もちろん、これらのリスクに特化した趣味があれば問題ありませんが、多くの場合は怪我や病気のリスクが高くなるでしょう。