そのため、60歳を過ぎると定年退職するというわけです。

ただ、近年では「人生100年時代」といわんばかりに年々、平均寿命が延びています。