夫が定年後23年で亡くなったとして、その後、妻のみの生活費を7割としましょう。

そうすると「妻1人になってからの7年×生活費の7割」で、約1,600万円が必要になる可能性があります。