また、公的年金は一般的に65歳から受け取ることができますが、やはり定年前の現役時代に比べると収入は減ってしまうといえます。