たらこ唇のメリット6個!コンプレックスに感じてた人は目から鱗かもについて
たらこ唇がコンプレックスだと感じている人は多いのではないでしょうか。

しかし、たらこ唇はキュートで実はメリットがたくさんあります!

そこで、この記事ではたらこ唇のメリットをご紹介したいと思います。

メリットを知れば自分の唇を好きになりましょう。

たらこ唇とは?

たらこ唇
たらこ唇とは、たらこのようにふっくらした厚みがあり、インパクトのある唇です。

ふっくらとしたたらこ唇は愛くるしく、女性らしいイメージを持たれます。

ニコリと笑った笑顔は特に人目を引き、初対面の人からも好印象を受けます。

たくさんの人が一気に揃うような面接や合コンといったシーンでは、たらこ唇が印象に残ることで顔と名前を覚えてもらいやすくなります。

たらこ唇には魅力がたくさんあり、すごく羨ましいパーツと言えます。

その反面、たらこ唇のイメージが強すぎて顔のバランスが悪い、たらこ唇だと乾燥したときに目立つので嫌といった様々なコンプレックスを抱えるたらこ唇の女性がいます。

顔のコンプレックスは悩みとして大きく、できればたらこ唇を好きなパーツとしたいですよね。

もともとコンプレックスに感じている人には少々ハードルが高いですが、ここを克服することで毎日がもっと楽しくなるハズです。

たらこ唇の特徴を、もう少し詳しく知ってみましょう。

ふっくらとした厚みのある唇のこと

たらこ唇とは、ふっくらとした厚みのある唇のことです。

たらこ唇は女性らしく、メイクが楽しくなるパーツでもあります。

リップの色を変えるだけで、女性らしくもアクティブにも変身できます。

細いラインの唇もクールで素敵ですが、たらこ唇は口元のメイクがとことん楽しめるので魅力的です。

細いラインの唇は目立つカラーを使うことでインパクトを持たせる必要がありますが、たらこ唇はどんな色も使いやすいことが魅力的です。

シンプルなメイクのときは、潤い効果のある色付きリップでも充分女性らしいです。

気合を入れるメイクのときは、濃いめのグロスやティントを使うとかなりイメージが変わります。

今はプチプラで手に入るリップやティント、グロスなどたくさんあります。

カラフルなパレットに色を広げていくように色々楽しみましょう。

化粧品は口コミサイトを参考にしてもいいですし、ドラッグストアで化粧品スタッフに聞いたり、時には化粧品カウンターにいるスタッフに相談したりしてもいいです。

唇の厚みが2.5センチ以上がたらこ唇

たらこ唇は唇の厚みが2.5センチ以上になるとたらこ唇です。

たらこ唇はふっくらとした厚みのある唇と言われると、漠然としていてイメージしづらいですよね。

自分もたらこ唇に当てはまるのだろうか?悩むところです。

唇の厚みが2.5センチ以上ときちんと分かれば、唇のパーツをどうやって魅せようか色々と考えることもできます。

顔のうちの唇にばかり視線がいくのはコンプレックスかもしれませんが、考えようによってはそれだけのインパクトのあるパーツがあるということです。

自分の顔を好きになり、日々を笑顔で過ごせるように気持ちを変えていきましょう。

唇の厚みが2.5センチ以上は意外とレアですし、そんなたらこ唇を持って生まれた女性はラッキーだと言えます。

物事は何でも考えようで、良い風に考えたほうがコンプレックスから抜け出しやすくなります。

その前に、たらこ唇がコンプレックスになってしまう理由をいくつか紹介します。

たらこ唇がコンプレックスな理由

唇がコンプレックスな理由
たらこ唇はコンプレックスになりやすく、それにはきちんと理由があります。

たらこ唇でない人にとっては、なぜコンプレックスなのか不思議なくらいですよね。

むしろ、ふっくらとした女性らしいパーツが羨ましくも感じます。

特に顔全体がシャープな印象で、唇も細めの女性からすれば欲しいパーツです。

アニメキャラや少女漫画にも時々登場するたらこ唇のキャラ、他のキャラよりも覚えやすいのではないでしょうか。

実社会でも同じことが言えます。

好きな人にも覚えてもらいやすくて、すごく強みになるアイテムです。

そういったことも踏まえつつ、たらこ唇がコンプレックスである自分を受け入れるためにそうなる理由を知りましょう。

人より唇が目立つ

たらこ唇だと、人より唇が目立つのでコンプレックスになりがちです。

人は誰かと会話するとき、ずっと目を見て話すことに恥じらいを感じます。

そのため、目を見ているようにしつつ、口元を見て会話するようにします。

唇は誰かに見られることが多いため、パッと目を引くたらこ唇にコンプレックスを感じるようになるのは自然な流れです。

数人並ぶと、どうしてもたらこ唇の自分が目立ってしまいます。

じっと見られると恥ずかしいですし、そんなに目立つのかとショックですよね。

ただ漠然と見られているだけでもマイナスに考えてしまいますが、何事もプラスに考えるようにしましょう。

たくさんの人に見られている自分のことを喜んで、たらこ唇のパーツを持っていたことがラッキーだったと考えてみてください。

さらに、できれば目立つたらこ唇を自分のより良いパーツとして認め、それを映えるようなメイクも研究してみてください。

唇が腫れぼったく見える

たらこ唇は唇が腫れぼったく見えることから、コンプレックスになりがちです。

潤いのある可愛らしい唇は許せても、もともとあるたらこ唇はただ腫れぼったく見えるだけでコンプレックスでしかないという意見もあります。

実際、控えめのメイクにしたいと思っても唇が目を引くのでむずかしいです。

腫れぼったく見えると、顔全体がコンプレックスの塊のようにすら感じてしまいます。

あまりにも唇が腫れぼったく見えて嫌な気分のときは、低めのトーンの色のリップや口紅、ティントなどを試してみてください。

唇を肌の色に近づけることで、さほどにインパクトがなくなります。

リップ、ティント、口紅のいずれもプチプラで色々なカラーを揃えてみてください。

きっと夜遅くまで楽しくなり、コンプレックスの事なんて忘れてしまいます。

インパクトのある色味の服を着て、人の視線を分散させるのもアリです。

普段からグレー、ネイビー、ブラックといった落ち着いた色味の服装が多い人は、敢えてブルー、イエロー、レッドといった信号のような目立つ色味を着てみてください。

差し色として1つ鮮やかな色を添えるだけでもいいです。

上下で厚みのバランスが違うので気になる

たらこ唇は上下で厚みのバランスが違うところが魅力的です。

上下とも同じぐらいの厚みならいいのですが、上唇あるいは下唇のいずれかだけがふっくらしていて厚みがあると、アンバランスです。

インパクトがあって人目を引くパーツだからこそ、コンプレックスに拍車がかかります。

しかし、実はさほどに心配しなくても良い案件でもあります。

上下で厚みのバランスが違うところは、よほど親しくしている人達でないと気付きません。

近くで見ることがない限り、上下で厚みのバランスが異なることには気付かないでしょう。

確かにコンプレックスかもしれませんが、メイクで濃いめの色を使うことで誤魔化すこともできます。

ちょっと辛口な言い方になってしまいますが、そこまで周りの人たちは人の持っているたらこ唇をじっくりと見ていません。

あまり気にせずに、メイクやスキンケアを楽しんだほうがずっといいです。

色々なパターンの口元のメイクを試してみましょう。

そして、合うものを普段使いのメイクにしましょう。

顔と唇のバランスが悪いと感じる

たらこ唇だと、顔と唇のバランスが悪いと感じてしまいます。

たらこ唇の人は顔のパーツで唇がすごく目立つので、他のパーツがあまり気にならなくなります。

そして、唇だけが分厚いことにコンプレックスを感じてしまいます。

どこをどう工夫しても唇だけが気になって、バランスが悪いということが頭から離れなくなります。

まずはたらこ唇を好きになるように工夫して、そこから固定概念も外せるようにしましょう。

たらこ唇の原因とは?

たらこ唇の原因には色々なものがあります。

たらこ唇がコンプレックスである人にとって、それが修復できれば本望ですよね。

少しでも心を落ち着かせるために、たらこ唇になる原因を知りましょう。

原因の中にはどうにかできるものもあります。

慢性的なものは整形という選択肢が多いですが、一過性のものである場合は生活習慣や食生活の改善で落ち着かせることもできます。

メイクという選択肢もありますが、メイクでたらこ唇を可愛らしくすることはできても、たらこ唇そのものをやめるのは現状むずかしいです。

今のままの自分を受け入れうると同時に、たらこ唇の原因を知ることは大事です。

遺伝

たらこ唇が遺伝による人の場合、それは慢性的なものです。

遺伝が原因の場合は、美容整形外科や形成外科への受診となることがあります。

費用やその他のことも含めて、下調べをしてから決めてください。

親から子どもへ遺伝的な要素は受け継がれることが多く、たらこ唇などのインパクトのあるパーツは目を引きます。

父親や母親とほとんど顔が変わらず、うりふたつと言われたことはありませんか。

すごく喜ばしいことのハズなのに、たくさんコンプレックスがあると素直に喜べなくなってしまいますね。

たらこ唇を目立たなくするために、メイクという選択肢も考えるかもしれません。

プロのメイクや特殊メイクならどうにかなりますが、忙しい朝からそこまでの準備はなかなかできません。

たらこ唇は人目をグッと引くため、それを隠すようなメイクはかなり技術を求められます。

どんなことが原因であっても、たらこ唇がコンプレックスでどうしても好きになれない場合もあります。

あまり自分を追いつめず、改善策を考えましょう。

歯並び

歯並び
きれいな歯並びの場合はたらこ唇とは無縁ですが、前歯が出ていると上唇が突き出されます。

そして、粘膜のところまで出ることでたらこ唇になります。

これは慢性的なものなので、歯並びを対処する必要があります。

永久歯がはえそろっていない幼児~児童であれば、指しゃぶりなどの癖をやめさせることで前歯が出ることを予防できるかもしれません。

永久歯が揃っているとなかなか戻らないため、慢性的な問題となります。

歯並びを改善するには、矯正歯科という選択肢があります。

コストが高くつきますが、歯並びを整えることはすごく良いことです。

さらにたらこ唇のコンプレックスも解消されます。

やはり、歯を出して笑ったときに歯並びが悪いとイメージダウンします。

矯正歯科をしておいて、きれいな歯並びをキープしたほうがいいです。

矯正歯科を専門としている歯科医院もあるため、口コミや知人からの評価を聞いてからどこの歯科医院を選ぶか決めましょう。

アレルギー

アレルギーによって起こるたらこ唇はアレルギーが治まれば落ち着くので、一過性です。

粘膜の部分は私たちが思っているよりも敏感で、合わないリップクリームや口紅を使った後に荒れたときはアレルギーも考えられます。

唇がぷっくりと腫れて、たらこ唇そのものになります。

あまりにも酷いときは皮膚科を受診したほうがいいですし、しばらく様子を見るときはあまり唇のメイクにはこだわらないほうが無難です。

敏感肌用のリップなどを活用して、唇が荒れないように気を付けましょう。

口唇炎

口唇炎
口唇炎になると、唇が赤く腫れて乾燥します。

荒れが酷くなると、出血します。

唇全体が炎症を起こすこともあれば、上唇または下唇のいずれかだったり、人によって症状は様々です。

乾燥を予防するためにワセリンを塗ったり、その他保湿効果のあるリップを塗ったりすることで一時的に保湿されます。

口唇炎の原因は乾燥やビタミン不足からくるため、野菜不足になっていないか、きちんと肌のスキンケアが出来ているかを再度見直してみてください。

口唇炎があまりにも酷い場合は、皮膚科を受診するようにしましょう。

病院でしか受け取ることができない薬を塗ることで改善されることもあります。

たらこ唇のメリット6個

たらこ唇であることで受けられるメリットを6個紹介します。

たらこ唇がコンプレックスだと思い始めると、唇のパーツをどうにかした変えたいという気持ちが先走ります。

そんな時こそ改めて落ち着き、たらこ唇のメリットを知りましょう。

良さを理解することで、どうやってたらこ唇をアピールしようか考えることができます。

大人らしく見える

たらこ唇であると、大人らしく見えます。

女性の色気を感じるパーツ、胸元のふっくらとしたライン、男性よりも全体的に丸みを帯びたボディラインなど人それぞれこだわりや好みがあります。

たらこ唇もふっくらとした厚みのある唇が女性らしさを感じるパーツに似ていて、思わず大人らしく見えることがあります。

制服だと気付かないものですが、私服でプライベートな時間を過ごしていると、改めてたらこ唇は大人らしさを感じることができます。

私服は少し落ち着いた雰囲気のものを選んで、大人らしさをアピールしましょう。

セクシーに見える

たらこ唇というパーツがあることで、よりセクシーに見えます。

男性は女性を意識して見るときに、胸元やお尻といった女性らしいパーツをさり気なくチェックします。

それと同じぐらい、顔も好みかどうかちらりと見ます。

じっと目を見るとバレてしまうので、敢えて気付かれないように唇のあたりに視線を送ることが多いです。

初対面だと目が合うと話しづらいですし、何らかのきっかけがあってこそ落ち着いて話せるのかもしれません。

たらこ唇のリップの色を落ち着いた色にしたり、華やかな色にしたりして変化を作りましょう。

セクシーに見えることは女性にとって強みですので、上手に活用してください。

唇をチャームポイントとしてアピールできる

たらこ唇は唇をチャームポイントとしてアピールできます。

たらこ唇のように、人それぞれ目立つ顔のパーツボディラインを持っています。

たらこ唇が好きではないと思うとコンプレックスになりますが、気持ちを変えてお寿司のテイクアウトといった外食も頼りやすくなります。

子育て中であっても、女性として輝きたい願望は誰だって持っています。

出来る限り早めに就職活動をして、たらこ唇も含めて自分を知ってくれる人を見つけるようにしてください。

グロスや口紅が綺麗に映える

グロス
たらこ唇はグロスや口紅が綺麗に映えるので、女性らしさをアピールできます。

もともとふっくらとした厚みのあるたらこ唇は、ほんの少し潤いを加えることで一気に綺麗に映えます。

たらこ唇は顔のパーツの中で最も目を引くものなので、自分に似合う色のものを何色か揃えるようにしましょう。

キスしたくなる唇に見える

たらこ唇でいると、思わずキスしたくなる唇に見えてきます。

たらこ唇は他の人の唇よりもインパクトがあり、女性らしく可愛く感じます。

さらにたらこ唇の女性がメイクを加えることで潤いもアップし、色が入ることで表情1つ1つも可愛く見えてきます。

不意打ちのキス、お互い合意の上でのキス、いずれもキュンとなります。

思わずドキッとするようなキスシーン、少女漫画やドラマの世界だけで自分には無縁だと思っていませんか。

実はそんなことはなく、みんなドラマのワンシーンのようなキスに憧れを持っているはずです。

たらこ唇を好きになって、できれば色んなメイクを楽しんだり、出会いを探したりしてみてください。

憧れのようなキスシーンを目指しましょう。

唇の感触が柔らかい

たらこ唇は見た目の可愛らしさだけでなく、唇の感触も柔らかいです。

たらこ唇はふっくらとした厚みのある唇が印象的で、実際に触るともっちりしていて柔らかいです。

まさに、女性の色気を感じさせるパーツです。

メイクで唇を触るとき、柔らかさも分かるように落ち着いたカラーを使ったり、潤いの出やすいリップを使ったりするとたらこ唇の良さが上がります。

たらこ唇をコンプレックスと思わないように、鏡の前で触れてみたり、あえてたらこ唇をアピールするようなメイクをしたりすることで乗り越えてみてください。

触ったときの感触の良さは思わずやみつきになります。

たらこ唇をコンプレックスに感じなくなる考え方

たらこ唇をコンプレックスに感じなくなる考え方を紹介します。

たらこ唇のメリットは分かったものの、自分にとってはコンプレックスであることに変わりないという人も多いです。

コンプレックスを無理に克服しようとしても自分に負担でしかないので、出来るだけコンプレックスに感じなくなるようにしましょう。

そうすることで気持ちが楽になりますし、自分の好きな顔のパーツとして受け入れやすくなります。

あまり難しく考えず、たらこ唇の良さと向き合ってみてください。

自分の魅力の1つだと思う

たらこ唇を自分の魅力の1つだと考えてみてください。

たらこ唇は人目を引く可愛らしいパーツですし、多くの男性にとって女性らしさを感じるパーツでもあります。

よく見られるのが嫌という気持ちも分かりますが、それだけ注目されているということですし、自分の魅力だと思えば自慢できるようになります。

自分の顔写真を撮るときは、今まで隠そうとしていたたらこ唇を敢えて全面的にアピールしてみてください。

卑屈になって真顔でいるよりも、笑顔でいたほうがずっと人の目を引きます。

少しずつでいいので、自分の魅力だと捉えていきましょう。

何事も気持ちから変えていくことが大事です。

自分の唇を好きになる

たらこ唇がコンプレックスということは抜きにしても、自分の唇を好きになりましょう。

人それぞれコンプレックスや自分の嫌いなところはあります。

できればそんなコンプレックスを減らしていくほうがプラスになるので、自分の唇を好きになり、自分自身をもっと変えようという気持ちに持って行きましょう。

自分の唇が好きになれば、自然と唇のメイクが楽しくなり、顔のメイクも色々なバージョンで変化を楽しみたくなります。

そして服のコーデや肌のスキンケアといったことにも繋がり、女子力を上げようと努力するようになります。

どうせ私なんてという気持ちは出来るだけ控えめにして、自分の唇などそれぞれの部分を好きになっていきましょう。

自分に自信を持つことが大切

たらこ唇のコンプレックスを克服するためにも、自分に自信を持つことが大切です。

自分に自信を持っていれば、たらこ唇のパーツにコンプレックスがあっても堂々と自分のことが好きだと言えます。

そして、些細なコンプレックスも吹き飛ばすだけのパワーも生まれてきます。

自分に自信を持つためには、些細なことからで良いので成功体験を作りましょう。

今までやりたいと思っていたけれど控えていたことにもチャレンジして、たとえ失敗しても成功に繋がるまで努力してみてください。

今までチャレンジしたことのないメイクやファッションにも幅を広げて、新しい世界も作っていってください。

些細なことを積み重ねて、自分に自信を持たせてあげてください。

毎日笑顔の時間が増えて、自然と色々なことが頑張れるようになります。

他人と比較しない

たらこ唇の自分を含めて好きになるためにも、他人と比較しないことが大事です。

人それぞれ見た目も内面も、良いところと悪いところは異なります。

人の良いところはすごく輝いて見えますが、そんな人も見えないコンプレックスを抱えています。

周りの人を見ていると、自分だけがダメな気持ちになることもあります。

そういった気持ちにならないためにも、他人と比較せずに自分の成長度合いを見てあげることが大事です。

どんなに些細な喜びや幸せであっても、たくさん自分を褒めてあげてください。

少しでも成長したことがあれば、その都度喜びましょう。

他人と比較すると色々な気持ちが芽生えてしまうので、ライバルはライバル、自分は自分と割り切る気持ちが大事です。

人の顔を評価しないことが大切

他人と比較しないために、人の顔を評価しないことが大切です。

世の中には美人と言われる女性、可愛いと評判の女性、様々なタイプの人がいます。

そして、そんな人と自分を比べて落ち込むこともあります。

出会う人それぞれ、人の顔を評価してしまうこともあります。

こういったことが重なると、人の顔が羨ましくなって、自分がコンプレックスの塊のようになってしまいます。

自分の顔を好きになり、自分をどうやって綺麗に魅せようか試行錯誤することをメインとしておきましょう。

モデルや女優さんの顔を見ると羨ましく感じますが、その気持ちを憧れの女性を目指す気持ちへとシフトしていきましょう。

自分にしかない魅力に目を向ける

他人と比較しないために、自分にしかない魅力にも目を向けてみてください。

人それぞれ違う良さがあり、まったく自分と同じ人はいません。

自分の魅力をたくさん書き出してみて、その中でも光るものに目を向けましょう。

そうすることで、今よりも自分の事が好きになれます。

就職活動の時に自己分析をした記憶はないでしょうか。

ノートに自分の好きなとこや自信のあるところをたくさん書き出して、その中でも特に自信のあるところをピックアップしてみてください。

敢えて誰かに自慢する必要はありませんが、それを知ることでコンプレックスも吹っ飛ばすくらいのパワーになります。

たらこ唇の良さを活かす考え方をする

たらこ唇のコンプレックスから離れるために、たらこ唇の良さを活かす考え方をしましょう。

人それぞれ持っているコンプレックスを止めることは難しいです。

そこで、そのパーツを活かすように考えて、少しずつ好きになっていきましょう。

たらこ唇の魅力は、何と言っても人目を引くことです。

初対面の人にでも、自然と名前と顔を覚えてもらいやすくなります。

さらにその魅力をアップさせるために、メイクや保湿でたらこ唇を女性らしく美しく演出することが大事です。

高価なリップクリームやグロスを購入しなくてもいいので、プチプラで色々なタイプのものを揃えてみてください。

出かける場所や服の色合いによって唇のメイクを変えると、全体のイメージも引き締まります。

メイクの方法は雑誌にも載っていますが、動画だとリアルで分かりやすいです。

笑顔を心がける

たらこ唇を可愛く演出させるために、毎日笑顔を心がけるようにしましょう。

毎日笑顔でいると、たらこ唇が自然と美しいラインになり、その人にとってさらに可愛らしいパーツの1つとなります。

いつも真顔でたらこ唇のことを考えているよりも、ずっとイメージがいいです。

人に挨拶をするときは、初対面の人であっても笑顔を心がけましょう。

よほど体調が悪いときは無理はいけないですが、普段から誰に対しても笑顔を心がけると人からの印象もグッと良くなります。

笑顔は自分の気持ちも自然と前向きにしてくれます。

鏡の前でニッコリと笑顔を作り、人前ではもっと笑顔になれるようにしましょう。

唇を丁寧にケアしてみる

たらこ唇の良さをアップするために、唇を丁寧にケアしてみてください。

唇の荒れ具合によっては、せっかくのたらこ唇が台無しになります。

人目を引くパーツだからこそ、少しでも荒れると悪目立ちしてしまいます。

いつも丁寧にケアをして、プルンと潤いのある唇を目指しましょう。

手入れの行き届いた女性という印象を受けますし、唇を丁寧にケアすることで自然と他のケアも丁寧にしようと心掛けます。

忙しいと、色々なケアが適当になりがちです。

土日や週末など、時間のある時だけでも良いので丁寧にケアしてみてください。

色々な香りのケアグッズもあるので、好きな香りで癒し効果を期待してもいいです。

花の香り、フルーツの香り、ほんのりと唇から香ることで心も穏やかになります。

たらこ唇にはセクシーで大人な魅力が詰まっている!

たらこ唇は厚みのあるフォルムがとても可愛らしく、なおかつセクシーで大人な魅力が詰まっています。

コンプレックスだからと適当なケアで終わらずに、丁寧にケアをしてメイクもとことん楽しんでください。

自分のメンテナンスを丁寧にすることで、自然と自分に自信が持てるようになります。

たらこ唇のコンプレックスなんて忘れてしまうぐらい、色々なことにチャレンジしましょう。

そして、もっと自分のことを好きになってください。

まずは笑顔でいることからスタートしてみてはどうでしょうか。