次に、勤務延長制度は「定年の60歳を過ぎても退職することなく、継続して正社員として雇用される制度」のことで、再雇用制度のように雇用契約の中断がないのが特徴です。