そのため、あてもなくダラダラ引きずってしまうよりも、再就職できる確率がグッと高くなる傾向があります。