定年を65歳に引き上げ

高年齢者雇用安定法が改正され、60歳以上の希望者が原則65歳まで継続して働けるようになったこともあり「定年=65歳」と思っている人は少なくないかもしれません。