尊い瞬間14選!あるあるな共感エピソードをご紹介【10~20代編】について
「尊い」という言葉を聞いたことはありませんか?日常会話ではもちろんのこと、最近ではネット上で目にする機会も増えてきたかと思います。

今回は、尊いの本来の意味やネット上での意味、さらには思わず「あるある!」共感してしまうような尊い瞬間について紹介していきます。

尊いとは

「尊い」という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、実際のところ意味を知らないという人もいると思います。

ということで、ここからは「尊い」の意味について説明していきます。

きわめて価値が高い

まず、尊いには「きわめて価値が高い」という意味があります。

人や物、あらゆる事柄に対して使われますが、すべてに共通しているのは「ほかのなにかとは比べようがないほど特別である」ということです。

要するに「ほかの人や物と比べることができないほど、価値が高い」ということになります。

崇高で近寄りがたい

尊いには「崇高で近寄りがたい」という意味もあります。

たとえば、山頂で見た絶景など、美しすぎるがあまり言葉にならない感情などを表現するのに使われます。

また、自分が尊敬している人や憧れている人など、近寄りがたい存在に対しても使われます。

やはり、こちらも「ほかの人や物と比べることができないほど、価値が高い」ということになるでしょう。

身分が高い

尊いには「身分が高い」という意味もあります。

というのも、古代の階級社会においては、人の身分の高さを「尊い」と表現していました。

要するに「尊敬するべきもの」や「大切にするべきもの」という意味が込められているのです。

尊いのネット上での意味

意味
ここまで、尊いについて説明してきましたが少しでも理解を深めていただけたでしょうか?

ここからは現代社会でよく耳にする、ネット上での「尊い」の意味について説明していきます。

本来の意味を踏まえて上で、チェックしてみてくださいね!

主に好きな人物や物事に対して使う

彼氏や好きな人、推しの芸能人やアイドル、好きな人たちの関係性など、ネット上で使われる「尊い」には主に好きな人物や物事に対する感情が表現されています。

言葉にできないほど素晴らしい

ネット上での「尊い」には、好きな人物や物事が言葉にできないほど素晴らしいと感じたときに使われることが多いです。

たとえば、好きなアイドルがカメラ目線になったときや胸キュンセリフを言ったときなど「とにかく素晴らしすぎて言葉にならない!」と感じたときに、つい尊いという言葉を使って、今の自分の気持ちを表現してしまう人が多いといえるでしょう。

神々しい

ネット上で使われる尊いには「神々しい」という意味もあります。

これは、本来の尊いの意味と同様に「好きな人物や物事=きわめて価値が高い」ということになりますので、要するに神々しいというわけなのです。

たとえば、好きなモデルが煌びやかに歩く姿は、まさに神々しいため、思わず尊いと感じてしまうのでしょう。

好きで好きで仕方がないのに、素晴らしすぎて近寄りがたいと感じてしまう対象こそ、尊い存在といえるのかもしれません。

強く感動する

好きな人物や物事に対して強く感動した場合も、尊いという言葉が使われます。

たとえば、好きな歌手と好きなアニメがコラボすることになった場合、強く感動して思わず尊いと感じてしまうはず。

やはり、言葉にできないほど感動した場合には「嬉しい」「幸せ」「素晴らしい」などのポジティブな感情を詰め込んだ「尊い」という言葉を放ってしまうのでしょう。

萌えよりも強い褒め言葉

「萌え」という言葉、こちらもネット上で目にする機会が多いかと思います。

主に好きなアイドルやアニメのキャラクターに対して使われることが多い「萌え」という言葉ですが、これらに対して「尊い」が使われる場合、萌えよりも強い褒め言葉であるといえます。

そのため「ただただ可愛いだけではなく、それ以上だ」と感じた場合は、萌えではなく尊いと表現することがほとんどなのです。

尊いの類語

ここまで、尊いのネット上での意味について説明してきました。

言葉にできないほど素晴らしい場合や、萌えよりも強い褒め言葉であるなど、大体は本来の意味と同じような感じでしたね。

それでは、ここからは尊いの類義語を紹介していきます!

神聖

「神聖」とは、清浄でけがれのないことを意味する言葉です。

特に、宗教や信仰が対象であり、日常の事柄や物事とは区別して扱われるべき、特別な価値を持っていることを表現します。

そのため、好きな芸能人やアニメのキャラクターなどは、自分にとって清浄でけがれのないものですから、神聖といえるのでしょう。

やんごとない

「やんごとない」とは、身分や家柄が高いこと、気品があることを意味する言葉です。

そのため、ただ「身分が高い」ということを表現するだけでなく「地位が高く近寄りがたい」といった意味を含んでいます。

エモい

尊いと同様に「エモい」という言葉もネット上でよく目にする言葉だと思います。

そんなエモいという言葉ですが「感動」「懐かしい」「素晴らしい」など、うまく言葉では言い表せない感情がまとめられているといった感じです。

ただ、エモいは尊いとは違い「悲しい」「切ない」「寂しい」などの少々ネガティブな感情も含まれる場合があります。

天使

「天使」とは、その文字通り天の使い、神の使者を意味する言葉です。

ただ、尊いと同様に天使もまたネット上では本来の意味とは少々異なります。

たとえば「○○ってマジで天使」と使われることが多く「可愛い」「優しい」などの視覚的表現として使われています。

尊い瞬間25選【10~20代編】

ここまで、尊いの類義語を紹介してきました。

尊いと同様にエモい、天使などはネット上で目にする機会も増えているかと思います。

本来の意味を踏まえたうえで、少々異なる表現として使われているので、新しい知識として蓄えておくといいかもしれませんね。

それでは、ここからは「尊い瞬間25選【10~20代編】」について紹介していきます。

好きな人の表情や推しの芸能人やアイドルの活躍など、あなたはどのような瞬間に尊いと感じますか?もしかすると、共感できる内容が見つかるかも!

1:好きな人が真剣に部活に打ち込む姿を見た時

部活
好きな人が真剣に部活に打ち込む姿は、尊いといえるでしょう。

たとえば、キャプテンとして部員全員を引っ張っていく姿、汗水たらしながら必死でボールを追いかける姿など、好きな人が真剣に部活に打ち込む姿を見た時は「カッコいい」「やばい」「感動する」など、うまく言葉では言い表すことのできない感情が込み上げてくると思います。

もし、好きな人が普段は頼りがいのない感じの人であれば、なおさら真剣に部活に打ち込む姿にギャップ萌えを感じて、より尊く感じてしまうはずです。

これらの言葉ではうまく表すことのできないポジティブな感情は、まさに尊いと表現することができるでしょう。

2:好きな人がバイト先で自分を気にかけてくれた

好きな人がバイト先で自分を気にかけてくれた時も、思わず尊いと感じてしまう人が多いと思います。

たとえば、好きな人がわざわざ自分の列に並んでくれて「頑張ってるじゃん」と声をかけてくれたり、同じバイト先で「最近シフト多いけど無理しすぎるなよ」と気遣ってくれるなど。

好きな人が自分のことを気にかけてくれたら「嬉しい」とか「幸せ」とかいろいろな感情が入り混じってしまうため、つい言葉で言い表すのが難しくなってしまいますよね。

そんな瞬間は、まさに尊いといえるのです。

また「私のことを気にかけてくれるなんて、優しすぎるでしょ!」と考えるだけで、あとから尊さがどんどん増していくこともあるでしょう。

3:イケメンが友達と仲の良い姿を見た時

学年一のイケメンが友達と仲良さげに話している姿を見た時は、思わず尊いと感じてしまうのではないでしょうか?

「友達があのイケメンと仲良さげに話している!」とか「2人とも楽しそうで輝いている」など、ただ仲良しそうにしている姿を見ただけなのに、つい感激や感動してしまうはず。

ですが、それらの感情を言葉でうまく表現することができないため、つい尊いと1つの言葉にすべての感情を詰め込んでしまうこともあるでしょう。

たとえば「2人の雰囲気マジで尊い!」とか「あのイケメンと話せるなんて尊すぎるよ~」など、イケメンが友達と仲の良い姿を見た時は、まさに尊い瞬間ですよね。

4:私服姿を初めて見た時

好きな人の私服姿を初めて見た時は、尊い瞬間といえるでしょう。

学生であれば普段は制服姿に見慣れてしまっているでしょうから、私服姿に思わず感動したり、感激してしまう人が多いはず。

また、社会人であっても普段はスーツ姿や作業着姿しか見たことがなかった場合、これまた新しい発見に心が躍るでしょう。

やはり、普段のキャラクターや雰囲気などで勝手に私服をイメージしてしまうため、予想通りであっても、イメージとは真逆であっても、どちらにせよ尊いと感じてしまうはずです。

特に、イメージとは真逆であるけど、それにギャップ萌えを感じた場合は「カッコいい」とか「素晴らしい」などの褒め言葉が寄せ集まって、尊いと表現するのがピッタリだったりします。

5:笑顔を見た時

笑顔
好きな人の顔を見ただけで幸せな気持ちになる人は多いと思いますが、それが笑顔だともっと幸せな気持ちになるのではないでしょうか?

やはり、好きな人の笑顔を見ると「カッコいい」や「可愛い」「素晴らしい」などの幸せホルモンがたくさん分泌されると思います。

要するに、幸せよりももっと幸せで、なんといっていいのか分からない感情こそ、尊いといえるでしょう。

たとえば、友達と仲良さげに話ながら笑っている姿、たまたま目が合った時にニコッと微笑んでくれた姿など、思わず「尊い!」と心の中で叫んでしまう瞬間があるはずです。

もちろん、好きな人の笑顔の理由が自分に近ければ近いほど、尊いという気持ちも大きくなっていくでしょう。

6:無防備な姿を見た時

寝顔やぼーっとしている時など、無防備な姿を見たときは思わず尊いと感じてしまうはずです。

やはり、無防備な姿は、その人の素といえるため「こんな表情もあるんだ」とか「なんだか守ってあげたくなる」など、母性本能だったりとあらゆる本能を刺激されるでしょう。

たとえば、普段はかっこよくスマートに振る舞っている彼氏の寝顔を見たときは「可愛い」や「癒される」という感情だけでは抑えることができないと思います。

そんな時は、まさに尊い瞬間といえるのです。

ほかにも、男友達が楽しそうにはしゃいでいる姿や、推しの芸能人の寝顔ショットなど無防備な姿を見ることで、また新たな感情が芽生えてくるかもしれませんね。

7:偶然目が合った時

好きな人と偶然目が合った時って「嬉しい」とか「やばい」といったあらゆる感情が一気に込み上げてくるかと思います。

まさに、その瞬間は尊いといえるでしょう。

たとえば、好きな先輩が出ている試合を観に行った時、偶然目が合うとドキドキせずにはいられないはず。

また、別々に話しているのに、ふと好きな人を見てみたら相手もたまたまこちらを見てきて目が合った時など、目を合わせようとしているわけではないのに偶然目が合ったときは、尊いと思うでしょう。

このように、意図していなかったからこそ、普通に目を合わせている時よりも嬉しかったり、ドキドキしたりしますよね。

それらのポジティブな感情をすべて詰め合わせて、尊いと表現するのかもしれないですね。

8:さりげなく褒められた時

「今日の髪型なんかいい感じじゃん」や「いっつも真面目に頑張ってるよね」など、さりげなく褒められた時って、その時は驚いて特になにも感じなくても、あとから嬉しさや幸せな気持ちが込み上げて来るかと思います。

その瞬間は、まさに尊い瞬間といえるでしょう。

ただ、ガッツリと褒められるのではなく、さりげなく褒められるからこそ、照れ臭いような気がしますよね。

それに、もし褒めてくれた相手が好きな人だった場合は、なおさら尊いと感じてしまうはず。

「私って、あの時○○に褒められたんだよね!」と思い出すたびに、心が舞い上がって、思わず「尊い~」と叫びたくなるでしょう。

9:普段の姿とのギャップを知った時

いつもはクールにキメているのにお茶目な姿が見れた時や、なんとなく頼りないイメージなのに男らしく引っ張っていってくれた時など、普段の姿とのギャップを知った時は尊い瞬間といえるでしょう。

やはり、ギャップ萌えは恋心をくすぐる大きな要因です。

それに、普段とは違う姿を見れて嬉しいような、照れ臭いような、あらゆる感情が混じり合うからこそ、尊いといえるのでしょう。

もし、普段の姿とのギャップを知った相手が好きな人だった場合は、より一層気持ちが大きくなるかも。

男友達や特に意識していなかった相手であっても、尊いと思うことで新たな感情が芽生えることもあるかもしれませんね。

10:バレンタインチョコを照れながら受け取ってくれた時

バレンタインチョコ
彼氏や好きな人がバレンタインチョコを照れながら受け取ってくれた時も「可愛い」や「嬉しい」などの感情が混じり合って、尊いと思ってしまうはず。

やはり、彼氏や好きな人がバレンタインチョコを受け取ってくれるだけでも十分嬉しいですが、それが照れながらだと余計にキュンキュンしてしまうと思います。

「もしかして喜んでくれているのかな?」とか「私からのバレンタインチョコで照れてくれるなんて嬉しすぎる!」と、思わずテンションが上がってしまうでしょう。

まさに、そんな幸せな瞬間を尊いというのです。

11:両想いなのに照れて素直になれない姿

両想いなのに照れて素直になれない姿を見ると、尊いと感じてしまう人も多いのではないでしょうか?

たとえば、片想い中の相手が自分のことを好きらしいと聞いたのに、どうにも相手が素直になれていない姿を見たときは、もどかしさだけでなく「素直になれないなんて子どもみたいで可愛い」と、つい尊いと思ってしまうはず。

それに、両想いだと気づいていてもガツガツ来るのではなく、素直になれずに遠回りしている不器用な姿にも、つい心をくすぐられてしまうと思います。

また、好きな芸能人が出ているドラマなどでも、両想いなのに照れて素直になれない姿を見てしまったら、つい尊いと感じてしまうでしょう。

12:お揃いのアイテムを身につけてくれた時

お揃いのアイテムを身につけてくれた時は、思わず尊いと思ってしまいますよね。

たとえば、照れ屋な性格で普段はペアグッズなどは嫌がる彼氏が、自分からお揃いのアイテムを身につけてくれた時は「嬉しい」「可愛い」「優しい」などの感情が込み上げてくるでしょう。

また、自分がプレゼントしたお揃いのアイテムを身につけてくれた時も「私は今、彼とお揃いのアイテムを身につけているんだ~」とか「お揃いのアイテムを身につけてくれるなんて、愛が溢れてるよ」と、非常にポジティブな感情が込み上げてくるため、つい尊いと感じてしまうはずです。

13:好きだった人が同窓会で社会人に成長した姿を見た時

学生の頃に好きだった人が同窓会で社会人に成長した姿を見た時は、尊い瞬間といえるでしょう。

たとえば、好きだった人が学生の頃はヤンチャ系の人だった場合は、社会人になり大人の色気や頼りがいを感じて「あの子がこんな風に成長したなんて…!」と、思わず尊いと思ってしまうはず。

やはり、好きだった人が同窓会で社会人に成長した姿を見た時は、学生の頃と今とでギャップを感じる確率が高いですから、萌えよりも褒める意味となる尊いがピッタリになるでしょう。

また、尊いと感じることで惚れ直したり、見直したりと、新たに恋がはじまるかもしれませんね。

14:推しの芸能人の活躍を見るだけで

推しの芸能人の活躍を見るだけでも、尊いと思える瞬間はたくさんあると思います。

たとえば、出会った頃は雑誌の1ページに載るだけで喜んでいた推しの芸能人が、表紙まで飾るようになった場合「嬉しい」「素晴らしい」「やばい」といったあらゆる感情が込み上げてくるはずです。

また、推しの芸能人がドラマや映画で主役をやったり、CMに出演するなど、とにかく活躍を見るだけで尊いと感じてしまうでしょう。

推しの芸能人が活躍するにつれて「また、さらに遠い存在になった気がして寂しい…」と感じる人もいると思いますが、それでも尊いと思えるということは、本気で応援している証といえるかもしれませんね。

15:推しの芸能人たちの共演が実現した時

推しの芸能人たちの共演が実現した時は、まさに尊いと思ってしまうでしょう。

やはり、推しの芸能人が1人で活躍している姿を見るのも十分幸せですが、2人以上で共演となると「素晴らしいよりも素晴らしい」「幸せよりも幸せ」と、尊いと表現するのにピッタリな感情が込み上げてくるかと思います。

それに、推しの芸能人たちの活躍を同時に見られるわけですから、なんともお得な感じがしますよね。

もし、ドラマや映画での共演であれば、友達やライバルなど演じる役によっても尊さが変わってくるでしょう。

また、雑誌やバラエティー番組などでの共演でも尊いと感じてしまうと思います。

16:推しの芸能人の肉体美を見た時

推しの芸能人の肉体美を見た時は「カッコいい」とか「やばい」といった感情が入り混じって、つい尊いと思ってしまうでしょう。

特に、パッと見た感じ「ただの細身な人」が雑誌などで肉体美を披露した時は、驚きはもちろんのことギャップを感じるはず。

また、推しはじめた頃は頼りがいのないイメージで、子どもだと思っていた芸能人が、年齢を重ねて男らしくなっていた時は「いつの間にこんなに素晴らしくなったの!」や「きっと、たくさん努力したんだろうな…」と、尊さを感じてしまうと思います。

17:推しのアイドルのコンサートチケットに当選した時

コンサートチケット
推しのアイドルのコンサートチケットに当選した時は、まさに尊い瞬間といえるでしょう。

「これから推しに会えるんだ!」という喜びや嬉しさなど、ポジティブな感情が溢れ出てきて止まらないと思います。

特に、最近仕事が忙しくてコンサートに行けていなかった人、非常に人気があり倍率が高いコンサートである場合は、より一層自分がコンサートに行き、推しのアイドルに会えるという事実を尊く思ってしまうでしょう。

18:推しのアイドルの歌がうまくなっていた時

推しのアイドルの歌がうまくなっていた時は、尊いと感じる瞬間だと思います。

もともと歌がうまかったとしても、そうでなかったとしても「歌がうまくなっている!」と感動や感激するだけで尊いといえるでしょう。

ただ、歌がうまくなっていることに感動や感激するだけでなく「こんなに歌がうまくなっているということは、きっとたくさん努力したんだろうな…」と考えることで、さらに尊さが増していくはずです。

また「推しがこんなに頑張っているんだから、私ももっと頑張らなくちゃ!」と、尊さを感じるだけでなく、励まされることもあるかもしれませんね。

19:推しのアイドルがファンサービスをしてくれた時

推しのアイドルがファンサービスをしてくれた時は、まさに尊い瞬間といえるでしょう。

たとえば、コンサートにて手を振ってくれたり、投げキッスをしてくれるなど、思わずテンションが上がり尊いと感じてしまうはず。

やはり、推しのアイドルは見ているだけでも十分幸せな気持ちになれますが、ファンサービスをしてくれたとなると別格ですよね。

「嬉しい」と「幸せ」といった気持ちよりも上を行く気持ちが込み上げ、つい尊いと思ってしまうのでしょう。

また、コンサート後に「あの時のあのファンサービスは尊すぎるよ…」と余韻に浸るのもいいですね。

20:SNSのコメントに反応してくれた時

推しの芸能人やアイドルがSNSのコメントに反応してくれた時は、まさに尊い瞬間ですよね。

たとえば「今日のコンサート行きました!めっちゃカッコよかった~」というコメントに対していいねをくれたり「ありがとう」と返してくれると、嬉しい気持ちと幸せな気持ちでいっぱいになり、尊く感じてしまうと思います。

また、SNSでの生配信でコメントを読み上げてくれたり、名前を呼んでくれるなど、なにかしら反応してくれることで「私はこの人を推していてよかった!」とか「数多いコメントの中から私のコメントを選んでくれてありがとう!」と、ポジティブな感情がどんどん溢れ出てくるはずです。

その瞬間こそ、まさに尊い瞬間といえるでしょう。

21:真面目な表情を見た時

真面目な表情を見た時は、尊い瞬間だと思います。

たとえば、テストに向けて真面目に勉強している時の表情や、自分の相談を真面目に聞いてくれている時の表情など、普段とは違った真面目な表情を見た時は、思わずあらゆる感情が込み上げてくるでしょう。

特に、いつもは真面目な表情を見せない相手が、ここぞという時に真面目な表情をしていると「この人にはこんな一面もあるんだな」とか「真面目な表情になるだけでイメージがめっちゃ変わる」など、ギャップを感じることで尊さが増すことがあるかもしれませんね。

22:感謝の気持ちを伝えてくれた時

男友達から面と向かって「ありがとう」と言われたり、彼氏や好きな人から感謝の気持ちを伝えられると、思わず尊いと感じることがあるでしょう。

やはり、感謝の気持ちを伝えられると、なんだか温かい気持ちになりますよね。

ただ、その感謝の気持ちを伝えてくれた相手によっては、感じるものも変わってくると思います。

もし、慣れ親しんだ仲の男友達であれば、面と向かって感謝の気持ちを伝えられることで、照れ臭い気持ちと同時にグッとくるものがあるでしょう。

彼氏や好きな人の場合は「嬉しい」「幸せ」「やばい」など、尊いと表現するのがピッタリな感情が込み上げてくるはずです。

23:好きな人が自分の手料理を美味しそうに食べてくれた時

好きな人が自分の手料理を美味しそうに食べてくれた時は、まさに尊い瞬間だと思います。

そもそも、好きな人が自分の手料理を食べてくれるだけで幸せな気持ちになりますが「美味しい!」と、どんどん食べてくれる姿を見ると、幸せな気持ちだけでは収まらないはずです。

また、好きな人が自分の手料理を美味しそうに食べている姿は、とても無邪気で可愛らしく母性本能をくすぐられたり、将来を想像してしまうこともあるでしょう。

そのため、好きな人が自分の手料理を美味しそうに食べてくれた時には「私の手料理を美味しそうに食べてくれて本当にありがとう!」と、尊い気持ちで溢れてしまうはずです。

24:好きな人が目標に向かって一生懸命頑張っている姿を見た時

好きな人が目標に向かって一生懸命頑張っている姿を見た時は、尊いと思わずにはいられないのではないでしょうか?

やはり、目標に向かって一生懸命頑張っている姿は、非常に輝いていますよね。

特に、好きな人の場合は、もともと輝いて見えているわけですから、一生懸命頑張っている姿を見ようものならば、尊いと思わざるを得ないはずです。

たとえば、就職に向けてきちんと準備をしたり、部活での試合に向けて朝早くから練習しているなど、目標に向かって一生懸命頑張っている姿は、尊いと思わせるだけでなく「私も頑張らなくちゃ!」と背中を押してくれるかもしれませんね。

25:好きな人が自分のためにプレゼントを選んでくれている姿を想像した時

好きな人が自分のためにプレゼントを選んでくれている姿を想像した時は、国尊い瞬間といえるのではないでしょうか?

たとえば、誕生日プレゼントやクリスマスプレゼントをもらった時に、もらったことに対して喜びが溢れ出てくると思います。

ただ、それだけでなく「彼が私のために選んでくれたんだ」と自分のためにプレゼントを選んでくれている姿を想像すると、また幸せな気持ちが溢れ出してくるはずです。

このように、喜びや幸せなどの感情が入り混じり「なんて尊いんだ…」と思ってしまうのでしょう。

尊い瞬間は共感できるエピソードでいっぱい

尊いの本来の意味やネット上での意味、さらには思わず「あるある!」共感してしまうような尊い瞬間について紹介してきました。

最近、ネット上で目にする機会が増えた「尊い」という言葉について「最初は意味がよく分からなかった」という人も「こういう瞬間を尊いっていうのか!」と理解を深めていただけたのではないでしょうか?

彼氏や好きな人、推しの芸能人やアイドルに対して、あらゆるポジティブな感情が込み上げてくる場面はたくさんあると思います。

その際は、ぜひ「尊い」という言葉を活用してみてくださいね!