顔でかいと感じてしまう女性必見!小顔に見えるおすすめな方法について
顔でかいと感じてしまう女性の多くは、小顔になりたい!というのは誰もが日々感じている願いではないでしょうか。

小顔であることは可愛い女性になるために必要な大切なポイントです。

人気女優やモデルの多くは小顔の持ち主ですよね。

芸能人のように可愛い小顔になるためにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

今回は小顔に見えるおすすめの方法について詳しく紹介していきます。

小顔に見せる方法を習得し、悩みを解消してモテ女に変身しましょう。

小顔は永遠の夢?

人気女優やモデルの多くは顔が小さいですよね。

小顔であることはモテるための大切なポイントであり、可愛いを大きく左右する要因でもあります。

「小顔ですね」というのは一種の褒め言葉でもあり、言われたら嬉しいですよね。

顔の骨格は生まれたときからある程度決まっており、「骨格が大きいから」と諦めてはいませんか?

骨格が大きな方でも小顔に見せる方法はたくさんあります。

小顔に見せる方法を習得し、永遠の夢である可愛い小顔を手に入れましょう。

努力次第で小顔になれる

小顔かどうかは生まれもった骨格によって左右されると思っている人も多いでしょう。

確かに小顔の女性はもともと顎が小さかったり、エラがなかったりするケースがあります。

しかし、だからといって顔が大きいと悩んでいる人が小顔になれないというわけではありません。

実は努力次第で小顔になることは可能なのです。

つまり正しい努力の仕方を身につければ、多くの人が夢の小顔を手に入れられるのです。

自分の顔が大きく見える原因を知ろう!

夢の小顔を手に入れるためには、自分の顔が大きく見える原因を知ることが大切です。

多くの女性は顔が大きく見えるのは、自分の骨格に問題があるのだと勘違いをしています。

確かに骨格が大きいというのも顔が大きく見えてしまう原因のひとつですが、顔の大きさに悩むすべての女性が骨格に問題を抱えているというわけではありません。

顔が大きく見える原因は人それぞれ異なり、それを解決する方法も人それぞれ異なります。

小顔を手に入れるためには、顔が大きく見える原因を知り、適切な対応をすることが重要です。

まずは自分の顔が大きく見えてしまう原因を知るようにしましょう。

顔でかい!と感じてしまう原因とは?

顔でかいと感じてしまう原因
顔の大きさに悩んでいる女性は少なくありません。

鏡を見るたびに「私って顔が大きいな」と落ち込んでしまう人もいるでしょう。

それではなぜ、顔が大きいと感じてしまうのでしょうか。

多くの女性は自分の骨格が大きいせいだと勘違いをしています。

確かに骨格の大きさも顔が大きく見えてしまう原因のひとつではありますが、すべての女性にそれが当てはまるというわけではありません。

顔が大きく見えてしまう原因は人それぞれ異なり、その解決方法も人それぞれ異なります。

まずは自分の顔が大きく見えてしまう原因について考えてみましょう。

次は顔でかい!と感じてしまう原因について詳しく紹介していきます。

顔のパーツのバランスが悪い

顔が大きく見えてしまう原因に、顔のパーツのバランスが悪いことが挙げられます。

目、鼻、口などの顔のパーツが同じでも、その位置が少しズレただけで顔が大きく見えます。

顔には小顔に見える魔法の比率というのが存在します。

美しい女性はこの魔法の比率を持っており、整った顔立ちに見えるのです。

小顔に見える魔法の比率とは、両目の間隔が1:1:1であることと、目から小鼻までが1、目からまっすぐ下に伸ばした距離が2であることを指します。

このバランスが取れていないと顔全体が横や縦に伸びた印象を与えてしまいます。

実は小顔に見える魔法の比率は女性の顔の平均値を取ったものです。

顔の大きさにコンプレックスを持った人も有名モデルもすべて足して割ればこの比率になります。

小顔に見える魔法の比率は小顔だけでなく、日本女性の美しさの基準にもなっています。

顔のパーツのバランスは小顔だけでなく、美人に近づくためのポイントでもあるのです。

この比率は生まれもったものであることもありますが、加齢に伴うたるみでも変わってきます。

最初から魔法の比率を持っていても、頬や口角のたるみによってバランスが崩れることもあります。

顔のパーツが小さい

顔のパーツが小さい
顔が大きく見えてしまう原因に、顔のパーツが小さいということが挙げられます。

バランスのいい顔でもひとつひとつのパーツが小さいとそれだけ輪郭が目立ってしまいます。

目や鼻、口などのパーツは動きがあるため、顔の中でも目立つ部分です。

ひとつひとつのパーツが小さいと、パーツ以外の部分が余白として認識されることがあります。

コピー用紙に小さい文字をぽつぽつと配置すると周囲の余白がとても広く感じますよね。

それでは文字のサイズを大きくしたらどうでしょうか。

全体のバランスが整い、周りの余白もあまり気にならなくなります。

顔のパーツがひとつひとつ小さいということは、このコピー用紙と同じような印象を受けるのです。

同じ骨格でも余白が多ければ多いほど、顔が大きいように感じてしまうこともあります。

顔のパーツのバランスも大切ですが、パーツのサイズも顔の大きさと密接な関係にあるのです。

顔のパーツが大きい

顔が大きく見えてしまう原因に、顔のパーツが大きいということが挙げられます。

顔のパーツが小さい方と同様に、実はパーツが大きい方も顔が大きく見えてしまうのです。

丸顔や卵型の顔の方であればそれほど目立ちませんが、頬骨が張っていたり、エラが張っていたりする方は、顔のパーツが大きいと本来の顔のサイズよりも大きく見えてしまうことがあります。

顔のパーツは相手の印象に強く残るため、ひとつひとつが大きいとそれだけ目立ってしまいます。

丸顔や卵型の顔の方の場合、パーツが大きいことで小顔に見える可能性があります。

一方、顔が横に広い人にとっては、パーツが大きいことで顔がより横に広く見えてしまうのです。

メイク方法を工夫するなどしてある程度解決することができます。

背が低い

顔が大きく見えてしまう原因に、背が低いことが挙げられます。

これは顔だけでなく全身のバランスの問題であり、華奢な人ほど顔が大きく見えてしまうのです。

実際に同じ顔の大きさでも背が高い人は、それほど顔の大きさが気になりません。

一方、背の低い方は全体的に華奢なため、顔が大きくなくても顔が大きいように見えてしまいます。

よく「八頭身の人はスタイルがいい」と言いますよね。

頭身とは身体と頭の長さとの割合を表したものであり、数が多いほどスタイルがよく見えます。

背の低い方はどうしても身体と頭の長さの割合が低くなってしまいます。

同じ顔の大きさの方でも170cmの人と160cmの人とでは全体のバランスが変わってきますよね。

華奢な方は大柄な人の隣に立つと、どうしても顔が大きく見えてしまいがちになってしまうのです。

肩幅が小さい

顔が大きく見えてしまう原因に、肩幅が小さいということが挙げられます。

これは背が低いことと同様に、全体的なバランスの問題のひとつです。

もともと肩幅が狭い人もいますが、上半身の筋肉が薄いために華奢な印象の人もいます。

身体が華奢だと不安定なところに頭が乗っているように見え、顔が大きく見えてしまいます。

極端な例ですが、筋肉ムキムキの男性ほど顔が小さく見えますよね。

これは顔の近くにある比較対象が、顔よりも小さいことで小顔効果を発揮しているのです。