そのため、没頭できる趣味とはいえども、できるだけお金をかけたくないという本音もあるでしょう。

たとえば、読書や音楽鑑賞など、家でも簡単にできるものであればお金があまりかかりません。