日本人は外国人と比べ鼻が低く、そのぶん鼻筋が通っている人はより可愛く見えます。

ただし、鼻筋の有無は相手の好みによって変わってきます。

可愛いなかにも美しさを求める人にとっては、鼻筋が通っていた方が可愛く見えます。

一方、キャラクター的な幼い可愛さを求める人にとっては、鼻が低い方が可愛く見えます。

赤ちゃんやアニメのキャラクターの鼻は小さく、顔のパーツのなかでもあまり目立ちませんよね。

鼻が低い人は美しい可愛さよりも、幼い可愛さに近いでしょう。

あなたが求める可愛さに合わせてメイクを工夫してみるのもいいかもしれませんね。

眉がナチュラル

多くの男性はナチュラルメイクの女性を好みます。

女性にとっては美しく見えるメイクでも、男性にとってはケバく見えてしまうこともあります。

特に化粧の濃さが出てしまうのが眉毛です。

眉毛をくっきり描いてしまうと化粧全体が濃く見えてしまい、男性ウケしません。

男性が好む可愛さをつくるためには、ナチュラルな眉毛にするのがポイントです。

普段からくっきり描かなくてもいいように眉は剃らず、自然な流れを残しておきましょう。

ナチュラルな眉をつくることで優しさや親しみやすさがアップします。

前述した通り、男性は女性に癒しや優しさを求めているため、そのような眉が好まれます。

顔のパーツのバランスが良い

男性から見た可愛い顔のポイントは、顔のパーツのバランスがいいことです。

顔のパーツの良し悪しに関わらず、パーツのバランスが取れている顔は可愛く見えます。

可愛く見える顔には黄金比率が存在します。

両目と目の間の比率が0.88:1:0.88、額から眉、眉から鼻の下、鼻の下から顎までが1:1:1という比率が可愛く見える顔の黄金比率だと言われています。

アニメや漫画に登場する可愛い女性キャラクターは、両目の間がやや離れ気味に描かれます。

これも女性らしい「可愛い顔」の特徴をデフォルメしているからです。

人間の顔であればこの黄金比率に当てはめてメイクをすることで、可愛い顔をつくれます。

顔の形のアーチがきれい

人間の輪郭は子供の頃は左右対称ですが、成長とともに顔の下半分が成長していきます。

子供の頃よりも面長になったと感じるのは下半分が成長しているからです。