特段の使い方4選!ビジネスで使える丁寧な言い方を例文を交えてご紹介しますについて
「特段」という言葉は主にビジネスで使うフォーマルな言葉であるものの、深い意味まで追求することは少ないと思います。

この記事では、特段の使い方やビジネスで使える丁寧な言い方を含めて紹介します。

今後の社会人生活にお役立てください。

特段の意味

「特段」とは「特別」「格段」という意味です。

「他のものとはっきりと区別したいとき」や「他のものとはっきりと区別することがある様」といった意味で使われます。

良い意味でも、悪い意味でも、他との差を表現したいときに用いられます。

「特段の」「特段」と文章のトップに用いてその様を表すことが多いです。

他のものと比べたい時、伝えたいことを誇張したいときに便利です。

同じようなものがたくさんある中で、取り立てて目立つときにも用います。

友人とのやり取りで使われるよりも、格式ばったビジネスシーン、それも書類上でのやり取りで使われることが多いです。

他のものと程度や状態に区別があるもの

「特段」は他のものと程度や状態に区別があるものに使われます。

表現したいものの状態が良いとき、悪いときのいずれにも用いることができ、その物事が他のものと差が大きいことが分かります。

「今まで食べたことのあるトマトの中で、特段に新鮮で美味しいです。」

「今日は特段に忙しく、疲れました。ぐっすり眠ることができそうです。」

「今日は特段やることがありません。あまりにも暇なので、早退しました。」

といった日常会話を交わすこともあるでしょう。

もちろん、一方的に伝えることも増えます。

どれくらいの差があるのかを数字や状態で伝えると時間がかかるとき、とりあえず一言で伝えたいときにすごく便利です。

上司や取引先といった自分より目上の人に対して、ビジネスシーンで用いられることが多いです。

日常会話で使われることはほとんどありませんが、時間に追われるやり取りの中ではありがたい言葉のアイテムと言えます。

時々使うことで、自分自身の知的な一面をさりげなくアピールできます。

特には

「特段」は特にはという意味でも使われます。

特別ではないことを伝えたいときに、「特には」「これといった」「とりわけ」といった言葉と同じ意味合いで使われます。

「特段、本日の会議で新しい進展は見られませんでした。」

「特段、これといって進捗状況に変わりはありません。」

「特段、トラブルもなく一週間の業務を遂行しました。」

上記のように、現在リアルタイムで進められている物の進捗状況が変わりないことを伝えるときにとても便利です。

聞いている側も意味が理解しやすく、ビジネスメールでも多用されます。

引き続き自分が担当する業務に関しては、「引き続きトラブルがないよう観察し、新しい進展が起こり次第ご連絡します。」と一言添えると印象がグンと良くなります。

相手のハートをぐっと掴むための方法の1つとして駆使し、世渡り上手を目指しましょう。

主に書き言葉として使用

書き言葉
「特段」は主に書き言葉として使用されることが多いです。

特段という言葉は日常生活では堅苦しく聞こえるので使われることが少なく、上司や取引先、先輩、先生といった目上の人に対して時々使う程度です。

それよりも、取引先とのやり取りのメール、上司と交わす文書、目上の人に送る文書など形式ばった文書のやり取りで使われることが多いです。

オンラインでのやり取りが可能な業種においては、今後もオンラインでのやり取りや文書でのやり取りがほとんどになっていきます。

特段の書き言葉として使用するときの文例を把握しておくと、とても便利です。

今後もビジネスシーンで「特段」といったフォーマルな書き言葉を使うことが多い方は、知っておいて損はないです。

今でも世代によっては、その場に応じた敬語の使い方ができているかを気にする人たちもいます。

しかし、それよりもスピーディな対応が一番です。

緩い言葉で伝えるよりもストレートに意図を伝えることができ、相手にも信頼してもらいやすくなります。

特段の類語

「特段」と良く意味の似ている言葉を紹介します。

私たちが使う「特段」以外の言葉、実は良く似ているので、まったく同じ意味合いの文章で表現を変えたいときや、送り手によって文面を変えたいときに便利です。

同じ文章でも、時々違う言葉を使うことで凹凸を設けることができます。

長文で相手に何かを伝えたいとき、同じ意味でも異なる言葉を用いることで、それぞれ伝えたいことの重要度にも変化をもたらすことができます。

特段と良く似ている言葉を知り、ビジネスシーンの文書を送る際にお役立てください。