涙が出る瞬間15選!喜怒哀楽どんなシチュエーションでもポロポロ泣いちゃう事ってあるはずについて
悲しいときや嬉しいとき、怒っているときなど涙が出るタイミングは色々あります。

普段は涙が出ないのに、ちょっと弱っていると些細なことで涙が出ることもあります。

人の感情って不思議ですよね。

この記事では、涙が出る瞬間についてご紹介したいと思います。

どんなときでもポロポロ涙が出てしまう理由を探りましょう。

涙が出るってどんなとき?

涙が出るときは、いつもより感情のブレ幅が大きくなっている傾向があります。

普段は冷静に対応していても、喜怒哀楽のうちのどれかが反応するような出来事が起きたとき、驚いて我慢しきれなくなり涙が出ることがあります。

幸せなことが起きて、うれし泣きするのが一番良いですね。

悲しくて泣いたり、疲れてどうしようもなくて泣いたり、面白くて泣き笑いすることもあります。

どんな涙も受け入れて、毎日を楽しく過ごすことが大事です。

感情的な涙は、私たち人間だけが流せる特別なものです。

では、涙が出るのはどんなときか見てみましょう。

嬉しくて涙が出る

人に優しくされたり、何らかの素晴らしい経験をしたり、今までの努力が報われたりする瞬間など、嬉しくて涙が出ることがあります。

特に、今までじっと耐えて努力や我慢を続けてきた人ほど、それが解放された瞬間に大きな喜びとなって涙が溢れ出るでしょう。

自分では感情をセーブすることができなくなることもあります。

嬉しくて涙が出るのは美しい涙ですので、恥ずかしいと思わずに堂々と泣いてください。

1つの成功や喜びを経験し、その感情をうれし泣きという形で発散することで、また新しい目標に向かって頑張るエネルギーが湧いてきます。

笑い過ぎて涙が出る

笑い過ぎて涙が出たという経験がある人もいるのではないでしょうか。

テレビ番組を見て笑い過ぎて涙が出たことや、友達と面白い話をしていて、ツボにハマりすぎて涙が出ることもあるでしょう。

どちらも楽しい気持ちをスッキリと発散できて、ストレス発散にもなります。

楽しいときは思いきり泣き笑いしましょう。

悲しくて涙が出る

悲しい経験をしたり、誰かに批判をされたり、今までの努力が報われなかったり、恋人や友達との別れを経験したり、悲しい気持ちが限界にきたときに、涙が出ます。

特に自分だけではなく、周りの人も涙を流しやすくなる卒業式、涙を流すほどの言い合いをしたときなどはもらい泣きをすることもあります。

悲しくて涙を流すことで、自分を守り、心の中にある緊張感や不安、極度のストレスなどから解放されます。

悲しくて涙が出た後は、安心感から気持ちがスッキリする傾向があります。

あくびして涙が出る

あくびをする女性
あくびして涙が出る経験は多くの人があるでしょう。

あくびをすると、口を大きく開き、目を細め、顔全体の筋肉を使います。

筋肉がいつもよりも大きく動くことにより、涙がたまっている涙腺を筋肉が刺激します。

もともとまばたきをすることで、涙腺から涙が出てきて目を潤ってくれています。

それがあくびをすることで流れ出るということです。

涙が出る瞬間15選

涙が出る瞬間をいくつか紹介します。

涙が出る瞬間は人それぞれで、ほとんど泣かない人もいれば、涙もろくてもらい泣きするような人もいます。

涙が出そうになったときは我慢せず、涙を流せるように自分を受け入れてあげましょう。

涙が出る瞬間を知り、そんなときの自分も受け入れてあげてください。

残業続きだったとき

残業
残業続きだったとき、涙が出ることがあります。

仕事で残業が続き、疲れがスッキリとれないままに、同じように残業の日々です。

人間関係のストレスや仕事の納期で余裕がなくなると、理由もなく涙が出ることがあります。

嫌なことが起きることで自然と涙が出るのは、自律神経が悲鳴を上げているサインかもしれません。

残業が続いて、仕事場に着いた瞬間に涙が出たり、苦手なタイプの上司と話すだけで涙が出たり、下手したら何のきっかけもないのに涙が出たりすることもあります。

そのような時は、あまり無理をしないようにしましょう。

学生の部活での青春に胸が熱くなった時

学生の部活で、青春に胸が熱くなった時に涙が出ることもあるでしょう。

学生の部活は、試合、発表会、コンクールといった成果を見せる場のためにコツコツと練習を重ねています。

その努力が報われ、今までのプレッシャーから解放されたときの涙は美しいです。

逆に、コツコツと努力していてもうまくいかないときもあります。

そんな時は、悔し涙と今までの日々が蘇って涙が出ることがあります。

特にこれから受験を控え、引退を目前にしている3年生ほど涙が出ます。

自分たちの部活での日々はこれでラストだと思うと、どんな結果でも涙が出ます。

学生の部活の楽しさや辛さは青春時代でないと味わえないものです。

スポーツクラブのユニフォーム、いつの時代からあるのか分からない器具や楽器、くたびれた愛着のある部室、こういったものはいつまでも記憶に残り続けるでしょう。

今の自分にぴったりの音楽を聴いたとき

音楽を聴く女性
今の自分にぴったりの音楽を聴いたときに、自然と涙が出ることがあります。

人には話すことが出来ないけれど、心の中に抱えている悩みや不安は誰にでもあるでしょう。

それが重たいとき、今の自分にぴったりの音楽と出会うと、まるで受け入れてもらえた気持ちになって涙が出たりします。

真逆のパターンもあり、幸せなことや嬉しいことがたくさんあってワクワクしているとき、その気持ちを表現したかのような音楽と出会うと、同じようにシンクロして涙が出ます。

音楽を聴くことで心を穏やかにして、涙を流すことで心を綺麗にしているのかもしれません。

普段忙しくて音楽を聴く機会がないという人も、時々聴いてみてください。

青春時代に流行った懐かしい音楽や、レトロなクラシックもいいと思います。

誰かにおすすめを聞いてみて、今の自分にぴったりの音楽を見つけましょう。

今の自分と同じ境遇の人のドキュメンタリーを観たとき

今の自分と同じ境遇の人のドキュメンタリーを観ると、涙が出ることがあります。

まったく知らない人であっても、自分と似た何かを持っていて、それと向き合っているだけで親近感を感じます。

そして、涙が出やすくなります。

色々なパターンがあります。

人それぞれ辛いことを抱えていても、なかなかそれを誰かに話すことはためらわれます。

そんな時、似たような境遇の人のドキュメンタリーに出会うと共感して、涙が出ます。

何か1つの目標に向かって努力する人を見ても、自分の日々の失敗と成功の繰り返しとシンクロして涙が出ます。

孤独感から耐えられなくなったとき、ぜひ自分と同じ境遇の人のドキュメンタリーを見てみてください。

連帯感が生まれますし、自分だけではないという気持ちが安心感を生むでしょう。

何もかもが上手くいかないとき

自分ではどうしようもない悩みを抱えていたり、ミスが続いたりなど、何もかもが上手くいかないときに落ち込んで涙が出ることがあります。

歯車がどこかでずれてしまい、負の連鎖となるのかもしれません。

こんなときは無理をせず、少し休んでから新しいことに取り組みましょう。

上手くいかないことが続くと、何もかも投げ出したくなる時はあります。

そんな時は自分を責めることはせず、いつかきっと上手くいくように好転すると考えましょう。

緊張が途切れたとき

仕事の大事な役目を果たしたときや、人前での発表を終えたとき、1つの会議が終わったとき、すべて張りつめていた緊張の糸が途切れます。

そして緊張が途切れたとき、自然と涙が出ることがあります。

今までの自分の努力が達成されたことや解放感から、感情がピークに達して涙が出ます。

ストレスでイライラがピークになったとき

ストレス
ストレスでイライラがピークになると、涙が出ることがあります。

今まで抑えていた感情を抑えきれなくなった瞬間、一気にそれは涙となって溢れ出ます。

怒り出すのではなく、泣くことで自分の気持ちを発散させようとします。

ストレスの原因となる存在が仕事や友達関係の場合、新しい環境に身を置くという選択肢も視野に入れてみてもいいかもしれません。

ずっと付き合っていた彼と別れたとき

ずっと付き合っていた彼と別れたとき、自然と涙が出るものです。

彼から別れを告げられた場合は、女性はまだ彼のことが好きだと思います。

今までの楽しい思い出が一気に蘇り、喪失感から涙が出ます。

女性から別れを告げた場合、そこに恋愛感情が残っていなかったとしても、別れたタイミングで楽しかった日々の思い出がたくさん蘇るでしょう。

そんな時は涙を出してスッキリしましょう。

泣いてスッキリしたら、今までの思い出が詰まったものはきれいに処分しましょう。

片思いだった彼が他の人と付き合ったとき

片思いだった彼が他の人と付き合うと、悲しくて涙が出ることがあるでしょう。

片思い中の彼がいると、フリーの時間は彼の事ばかり考えて幸せな気持ちに浸っていたはずです。

それなのにそれが出来なくなると、寂しさから一気に涙が出ます。

他の人と付き合う前に気持ちを告白しなかったことを後悔することもあるでしょう。

感動する映画を観たとき

感動する映画を観ると、自然と涙が出ます。

普段私たちは、ある程度喜怒哀楽をセーブしながら生活しています。

特に仕事場や学校では、色々な人がいるので涙を流さないようにしています。

我慢している分、プライベートで感動する映画に出会うと、その緊張感は一気に緩んで涙が出るようになります。

映画を観る機会が少ない人も、人気の映画をレンタルしてみてください。

グッとその世界観に引き込まれ、幸せな気持ちになります。

たくさんの映画を観て、引き込まれるような世界観に出会って涙を流しましょう。

大切な人から酷いことを言われたとき

大切な人から酷いことを言われると、涙が出るでしょう。

大切な人のことは自分が信頼していますし、お互い居心地の良い関係を維持するために嫌なことは極力言わないようにしています。

付き合いたてならなおのこと、お互い気を遣って酷いことを言わないようにします。

大切な人から酷いことを言われる、これには色々なシーンが想像されます。

お互い感情的になって言い争いをしていたり、一緒にいる時間が長すぎて不満が溜まっていたり、今までの我慢が爆発した瞬間です。

普段からあまり溜め込まずに、大切な人には自分の気持ちをきちんと言葉で伝えるようにしましょう。

その都度消化しておけば、相手を泣かせてしまうほどの酷い言葉は出ないはずです。

友達と喧嘩したとき

友達と喧嘩
友達と喧嘩してしまうと、不安な気持ちから涙が出ます。

友達と喧嘩するのは、お互いよほどイライラが溜まっていて爆発したか、些細なことから口論になってヒートアップしたか、人間関係がこじれたか、色々なことが考えられます。

兄弟姉妹との喧嘩とは一味違って、友達との喧嘩は元の関係に戻れるか不安になります。

喧嘩しているときはカッとなってしていても、時間が経って気持ちが落ち着いてくると不安になって涙が出ることもあります。

もしかしたら、友達と喧嘩しているときから感情的になって涙が出ているかもしれません。

友達と喧嘩するのは悪いことではありません。

それだけ本音で言い合える友達がいるということです。

あまり意地を張らずに、こちらからも関係を修復するように頑張りましょう。

家族に酷いことを言って後悔したとき

家族はありのままの自分を見せることができる貴重な存在です。

その分、感情をセーブできなくなると、酷いことをストレートに言ってしまうこともあります。

冷静になってくると後悔の気持ちが押し寄せてきて、涙が出ることがあります。

家族は自分との関係がなくなることはないという安心感があるので、感情的になることもありますよね。

特に親には甘えてしまうものです。

たくさん涙を流して気持ちを落ち着かせたら、素直に家族に謝りましょう。

親しい人が亡くなったとき

親しい人が亡くなると、知らせを聞いた瞬間は夢なんじゃないかと錯覚を覚えます。

しかし、実際に別れの場に立ち会うことで、じわりじわりと実感が湧いてきて涙が出ることがあります。

もう二度と親しいその人には会えない悲しさ、そして今までの親しい人との楽しい思い出が一気に蘇り、溢れた涙は止まらなくなります。

親しい人が亡くなったのですから、我慢せずに泣きたいだけ涙を流しましょう。

悲しいニュースばかりが流れるとき

悲しいニュースが続くと、気持ちが滅入ってしまいます。

そして自然と涙が出ることがあります。

直接自分に関係なくても、度重なる悲しいニュースには引きずられそうになります。

そんなタイミングで自分にも嫌なことが起きると、いつもの何倍も悲しくなります。

ニュースや新聞から情報を得ることは大事なことですが、今自分が辛いと思うときはそういったものを控えて、のびのび過ごしましょう。

仕事や学校から解放されたフリーな時間は、テレビ、スマホ、活字といったものから離れてゆったりと過ごすことでリセットできます。

一度心が穏やかになると、悲しいニュースを見てもそんなにシンクロしなくなります。

心が引きずられそうになったら、その都度スッキリさせるようにしましょう。

涙が出ることで得られるメリットとは?

涙が出ることで、得られるメリットがたくさんあります。

私たちは涙が出ることは恥ずかしいという感情があり、特にたくさんの人がいる前ではグッと泣くことを我慢しがちです。

泣くことで得られるメリットを知り、泣きたいときは泣いてもいいんだということを知ってもらえたら嬉しいです。

我慢し過ぎて心が悲鳴を上げてしまう前に、涙を流すことでスッキリさせましょう。

そうすることで、またいつもの自分に戻りやすくなります。

抑圧されていた感情を解放できる

普段私たちは色々な気持ちを抑えながら生活していますが、限界がきて涙が出ると、すべての感情が表に出て溢れ出ます。

涙が出ることで、今まで抑圧していた感情を開放することができます。

それはまるで、今までギリギリまで溜めていた水が一気に溢れ出て、きれいな風景が広がった世界観のようです。

ストレス解消に効果的

涙を流すことは、何よりもストレス解消に効果的です。

私たちは普段、言いたいことをグッと抑えることでストレスを感じています。

自分の立場上、相手のほうが上だと言いたくても言えないことは山ほどあります。

日々の少しずつの積み重ねは気付けば大きなストレスになっていて、ずっと我慢しているといつか限界を迎えてしまいます。

人前で泣くことがむずかしければ、好きな音楽を聴いて、一晩ぐらい好きなものを食べて、泣きたいだけ泣いて夜を明かしましょう。

出来れば、誰か聞いてくれる人がいたほうがいいです。

友達、家族、恋人、普段から愚痴を言い続けるのはよくないですが、時々限界がきたときにお互いぶっちゃけあうのはありです。

自分のストレス解消もして、相手のことも受け入れて、スッキリさせましょう。

涙を流すことでストレス発散し、また改めて頑張れるはずです。

泣くことで感情が安定する

涙を流して泣くことで、感情が安定します。

私たちは喜怒哀楽のどれかの感情がリミッターを超えると、涙を流してすべてを流してしまおうとします。

すごく感情的になり、周りの人が驚くこともあるでしょう。

しかし、こうすることで長時間不機嫌にならずに、スッキリとストレス発散させて、気持ちよく色々なことに取り組めるようになります。

ずっと我慢を続けているほうが、不機嫌な感情が知らず知らずのうちに溢れ出ていて、それを感じ取っている人がいるかもしれません。

いっそのこと思いきり泣いて、泣くことで感情を安定させてみてください。

やる気が出る

涙を流して泣くことで、新しいことへのやる気が出てきます。

涙が出ることで、今まで溜め込んでいた感情がすべて洗い流されます。

そして、自然と新しい気持ちが芽生えてきます。

このタイミングで、今まで後回しにしていたことに取り組むチャンスが訪れます。

あれやこれやと悩まずに、やる気が出たときがタイミングです。

新しいことに取り組むと、どこかで失敗するかもしれないと不安になる前に、新しいことにチャレンジしてみましょう。

学校なら、今まで苦手としていたことにも積極的に取り組んでみてください。

仕事場なら、避けて通っていた案件にも向き合うようにしてみてください。

鉄は熱いうちに打てと言いますし、スピーディな行動が成果を生みます。

涙が出たあとの正しい対処法

涙が出たあとは、正しい対処法が大事です。

涙が出たあとそのままにしておくと、目が腫れぼったくなったり、目が赤いままだったりで、明らかに泣いたことが分かってしまいます。

隠れて泣いたつもりなのに、周りの人にバレるのは避けたいですよね。

夜通し泣いていて、目が腫れぼったくなると人前に出るのも恥ずかしくなります。

出来る限り適切な対処をして、涙が出たあともスッキリと過ごせるようにしましょう。

涙を拭くときは擦らないように優しく拭き取る

涙が出た後、拭くときは擦らないように優しく拭き取ってください。

ごしごしとこすってしまうと、肌にダメージを与えることになります。

できれば清潔なタオルやハンカチで、そっと拭きとってあげてください。

涙が溢れ出ているときは感情的になっていて、そこまで気が回らないかもしれません。

タオルもハンカチも手元にないときは、袖口などで拭うようにしてください。

目が腫れぼったくなると、翌朝のメイクも楽しめなくなります。

少し手間ですが、泣いた後のケアを丁寧にすることで、その後もスッキリと過ごしやすくなります。

水分補給をする

涙が出た後、とくに思いきり泣いた後は水分補給を忘れないようにしましょう。

涙と一緒に鼻水も出ることがあり、体から水分が出ていってるのは確かです。

激しく泣くと体温も上がるので、汗もかいているかもしれません。

水分補給をすることで気持ちを落ち着かせ、ひと呼吸入れるきっかけにもできます。

ひとしきり泣いた後にハーブティーや、温かい牛乳を飲むと気持ちもリラックスできるでしょう。

目を冷やす

涙が出たあとは、目を冷やすようにしましょう。

夜に泣きすぎて、翌朝あからあまに泣いたと分かるくらい目が腫れてしまうことはよくあります。

泣いた後にすぐ、保冷剤や冷えたタオルで目を冷やすとスッキリします。

気持ちがリセットされて、集中力も高まります。

泣いて、深呼吸して気持ちを落ち着かせてみてください。

そして、好きなお茶で水分補給をしながら目も冷やすと落ち着きます。

目を温める

涙が出たあとは、目を温めてリラックスさせてください。

市販品で、目を温めるための使い捨てのアイマスクが発売されています。

それくらい、目を温めると気持ちがリラックスして眠りに入りやすくなります。

涙が出たからといって、その原因が根本的に解決したわけではないでしょう。

一度目を温めて気持ちをリラックスさせることで、新しい解決策や目標が考えやすくなります。

さらに、頭もスッキリします。

夜泣いたときは眠りにくくなりますが、目を温めることで少しでもぐっすりと眠れるように働きかけましょう。

涙が出るときは思い切って泣いてすっきりしよう!

涙が出ることで、色々なメリットがあることや、気持ちをスッキリさせることができることが伝わりましたでしょうか。

私たちは普段たくさんの責任を抱えていて、ギリギリまで何でも我慢しがちです。

気付いたときには心が悲鳴を上げています。

生真面目な人ほど無理をしやすく、損をしてしまうことがあります。

涙を流すことを我慢せず、泣きたい時は泣いてすっきりしましょう。