とはいえ、実際に定年を60歳ではなく65歳に引き上げるように選択している企業も増えてきているといわれています。