もし、継続して働き続けるとしても、定年前と働き方が異なる場合もあるため、収入減のリスクからはなかなか逃れるのが難しいでしょう。