょう。

当たり障りない程度に、いつもどこで服を買っているのか聞いてみると話が弾みます。

ハイブランドすぎて手が出ないときなどは、とりあえず褒めて良い情報を得られるように頑張ってください。

人の評価が気になる

自分の評価を保ちたい人は人の評価も気になりがちです。

自分が周りの人から良いと思われたい願望の先には、他の誰よりも良いと思われたいという願望があります。

自然と、人の評価が気になるようになります。

自分より下であれば安心して、同じくらいもしくは上だと分かると不機嫌になったり、ライバル心をメラメラと燃やしたりします。

人の評価を気にして、それとなく情報を得ようとしたり、普段からライバル視している人のことを観察したりします。

人の評価が気になる人もいますし、時にはライバル視されて八つ当たりされることもあるかもしれません。

自分は自分と割り切る心を持ち、人と比べずに自分の目標に向かって走るようにしましょう。

褒められるのが大好き

自分の評価を保ちたい人は褒められるのが大好き、上機嫌になります。

自分の評価を気にする人にとって、それが形となって第三者から評価されることほど喜ばしいことはありません。

褒められるためなら、人が嫌がるようなことも引き受けて実行します。

褒められるためにコツコツ練習して、誰よりも目立とうとします。

褒められるのが大好きなのは色々な原動力になりますし、さらに自己肯定感を高めることも期待できます。

自分の評価とほどよく付き合いつつ、褒められることをモチベーションに日々を頑張りましょう。

認められないと激しく落ち込む

落ち込む女性
自分の評価を保ちたい人は認められないと分かると、激しく落ち込みます。

人に認められるということは、本人の実力や今までの実績、形に残らなくとも人間性や努力などが重なってできるものです。

認められて初めて任される仕事やポジションがありますし、プライベートでも認められてやっと話してもらえることもあります。

認められない、それは自分はあくまでもゲスト扱いのままで、1つの仕事を一通り任せることはむずかしいと判断されているということです。

誰でも傷つきますが、自分の評価を保ちたい人にはこれほどにもないダメージです。

大事なことは、どれだけ短い時間で回復して、また認められるためにチャレンジできるかどうかです。

諦めてそのまま誰かに丸投げせず、どうすれば認められるのかを考えるようにしましょう。

チームプレーが苦手

自分の評価を保ちたい人はチームプレーが苦手です。

チームプレーは失敗も成功も、個人ではなく参加した全員でシェアするものです。

成功したときは、集団で褒められたり、称賛されたりします。

自分の評価を保ちたい人は、自分自身が誰よりも目立って一番になることを好みます。

集団での評価はあまり好きではありません。

必然的に、周りとの協力が必要になるチームプレーに苦手意識を持つようになります。

同じチームに自分よりも出来る人がいれば嫉妬心がむき出しになり、相手を引きずり下ろそうと躍起になります。

何事にもチームプレーは必須ですので、自分の評価を上げるなら、本来チームプレーは得意であったほうがいいです。

普段から人の意見も聞くようにして、個人プレーであっても人とのやり取りを尊重するようにしましょう。

できないことを「できない」と言えない

自分の評価を保ちたい人はできないことを認めるのが苦手です。

誰しもいつも人前では優秀で、良い人でありたいと考えています。

特に自分の評価を保ちたい人ならなおのこと、人前で苦手意識をオープンにすることを嫌がります。

できないことを「できない」と言えないまま、できるふりをして時間が流れる方が後から考えると問題が出てきます。

仕事に至っては、顧客や取引先にまで影響を及ぼすことがあります。

プライベートでも同じ、恋人、友人との信頼関係がなくなる恐れだってあります。

プライドや恥じらいはあるかもしれませんが、できないことは素直に認めて、一日でもできるようになることが一番です。

上下関係に敏感

自分の評価を保ちたい人は上下関係に敏感な傾向があります。

上下関係は自分の立ち位置、評価を表すバロメーターです。

自分のいる位置が良いときは上機嫌になりますが、悪いときは不機嫌になることがあります。

対人関係でもそれが露骨に現れ、自分より上の人にはとことんゴマすりをして、下の人には偉そうな態度に出たりします。

上下関係は多少気にしたほうが良いですが、あまりにも露骨に態度を変えるとかえって自分の評価を下げることになります。

時には自分よりも下の後輩や部下を守るために、上司に意見を伝えるくらいの心意気があるほうが最終的には評価されます。

マナー上の上下関係は守りつつ、その時に応じて臨機応変な対応をしましょう。

家族や恋人に厳しい

自分の評価を保ちたい人は家族や恋人に厳しく、態度も横柄です。

自分の周りにいる家族や恋人も自分の評価の一部と見なす傾向があり、恋人や家族と一緒に外に出るときは特に厳しいコメントをします。

普段、外部の人には気を遣ってへこへこしている反動で家族や恋人に厳しくなるのもあります。

ストレス発散のような存在です。

家族や恋人からすればモラハラでしかなく、下手するといないほうがいい存在になりかねません。

家族や恋人には素のままの自分を出せるかもしれませんが、それでも愛想を尽かされないように大事にしたほうがいいです。

本来守るべき存在なので、横柄な態度を振る舞ってばかりは控えておきましょう。

他人のミスや失敗を大げさに指摘する

自分の評価を保ちたい人は他人のミスや失敗を大げさに指摘します。

自分の評価を保つためなら、他人が負けてくれたり、他人が失敗してくれたりしたほうが都合がいいです。

そのほうが一番になれるチャンスが巡ってきます。

誰かのミスや失敗はやたらと騒ぎ、ここぞとばかりに指摘します。

誰しもライバルや他の人を蹴落としてまで一番になりたいシーンはありますが、結果的に他人を引きずり下ろすような行為は自分の評価を下げることになります。

他人のミスや失敗に気が付いたときは、指摘する前にさり気なくフォローしたり、ミスが最小限にとどまるように協力したりしましょう。

そういった姿は他の人たちも見ています。

人を引きずり下ろすことに必死にならず、周りの人からの信頼を得ながら評価されるように日々生活しましょう。

自分のミスや失敗を人のせいにする

自分の評価を保ちたい人は、自分のミスや失敗を人のせいにする傾向があります。

ミスや失敗をすると、どうしても批判されたり、怒られたりします。

そして、その後の状況によっては自分の評価も下がります。

自分の評価が下がるほど痛いことはないので、どうにかしてミスや失敗を人のせいにしようとします。

それも、自分よりも後輩や年下の人、おとなしくて何も言わなさそうな人を上手に選んで責任転嫁します。

一時的に自分は守られるかもしれませんが、事実が公になると結果的にもっと自分の評価を下げることになります。

人に責任転嫁する前に、どうやって克服するかを考えるようにしましょう。

時には人を頼ることも大事です。

本当は自分に自信がない

自分に自信がない女性
自分の評価を保ちたい人は、本当は自分に自信がありません。

自分に自信が持てないからこそ、外面の評価だけでも良く見せようとして、評価をやたらと気にするようになります。

外面の評価ははりぼてにすぎず、そのままでは成長できなくなります。

小さいことから成功例を積み重ねていき、自分に自信を持たせることが大事です。

生まれ育った家庭環境や職場環境によっては自己肯定感が低くなり、自分に自信が持てなくなることもあります。

それでも日々のどこかに楽しみを持ち、自分に自信を持てるような要素を増やしていきましょう。

面子を保ちたい人に対する注意点

面子を保ちたい人とのお付き合いで、配慮したほうがいいことを紹介します。

面子を保ちたい人とのお付き合いはシンプルなようでいてむずかしく、トラブルに巻き込まれたり、機嫌を損ねたりすると厄介です。

家族や親友、恋人といった特別な相手でない限り、少しずつ注意してお付き合いしたほうがいいです。

いくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

少々面倒だと感じるかもしれませんが、後から起こりうるトラブルを想像するとはるかに簡単でシンプルです。

最低限の付き合いだけする

面子を保ちたい人とは最低限のお付き合いにしておきましょう。

面子を保ちたい人はプライベートで親しくなればなるほど、相手に心を許します。

これが厄介で、マウンティングされたり、ひたすら自慢話を聞かされたりします。

親しい人にはやたらと厳しく、時には服のコーデ、メイク、恋愛模様といったことにまでダメ出ししてくるかもしれません。

面子を保ちたい人自身が親しい人が少ないため、プライベートでも親しくなると依存されて離れるのがむずかしくなります。

仕事場のやり取り、学校でのやり取り、挨拶や世間話をする仲にとどめておきましょう。

お誘いを受けたら社交辞令でごまかし、プライベートでのやり取りは極力避けておいたほうがいいです。

無駄に張り合わない

面子を保ちたい人とは無駄に張り合わず、見守っておいたほうがいいです。

面子を保ちたい人は周りの人をやたらとライバル視して、少しでも自分よりも上だと分かると露骨に態度に出したり、一番になるまでしつこく絡まれたりします。

一度でも張り合うと、ライバルだとロックオンされて一緒になるたびにやりづらいです。

相手からライバル視されても上手にかわしておき、同じ土俵に立たないようにしましょう。

明らかに自分のほうが実力があると分かっていても、その人の前ではオープンにせず、ひたすら下手に出ておいたほうが無難です。

少々面倒ですが、やたらとマウンティングされるストレスを考えるとそのほうが無難です。

自慢になりそうな話題は話さない

面子を保ちたい人とは自慢になりそうな話題は避けてください。

面子を保ちたい人は評価を保ちたい人と同じく、周りの人の評価を気にする傾向があります。

少しでも自分より優秀な人を見つけると、ライバル視して絡んできます。

時にはライバル視した人を蹴落とそうと、嫌がらせをしたり、責任転嫁したりするかもしれません。

自慢になりそうな話は極力避け、当たり障りない世間話、相手の自慢話に付き合う、自分の失敗談といったものを話題にしておきましょう。

長い時間一緒にいるとストレスを感じるので、何かしら理由をつけて話込まないように気を付けたほうがいいです。

どこに地雷があるか分からないので、プライベートな自分の話はしないほうがいいです。

2人きりになることを極力避け、話を聞いてもらえる人だとロックオンされないようにしましょう。

適度に相手の顔を立てる

面子を保ちたい人とは適度に相手の顔を立てて、気分を損ねないようにしてください。

面子を保ちたい人は少しでも自分が格下だと分かったり、プライドが傷ついたりするととたんに不機嫌になります。

仕事仲間や取引先の相手だと特に厄介なので、相手の顔を立てていつも上機嫌でいてもらうように配慮しましょう。

相手の顔を立ててほめ過ぎるとかえって計算していることがバレるので、時々相手の顔を立てるくらいがちょうどいいです。

「自分にはとてもできそうもありません、○○さんが優秀だから羨ましいです。」

「○○さんは仕事ができるから、うらやましいです。」

「○○さんなら幅広いスキルをお持ちですから、どこの部署でも重宝されるでしょうね。」

このような感じで適度に自分を下げつつ、相手の顔を立てましょう。

接待などのシーンでも必要なので、慣れていて損はないです。

あまりにも自分を卑下するとバカにされるので、時々卑下するぐらいで大丈夫です。

適度に褒める

面子を保ちたい人のことは適度に褒めて、機嫌を損ねないようにしてください。

面子を保ちたい人は自分の評価を保ちたい人と同じで、人から褒められることに喜びを感じます。

これは誰でも自信に繋がるきっかけなので、適度に褒めることは大事です。

最初からハードルを上げ過ぎず、日々の生活の一部を褒めたり、どんな些細な事でも気が付いて称賛したりしましょう。

適度に褒める、どれくらい褒めればよいのかがむずかしいところです。

露骨に褒めると嫌がられるので、時々のほうがいいでしょう。

「今日の髪型かわいいですね。」

「いつもセンスの良い洋服を着ていますね。どこで買っているんですか?」

「仕事ができるから、昇進が早くてうらやましいです。」

こういった感じで、さり気なく相手を褒めつつ、それでいて会話が続かないように疑問形で終わらせないようにしましょう。

相手の気分を良くしつつも、そんなに会話が続かなくて済みます。

ミスはこっそり指摘する

面子を保ちたい人にミスはストレートに言わず、こっそりと指摘してあげてください。

ミスは誰だって嫌ですし、それがたくさんの人に広まると落ち込みます。

面子を保ちたい人にとっては大きなダメージで、オープンに指摘すると敵視されて厄介です。

こっそり指摘するときも、相手のプライドを傷つけないように、デスクに付箋をつけて裏返しにしておいたり、メールでそれとなく伝えたりする程度にしておきましょう。

最終的にオープンにせざるを得ないミスもありますが、それを判断するのはミスをした本人と上司やリーダーです。

プライベートでも同じで、誰もいないときにこっそりと伝えてあげてください。

少し面倒ですが、自分のことを守るためにもそうしたほうがいいです。

不当な扱いや要求ははっきり断る

断る
面子を保ちたい人からの不当な扱いや欲求ははっきりお断りしましょう。

面子を保ちたい人は普段から色々な人と距離を置かれています。

それに気付いていてもいなくても、自分より格下だと見なした人にはロックオンして執着します。

ロックオンされたら大変で、モラハラ、パワハラまがいの言動や依頼が日常茶飯事になります。

一度でも不当な扱いや欲求を良しとして諦めると、どんどんヒートアップしてその内容もレベルが上がっていきます。

自分を守るためにも、出来ないことは出来ないとハッキリ言い切りましょう。

時に嫌がらせを受けるかもしれませんが、周りの人に相談して自分で抱え込まないようにすることも大事です。

面子を保ちたい人とは適度な距離をおこう

面子を保ちたい人の特徴、お付き合いするときの注意点について紹介しました。

恋人や家族、親友といった深いお付き合いでない限り、適度な距離でお付き合いを続けるのが一番いいです。

自分が相手の理解者となり、相手を変えたいと思ってもなかなか大変です。

予想以上に労力を使いますし、自分自身がストレスで潰れてしまいかねません。

今の日常生活を大事にするためにも、面子を保ちたい人とは適度な距離を置き、当たり障りないやり取りを心掛けましょう。