自我が強い人の特徴16個!あなたはいくつ当てはまった?わがままな人になってませんか?について
自我が強い人はわがままだと言われてしまうことも多く、周りから近くにいると疲れてしまうからと遠巻きにされてしまうことも珍しくはありません。

しかしながら、自我が強いことは決して悪いことばかりではありません。

自我が強いことによる注意点はもちろんありますが、自我が強いことによるメリットも存在しているのです。

そもそも、自我が強い人とはどのような人のことを言うのでしょうか。

自我が強い人の特徴や自我が強いことによるメリット、そして忘れてはいけない自我が強いことによる注意点を確認していきましょう。

今までに誰かから「自我が強い」と言われてしまった経験がある人も、決してそれを単なる批判だととらえて落ち込むのではなくメリットにも目を向けて自分の個性だと認識できるようにしましょう。

自我とは?

そもそも「自我」とはどのような意味を持つ言葉なのでしょうか。

辞書的な意味を見てみると「自分自身に対する各個人の意識・観念」という意味を持つ言葉であることが分かります。

すなわち、自我というのは誰もが自分自身に対して持っている自意識であると言い換えることができます。

つまり、自我が強い人は自意識が強い人だと考えることもできます。

では、自我について深く知るために「自意識が強い人」についても考えてみることにしましょう。

「自意識が強い」というと、一般的にはナルシストで自分のことしか考えない嫌な人だと思われてしまいがちです。

しかし実は、自意識あるいは自我が強い人は常に自分自身に対して意識を向けているという意味を持ちます。

自分自身に意識を向けるということは、自分の長所と短所をしっかり自覚しセルフコントロールする機会に恵まれていると解釈することもできます。

自我が強いって悪いこと?

「自我が強い」というと、自分のことしか考えずにワガママで自分の利益ばかりを優先する人をイメージする人が多いのではないでしょうか。

「あの人は自我が強すぎて協調性がない」などの使い方をすることも多く、そもそも「自我が強い」という表現にマイナスイメージを持っている人も少なくはありません。

しかし、実は自我が強いことは決して悪いことばかりではありません。

自意識がしっかりしているということで、他の人より自分の短所に気付きやすく、すぐに改善できる場合もあるでしょう。

また、主張が強すぎると言われがちな自我の強い人ですが、自分の意見をはっきり言えることがプラスに働くことも少なくはありません。

すなわち、今までに誰かに「自我が強すぎる」と言われて落ち込んでいる人も、その自我の表現方法を変えることで大きな長所になる可能性もあるのです。

自我が強い人の特徴16個

それでは、周りの人から「自我が強い人」と思われがちな人はどのような特徴を持っていることが多いのでしょうか。

自我が強いことは決して悪いことではないとはいえ、自分の立場や年齢、相手との関係性を考えると自我が強いと思われたくないと感じる場面もあるでしょう。

ここでは、自我が強いと言われがちな人が持っていることが多い特徴を16個紹介していきます。

自我が強いと周りに思われたくない人、逆に自己主張をしなさすぎてもう少し自我が強くなりたい人はぜひチェックしてみてください。

意見を言える

自我が強い人は、基本的に自分の思っていることをはっきりと言える性格をしています。

そのため、どのような場面、どのような相手に対しても意見をはっきり言える人は自我が強いと言われがちでしょう。

特に、賛成意見よりも周りに対する反対意見を言える人の方が自我が強い人だと思われがちです。

議論の場では、単に反対の意見を言っただけで「周りに反抗して自分の意見を押し通そうとしている」と思われてしまうこともあります。

実際は自分の意見などは関係なく全体を見て反対意見を言う価値があると考えている場合でも、反対意見ばかりを言っていると自我が強くて協調性がないと思われてしまうこともあるのです。

リーダーシップがある

リーダーシップがある女性
強いリーダーシップを持っている人も、周りの人に自我が強い人だと思われがちだと言われています。

そもそも、リーダーシップを持っている人は自分の意見を言うことができ、それに賛同してくれる人をまとめる力がある人だと言われています。

そのため、リーダーシップがあると必然的に自分の意見を発する場も多くなり、自我が強いと言われる可能性も高くなるのです。

しかし、この場合の「自我が強い」は決して悪い意味ではありません。

「しっかり自分の意見を持っている」や「意見に説得力がある」あるいは「プレゼン能力が高い」という意味で使われることもあるでしょう。

特に、褒められている状況で「自我が強い」と言われた場合は皮肉などではなく単純な褒め言葉ですので、そのまま受け取っておくことをおすすめします。

努力家

実は努力家の人も自我が強いと言われる可能性が高くなると言われています。

一般的に「努力家」というと寡黙で自分自身のペースでコツコツと努力している人を思い浮かべるかもしれませんが、そうした人も自我が強い人だと言われます。

自分自身のペースでコツコツと努力できるマイペースな人は、周りの目を気にしない一面を持っています。

そのため、周りがサボりたい時でもその人が努力しているためサボりづらい雰囲気を作ったり、周りが遊びに行く時でも誘いを断って自分の努力を優先したりします。

だからこそ、努力家の人も「自我が強い」と言われがちなのです。

時には不真面目な人から批判する意図で言われることもあるかもしれませんが、そうした人の意見には耳を傾ける必要はないでしょう。

勝負事は負けず嫌い

一般的に「自我が強い人」としてイメージする時、勝負事の結果に強くこだわる負けず嫌いな人をイメージする人も多いのではないでしょうか。

負けず嫌いな性格をしている人でも、負けた時は表面に悔しさを出さずに勝者を素直に勝算できる人なら自我が強いと言われることもそれほどありません。

しかし、負けず嫌いな人は往々にして自分が負けた時の悔しさを全身で表現し、時には勝者の前で号泣してしまいます。

そのように感情のコントロールができていない様子を見ると、自分自身のことしか考えていないという意味で「自我が強くて疲れる」と非難されてしまうこともあるでしょう。

特に自分の悔しさを優先して周りの空気を壊してしまっていることに気付けないと、自我が強くて嫌な人だと思われるリスクが高まります。

負けず嫌いで向上心が強いのは決して悪いことではありませんが、時には周りの空気を読むことを覚えましょう。

コミュニケーション能力が高い

コミュニケーション能力が高い女性
コミュニケーション能力が高い人は、友達が多く味方も多いため、決して悪い意味ではないものの良い意味で使われることが少ない「自我が強い」という表現を使われる機会が少ないと考える人も多いのではないでしょうか。

しかし、実はコミュニケーション能力が高い人も自我が強い人だと言われがちです。

リーダーシップを持っている人と同じように、自分の意見をしっかり言えるからこそコミュニケーションが成立することも少ないため、そのようなはっきりとした性格を指して自我が強いと表現されることもあります。

また、コミュニケーション能力が高い人は関わる人物が自然と多くなるため、味方が多い代わりに敵も多くなりがちです。

そうした人たちが、豊富な人脈を持っていることへの嫉妬から「自我が強くてワガママだ」と陰口を広めてしまうことも少なくはありません。

頼られたいアネゴ肌

女性の中には甘え上手で周りの人を立てることを上手にする人もいれば、誰かに頼ることはいまいち得意ではなく、むしろ男女問わず周りの人に頼られたいアネゴ肌の人もいるでしょう。

このアネゴ肌の女性も、リーダーシップを持っている人やコミュニケーション能力が高い人と同じように自我が強いと言われがちです。

特に、頼られたい人は「私、それ手伝おうか?」や「私の持ってる資料に詳しく書いてあるから、今度持ってきてあげるね」などのように相手に対して積極的に声をかけ手助けをしようとします。

そうした親切な行動が「自分はそれをできていることをアピールしている」と受け取られて、悪意を持って自我が強いと言われてしまうこともあるのです。

愛情表現が上手

愛情表現
愛情表現が上手で愛情深く、恋人のことを絶対に不安にさせないという女性も自我が強いと言われることもあります。

愛情表現が上手というと、おしとやかで大人しいイメージを持つ人も多いかもしれませんが、実際はそんなことはありません。

むしろ、大人になればなるほど素直に表現することが難しい愛情を上手に表現できる人ですので、自分の感情をストレートに表現することに抵抗がないと解釈することもできます。

すなわち、愛情表現が上手な人は恋人に対してだけではなく、周りの人に対して自分の感情をしっかり表現することができるケースも少なくはないのです。

時には褒め言葉だけではなく、相手に対する厳しい指摘をすることもあるでしょう。

そうしたストレートな物言いが、人によっては自我が強いと思われることもあるのです。

こだわりが強くて妥協しない

こだわりが強くて、些細なことでも妥協することは避けたいと考える人もいるでしょう。

そうした人は、自分のこだわりや妥協できない点に関しては周りの人を巻き込んで完璧を目指すことも少なくはありません。

そのように完璧主義者な一面が、自分のワガママを押し通している自我の強さだと誤解されてしまうこともあるのです。

自分自身は周りのことも考えて完璧を目指すべきところだけしっかり目指しているつもりでも、周りにその必要性が伝わっていなければ単に自分のこだわりに周りを巻き込む自己中心的な人だと思われてしまうリスクがあります。

自我が強いことは悪いことではないとはいえ、自己中心的だと思われてしまうとその後の人間関係に悪影響を及ぼす可能性があります。

こだわりが強いのも妥協をしないのも場合によっては良いことですが、周りの人の協力が必要な場合はしっかりその理由を説明することを意識するのも良いのではないでしょうか。

語彙力が豊富

自我と語彙力は直接的な関係はないように思われるかもしれませんが、実は語彙力が豊富で口達者な人も自我が強い人だと思われがちです。

語彙力が豊富な人は、自分の意見をしっかり伝えることができます。

さらに、時には周りの人に難しいと思われるような表現をして伝えてしまうこともあるでしょう。

そうした姿は押しが強いように見られてしまい、自我が強い人だと思われがちになってしまうのです。

特に、自分では難しいことを言っていないつもりでも、周りからは難しい表現に聞こえるような人の場合は要注意です。

無自覚のうちに「自分の頭の良さをアピールしている嫌味な人」というレッテルを貼られ、当然の主張をしているつもりなのに「自我が強くてワガママ」だと言われてしまうリスクがあります。

語彙力が豊富な人は、できるだけ分かりやすい言葉を選ぶなどの対策をする方が良い場合もあります。

自分優先

自分優先の人が自我が強い人だと言われる特徴を持っていることは、直感的に納得できるという人も多いのではないでしょうか。

自分を優先する人は、基本的にワガママで周りの利益や周りの心情に配慮することはありません。

常に「自分が得をすれば良い」、「自分が嫌な気持ちにならないように周りが我慢すれば良い」と思って行動するため、自我が強いと思われるのも当然のことだと言えるでしょう。

もちろん、自分が心身ともに疲れてしまうほど周りに気を遣い過ぎるのは決して良いことではありません。

しかし、自分のことばかりを優先すると不必要に敵を増やしてしまう恐れがあります。

自分のことを大切にするのは良いことですが、自分ばかりに目を向けず周りとのバランス感覚を意識してみましょう。

好き嫌いがはっきりしている

「これは好き」や「これは私の好みに合っている」あるいは「これは絶対に気に入らない」など好き嫌いがはっきりしていることは良いことです。

好き嫌いがはっきりしていると自分の判断基準もしっかりでき、迷った時でも決断しやすくなるでしょう。

優柔不断で困っている人には好き嫌いがはっきりしている人は憧れの存在になる場合もあります。

しかし、好き嫌いがはっきりしているだけではなく、それをいつでも発言してしまうと自我が強い人だと思われる恐れがあります。

特に自分の好きなものは絶対に良いもの、自分の嫌いなものは絶対に悪いもの、というように判断してしまうとワガママで自我が強すぎると思われてしまう恐れがあります。

どのようなものでも、好き嫌いには個人差があり絶対に自分の好みが正しいと思い込まないように注意が必要です。

独占欲が強い

恋人に対して独占欲が強くて束縛ばかりする人もいれば、自分の物に対して執着していて誰かに貸すのは絶対に嫌だという人もいるでしょう。

もちろん恋人の浮気を容認する必要はありませんし、高価な物や誰かからいただいた大切な物などを気軽に人に貸す必要はありません。

しかし、恋人が職場の女性の連絡先を登録しているだけで不機嫌になったり、市販の安いボールペンですら誰かに貸すことを嫌がるような性格をしていたりすると、自分のことばかりを考えて独占欲を発揮している人だと思われてしまう可能性があります。

浮気の前科がある恋人や、いつも借りパクをする人でもないのに嫌な態度をとってばかりいると、子どもっぽい独占欲で自分の利益ばかりを考える自我が強い人だと思われる恐れがあるでしょう。

何かに執着することもこだわりを持って物を大切にすることも決して悪いことではありません。

しかし、その程度や頻度、対象を考えないと独占欲が強くて意地悪な人だと思われることもあるので注意しておくと良いでしょう。

謝らない

自分が正しい時だけではなく、自分が明らかに悪くて謝らなければならない場面でも、プライドが邪魔をしてなかなか謝れないという人に心当たりがある人もいるでしょう。

そうした謝らない・謝れない人に対して周りの人が「自我が強くて謝れないんだね」と言っているのを聞いたことはないでしょうか。

自我が強い人は、自意識が強いため自分自身の価値観を大切にしがちです。

そのためその価値観から外れていると謝るべき場面でも素直に謝れないこともありますし、謝らなければいけないことは分かっていてもプライドが邪魔をして謝れずに余計にトラブルを深刻化させてしまうということもあります。

自分自身の価値観を大切にするのも大切なことですが、謝るべきところではプライドよりも周りとの協調を優先して謝った方が良い場合もあることを覚えておきましょう。

周りの自分への扱いを気にする

普段は気さくで接しやすい人なのに、周りからの目を異常に気にしている人も自我が強いと思われがちです。

店員さんに少しミスをされただけで「あの人は私を舐めているからあんな態度をとれるんだ」と決めつけてクレームを入れたり、たまたま連絡網から漏れているだけで「ハブかれているのかもしれない。悪いところがあるなら直すから教えて!」と必死になってしまったりするように、周りからの自分への扱いを過度に気にする人が該当するでしょう。

自我や自意識が強い人は、自分を優先してほしいと主張するケースが少なくはありません。

自分自身の価値観を大切にしているからこそ、周りの人からも同じレベルで自分を大切にしてほしいと思ってしまいがちです。

あるいは自分は優れているから周りから大切にされるべきだと思ってしまうこともあります。

そのように周りからいつも大切にされていないと気がすまない人、常に周りから最上級の丁寧さを受けることを求める人も自我が強いと言われがちになるでしょう。

仕切りたがる

リーダーシップの有無に限らず、単に仕切りたがりな性格をしている人も自我が強い人だと言われる可能性は高くなります。

仕切りたがる人は、基本的に「私は〇〇をやるから、Aさんは▲▲をやって」や「これは絶対に◇◇が良いと思う」のように、自分のことだけではなく勝手に他人のやるべきことも決めてしまいがちです。

場合によっては、全員で話し合うべきことなのにその人以外は発言しづらい雰囲気を作ってしまうこともあるでしょう。

このように、仕切りたがりな人は自分の意見だけを押し通してしまいがちです。

本人は周りの人が発言しないからこそ良かれと思って仕切っているつもりでも、単なる自我の強い独裁者だと思われてしまうこともあるでしょう。

周りの人が発言しない場合でも、仕切るのではなく議論を促すような役割に徹するようにした方が良い場合もあります。

自覚してない

自我が強い人は自分のことをよく見ているため、自分の自我が強いことを自覚している人も少なくはありません。

「押しが強すぎるのは短所だけど、意見をしっかり言えるのは長所」と冷静に自己分析をした上で、自我が強い状態を敢えて自分の意志で維持している場合もあるでしょう。

しかし、自我が強い人全員がそういうタイプではありません。

時には自分の自我が強いこと、あるいはワガママや自己中心的な性格を全く自覚していない人もいるのです。

この自覚がないタイプの自我が強い人は、単に自覚していないだけではなく「自分はもっと意見を言うべきだ」と勘違いしてしまっていることもあります。

当然ながら、周りに自我が強いと指摘されても納得しませんし、自分自身で改善しようと思うこともないため、どんどん自我が強くなり孤立してしまうことも少なくはありません。

自我が強いメリットと注意点

冒頭で解説した通り、自我が強いことは決して悪いことではありません。

自分自身の長所も短所もしっかり理解していることで、軌道修正しやすいこともあるでしょう。

就職活動などの場面で、面接に役立つケースも少なくはありません。

しかし、多くの人が抱いているイメージ通り自我が強いことでマイナスイメージを持たれることも少なくはありません。

時には自我が強いことが不要なトラブルを引き起こしてしまうこともあるでしょう。

自我が強いと、どのような良いことがあるのでしょうか。

自我が強いメリットと、そのメリットがある状態でも十分に注意しなければならない注意点を最後に紹介していきます。

メリット

自我が強いということは、言い換えれば自分自身のことをよく見ていて自分自身を客観的に見ることができるということでもあります。

周りの人よりも自分に自信を持って行動でき、評価される場面もあるでしょう。

特に積極性が求められる場面では、自我が強いことは大きなメリットとなります。

では、他に自我が強いことによって得られるメリットにはどのようなものがあるのでしょうか。

ここでは、主なメリットを具体的に4つ紹介していきます。

みんなに頼られる

頼られる女性
自我が強い人は、自分ができることで周りの人を助けたいと考える人も少なくはありません。

自我が強いと言われがちな人の特徴で紹介した通り、アネゴ肌で周りの人を助けることを趣味のようにしている人もいるでしょう。

もちろんそうした性格が鼻につくと言われてしまうケースもありますが、基本的には周りの人から好かれて頼られることが多くなります。

誰かの力になりたい、誰かを助けたいと考える人にとって周りの多くの人に頼られることは大きな喜びとなるでしょう。

自分自身の存在を肯定されたかのような気持ちになることも珍しくはありません。

自我が強いからこそ、周りの人に頼られて自分の味方を増やすことができるのです。

アピールがうまいので仕事ができる人が多い

アネゴ肌で周りの人に頼られることが多い自我が強い人は、決して利用されているわけではありません。

そもそも周りの人に頼られるのは、自分自身に余裕があることをアピールすることが上手だからです。

もちろん、そのアピールはプライベートな部分のみで発揮されるわけではありません。

仕事の面でも自分のできること、得意なことをアピールするのが得意となるでしょう。

苦手な部分は周りにフォローしてもらいつつ自分の得意なことをアピールできるため、仕事ができる人だと認識されて周りよりも昇進が早くなることも少なくはありません。

細かい事を気にしないので楽しい

周りからの評価を気にしすぎてしまう自我が強い人もいますが、その人の性格によっては周りの評価は気にせず自分自身の価値観やこだわりだけに集中できる自我が強い人もいます。

そのタイプの人は、細かいことには頓着しないで自分自身の生活を楽しむことができるというメリットもあります。

他の人や無意味に悩んでしまうようなところでも、自我が強い人は判断基準がはっきりしているため「自分には必要ない」と判断したら悩むことはありません。

だからこそ、細かいことで悩まなくても良く日々を楽しく過ごすことができるのです。

言いたいことが言えるのでストレスが溜まりにくい

自我が強い人のメリットとしてもう一つ覚えておきたいのが、言いたいことをはっきり言えるということです。

引っ込み思案な人は思ったことを言えずに後悔してしまうケースも少なくはありません。

友達と揉めた時に「あのことを言えば良かった!」と後悔してしまったり、会議で「ちゃんと意見を言えば自分が認められたのに!」と後悔してしまったりするケースもあるでしょう。

しかし、自我が強い人はそのような後悔をすることはほとんどありません。

そもそも自分に自信を持っているので意見をはっきり言うことができ、さらに言ったこと自体を後悔することはありません。

だからこそ、後から悩んで後悔することはなくストレスを溜めることも少ないのです。

ストレス社会で生活する上で大きなメリットだと感じる人も多いのではないでしょうか。

注意点

自我が強いことで、周りの人から頼られたり他の人より評価される機会が多くなったり、自分自身の生活が楽しくてストレスが溜まりづらくなるなどのメリットがあります。

しかしながら、自我が強いことは良いことばかりではありません。

時には、自我が強いからこそ他の人は経験しないようなトラブルに直面してしまうこともあるでしょう。

では、自我が強い人はどのようなことに注意して過ごしていくべきなのでしょうか。

自我が強いことによるメリットをしっかり活かすためにも、自我が強い人が覚えておくべき注意点もチェックしていきましょう。

陰口を言われる

陰口
自我が強い人は、ストレートに自分の意見を発する人が多いと言われています。

すなわち、そこに憧れたり賛同したりしてついてきてくれる人が多い一方で、反感を買ってしまうケースも多くなります。

時には出しゃばりで目立ちたがりだとあらぬ陰口を言われてしまうこともあるでしょう。

良くも悪くも目立ってしまう自我が強い人ですので、味方も増えやすくなる一方で必然的に敵も多くなります。

聞こえるように陰口を言われて嫌な思いをしてしまうこともあるでしょう。

言いたいことを言えずにストレスを溜めることはなくても、言いたいことを言ったからこそ敵を作ってしまい、それがストレスの原因となる可能性はあるので注意が必要です。

距離を置かれる

多くの人を助けるからこそ頼られて味方が多くなり、周りの人から慕われるのが自我の強い人のメリットの一つです。

しかし、そうした人を頼る人ばかりではありません。

時には、そうした人を目立ちたがりだと疎ましく思い、陰口を言うことはなくても近くにいると無用なトラブルに巻き込まれそうだと距離を置きたがる人もいるでしょう。

また、自我が強い人の能力が高ければ高いほど、慕われることはあっても「あの人は自分たちとは格が違う人だから」と距離を置かれてしまう場合もあります。

自我が強い人自身は対等な友達を作りたいのに、相手からいつの間にか距離を置かれてしまい悩んでしまうこともあります。

なんでもそつなくこなせるタイプの人は、そうした点にも注意する方が良いかもしれません。

警戒される場合も

陰口を言われたり距離を置かれたりするだけではなく、自我が強い人を警戒してしまう人もいます。

自我が強い人は自分自身の能力をアピールすることが上手いため、仕事でもプライベートでも頼られることが多くなります。

しかしキャパオーバーに陥ってしまうことがあるでしょう。

そういった時、周りにいる普段から自我が強い人に助けられている人が手助けしてくれるケースも少なくはありません。

しかし、そうした状況を第三者が見ていると、目立つために頼られている自我が強い人が、周りの人を都合良く利用しているように見えるケースもあります。

そのため、そうした状況を見て「自分も利用されたくない」と警戒されてしまうこともあるのです。

いつの間にか敵意を持たれたり、仲良くなりたくてもなぜか避けられてしまったりすることもあるでしょう。

自我が強い人になりすぎると要注意かも

自我が強い人は、自分に正直に生きることができるためやりたいことを達成できる可能性も高く、周りの人からも頼られる機会が多くなります。

もちろん、自分自身のストレスが少なくなるというメリットもあるでしょう。

しかしながら、だからといって自我が強すぎると自分のことしか考えられずワガママで独善的な性格になってしまう恐れもあります。

自我が強いことは決して悪いことではありませんが、時には周りの人を気遣う癖をつけるなど、自我が強すぎる人にはならないように注意して生活しましょう。