というのも、60歳ともなると、もちろん勤続年数にもよりますがキャリアはかなり期待できます。

そのため「我が社の戦力である人材を、定年に達したというだけで退職させてしまってもいいのか…?」と、企業は考えはじめるわけです。