ボスの特徴17個【ビジネス編・友達orママ友編】上手な付き合い方も教えますについて
ビジネス、友達、ママ友などどのようなシーンにも、ボスのような存在がいるのではないでしょうか。

皆トラブルを起こさないように程よい距離感をキープするようにしているでしょう。

ボスと呼ばれる人とのお付き合いを間違うと、他の人たちとのやり取りもむずかしくなることもあります。

今回は、ボスの特徴、さらにボスと呼ばれる人との上手な付き合い方をお伝えします。

どこにでもいるボスのような人って?

ボスのような人はどこにでもいて、権力を振りかざしています。

周りの人たちからボスのような存在にまつりあげられた人、自らボスのように見せかけて仕切りたがる人など様々です。

ボスの特徴を知り、ボスとの付き合い方には気を付けた方がいいでしょう。

あらかじめボスのような人だと知っておくと、色々な予防線を張ることができます。

グループのリーダー格の人のこと

ボスのような人とは、グループのリーダー格の人のことです。

いつも何かを言い出すのはボスのような人、ボスが何かを言い出すとみんなが阿吽の呼吸で賛成し、ボスの機嫌を損ねないように行動します。

ボスも口だけだと反感を買うので、それなりに行動する人もいます。

態度だけ大きくて、何もしないボスもいます。

いずれにしても、一見皆ボスに合わせて一致団結する親しいグループに見えます。

しかし、実際のところはボスの顔色を伺いながら我慢している人達もいます。

ボスの特徴17個

ボスの特徴をビジネス編、女友達編、ママ友編の3つに分けてご紹介します。

ボスは一見分かりづらいことが多く、その頭角を現すのは1つのグループが和やかな雰囲気になってきた頃です。

できるだけ早めにボスのような人がいることを察知し、地雷を踏まないようにしましょう。

ただでさえ悩み事やストレスが多い私たち、余計なトラブルを増やしたくないですよね。

あらかじめボスだとおぼしき人が現れたら深入りせずに済むように、ボスの特徴をしっかり抑えておきましょう。

ビジネス編6個

ビジネス
ボスが現れやすい1つとして、ビジネス編があります。

ビジネスでは同僚同士もライバル意識を持って仕事をしています。

それはパートやアルバイトでも同じで、周りの人よりも優秀になりたい気持ちで仕事をしています。

競争意識が芽生えると、皆見た目は和やかな気持ちで仕事をしていても、内心は嫉妬心や負けたくない気持ちでメラメラしています。

そんな中で一人トップを勝ち取った人こそ、ボスと呼ばれる資格があります。

ビジネス編でボスとなりうる人の特徴を知り、仕事場で色恋やその他のトラブルにならないようにあらかじめ色々な策を考えておきましょう。

年齢が上の人が多い

ビジネスで現れるボスは、年齢が上の人が多いです。

ビジネスで勤続年数が長くなればなるほど、職場のどこに何があるか、それぞれの取引先にはどんな人がいるか、経営者の機嫌、といったものが手に取るように分かるようになります。

周りの人もボスとなりうる人に質問することが増え、自然と普段から周りに人が集まりやすくなります。

ボスとなりうる人も最初は遠慮がちであっても、少しずつ頭角を現すようになります。

年齢が上の人には最初から周囲の人も気を遣いますし、自分が経営者であるかのような錯覚を覚えてしまいます。

ボスのように権力を振りかざし、時にボスが原因でストレスを感じてしまう社員も現れます。

普段からボスとは適度な距離感を維持することが大事です。

それをキープしていれば、煩わしい人間関係に悩まなくても済みます。

根性論を語る

ビジネスで現れるボスは、やたらと根性論を語るのが好きです。

年齢が上の人が多いので、人によってはバブル期も経験しているボスもいます。

そんな頃は何事も根性や気合いで乗り切っていた時代でした。

しかしながら、今はそういった風潮ではありません。

プライベートでの時間や各個人の健康を大切にしてこそ、ビジネスでの責任を全うすることができるのです。

それなのに、未だに何でも全てを犠牲にしてでも乗り切ろうとする根性論を語るボスについて行くのはとても辛いです。

ボスが見ているときは根性論に合わせて仕事の責任を全うし、できるだけ早くボスのいる部署からの配置願を出しましょう。

日常的にパワハラをする

パワハラ
ビジネスの場にいるボスは日常的なパワハラが当たり前になっています。

ボスは仕事場でいつも横柄な態度を取っており、それに対して苦言を呈することができる人は1人もいません。