たとえば、60歳で定年と定めている企業は「定年を65歳までに引き上げるのか」もしくは「60歳以上の高齢者が希望すれば65歳まで継続して働ける制度を導入するのか」はたまた「定年というもの自体を廃止してしまうのか」のうち、いずれかを実施する必要があります。