「定年後も現役時代と同じような職種で働きたい」と考えているのであれば、継続雇用制度の活用をおすすめします。