顔でかいと感じてしまう女性必見!小顔に見えるおすすめな方法について
顔でかいと感じてしまう女性の多くは、小顔になりたい!というのは誰もが日々感じている願いではないでしょうか。

小顔であることは可愛い女性になるために必要な大切なポイントです。

人気女優やモデルの多くは小顔の持ち主ですよね。

芸能人のように可愛い小顔になるためにはどのようなことをすればいいのでしょうか。

今回は小顔に見えるおすすめの方法について詳しく紹介していきます。

小顔に見せる方法を習得し、悩みを解消してモテ女に変身しましょう。

小顔は永遠の夢?

人気女優やモデルの多くは顔が小さいですよね。

小顔であることはモテるための大切なポイントであり、可愛いを大きく左右する要因でもあります。

「小顔ですね」というのは一種の褒め言葉でもあり、言われたら嬉しいですよね。

顔の骨格は生まれたときからある程度決まっており、「骨格が大きいから」と諦めてはいませんか?

骨格が大きな方でも小顔に見せる方法はたくさんあります。

小顔に見せる方法を習得し、永遠の夢である可愛い小顔を手に入れましょう。

努力次第で小顔になれる

小顔かどうかは生まれもった骨格によって左右されると思っている人も多いでしょう。

確かに小顔の女性はもともと顎が小さかったり、エラがなかったりするケースがあります。

しかし、だからといって顔が大きいと悩んでいる人が小顔になれないというわけではありません。

実は努力次第で小顔になることは可能なのです。

つまり正しい努力の仕方を身につければ、多くの人が夢の小顔を手に入れられるのです。

自分の顔が大きく見える原因を知ろう!

夢の小顔を手に入れるためには、自分の顔が大きく見える原因を知ることが大切です。

多くの女性は顔が大きく見えるのは、自分の骨格に問題があるのだと勘違いをしています。

確かに骨格が大きいというのも顔が大きく見えてしまう原因のひとつですが、顔の大きさに悩むすべての女性が骨格に問題を抱えているというわけではありません。

顔が大きく見える原因は人それぞれ異なり、それを解決する方法も人それぞれ異なります。

小顔を手に入れるためには、顔が大きく見える原因を知り、適切な対応をすることが重要です。

まずは自分の顔が大きく見えてしまう原因を知るようにしましょう。

顔でかい!と感じてしまう原因とは?

顔でかいと感じてしまう原因
顔の大きさに悩んでいる女性は少なくありません。

鏡を見るたびに「私って顔が大きいな」と落ち込んでしまう人もいるでしょう。

それではなぜ、顔が大きいと感じてしまうのでしょうか。

多くの女性は自分の骨格が大きいせいだと勘違いをしています。

確かに骨格の大きさも顔が大きく見えてしまう原因のひとつではありますが、すべての女性にそれが当てはまるというわけではありません。

顔が大きく見えてしまう原因は人それぞれ異なり、その解決方法も人それぞれ異なります。

まずは自分の顔が大きく見えてしまう原因について考えてみましょう。

次は顔でかい!と感じてしまう原因について詳しく紹介していきます。

顔のパーツのバランスが悪い

顔が大きく見えてしまう原因に、顔のパーツのバランスが悪いことが挙げられます。

目、鼻、口などの顔のパーツが同じでも、その位置が少しズレただけで顔が大きく見えます。

顔には小顔に見える魔法の比率というのが存在します。

美しい女性はこの魔法の比率を持っており、整った顔立ちに見えるのです。

小顔に見える魔法の比率とは、両目の間隔が1:1:1であることと、目から小鼻までが1、目からまっすぐ下に伸ばした距離が2であることを指します。

このバランスが取れていないと顔全体が横や縦に伸びた印象を与えてしまいます。

実は小顔に見える魔法の比率は女性の顔の平均値を取ったものです。

顔の大きさにコンプレックスを持った人も有名モデルもすべて足して割ればこの比率になります。

小顔に見える魔法の比率は小顔だけでなく、日本女性の美しさの基準にもなっています。

顔のパーツのバランスは小顔だけでなく、美人に近づくためのポイントでもあるのです。

この比率は生まれもったものであることもありますが、加齢に伴うたるみでも変わってきます。

最初から魔法の比率を持っていても、頬や口角のたるみによってバランスが崩れることもあります。

顔のパーツが小さい

顔のパーツが小さい
顔が大きく見えてしまう原因に、顔のパーツが小さいということが挙げられます。

バランスのいい顔でもひとつひとつのパーツが小さいとそれだけ輪郭が目立ってしまいます。

目や鼻、口などのパーツは動きがあるため、顔の中でも目立つ部分です。

ひとつひとつのパーツが小さいと、パーツ以外の部分が余白として認識されることがあります。

コピー用紙に小さい文字をぽつぽつと配置すると周囲の余白がとても広く感じますよね。

それでは文字のサイズを大きくしたらどうでしょうか。

全体のバランスが整い、周りの余白もあまり気にならなくなります。

顔のパーツがひとつひとつ小さいということは、このコピー用紙と同じような印象を受けるのです。

同じ骨格でも余白が多ければ多いほど、顔が大きいように感じてしまうこともあります。

顔のパーツのバランスも大切ですが、パーツのサイズも顔の大きさと密接な関係にあるのです。

顔のパーツが大きい

顔が大きく見えてしまう原因に、顔のパーツが大きいということが挙げられます。

顔のパーツが小さい方と同様に、実はパーツが大きい方も顔が大きく見えてしまうのです。

丸顔や卵型の顔の方であればそれほど目立ちませんが、頬骨が張っていたり、エラが張っていたりする方は、顔のパーツが大きいと本来の顔のサイズよりも大きく見えてしまうことがあります。

顔のパーツは相手の印象に強く残るため、ひとつひとつが大きいとそれだけ目立ってしまいます。

丸顔や卵型の顔の方の場合、パーツが大きいことで小顔に見える可能性があります。

一方、顔が横に広い人にとっては、パーツが大きいことで顔がより横に広く見えてしまうのです。

メイク方法を工夫するなどしてある程度解決することができます。

背が低い

顔が大きく見えてしまう原因に、背が低いことが挙げられます。

これは顔だけでなく全身のバランスの問題であり、華奢な人ほど顔が大きく見えてしまうのです。

実際に同じ顔の大きさでも背が高い人は、それほど顔の大きさが気になりません。

一方、背の低い方は全体的に華奢なため、顔が大きくなくても顔が大きいように見えてしまいます。

よく「八頭身の人はスタイルがいい」と言いますよね。

頭身とは身体と頭の長さとの割合を表したものであり、数が多いほどスタイルがよく見えます。

背の低い方はどうしても身体と頭の長さの割合が低くなってしまいます。

同じ顔の大きさの方でも170cmの人と160cmの人とでは全体のバランスが変わってきますよね。

華奢な方は大柄な人の隣に立つと、どうしても顔が大きく見えてしまいがちになってしまうのです。

肩幅が小さい

顔が大きく見えてしまう原因に、肩幅が小さいということが挙げられます。

これは背が低いことと同様に、全体的なバランスの問題のひとつです。

もともと肩幅が狭い人もいますが、上半身の筋肉が薄いために華奢な印象の人もいます。

身体が華奢だと不安定なところに頭が乗っているように見え、顔が大きく見えてしまいます。

極端な例ですが、筋肉ムキムキの男性ほど顔が小さく見えますよね。

これは顔の近くにある比較対象が、顔よりも小さいことで小顔効果を発揮しているのです。

少年漫画に登場する筋肉ムキムキのキャラクターも顔が小さく見えるでしょう。

現実には存在しないようなキャラクターもいますが、わかりやすく表現すればそれと同じです。

小顔を目指すためには、顔の骨格だけでなく全体のバランスにも注目する必要があります。

実際の顔のサイズは平均的な場合、身体とのバランスを調整した方が効果的かもしれません。

むくんでいる

顔が大きく見えてしまう原因に、顔のむくみが挙げられます。

不規則な生活や乱れた食生活はむくみの原因です。

小顔を目指すのであれば、規則正しい生活とバランスの取れた食事を摂ることが大切です。

他にも運動不足により血行が悪くなり、顔がむくんでしまうケースもあります。

むくみは蓄積される場合があるため、日頃から運動やマッサージをすることも重要です。

むくみを解消するためには規則正しい生活や食生活の見直し、適度な運動、アルコールを控えるための肝休日をつくることが大きなポイントです。

小顔矯正エステに通うよりもリーズナブルに小顔を手に入れられるかもしれません。

顔の骨格が大きい

顔が大きく見えてしまう原因に、顔の骨格が大きいということが挙げられます。

もともと骨格が大きい人にとっては重大な問題ですよね。

骨格が大きいことが原因の場合、小顔になるための整形手術をする必要があります。

一方、姿勢の悪さや癖によって骨格が歪み、顔が大きく見えてしまっている場合もあります。

自分では「生まれたときから骨格が大きい」と思い込んでいても、実は日頃の生活習慣や姿勢などが原因で顔が大きくなってしまっていることも少なくありません。

姿勢や骨格の歪みが原因の場合、小顔矯正エステや整体によって改善されることもあります。

本当にもともと骨格が大きいのかどうかをきちんと見極めてから整形手術を検討しましょう。

噛み合わせなどが原因で顔が歪んでいる

顔が大きく見えてしまう原因に、噛み合わせなどが原因で顔が歪んでいることが挙げられます。

顔には咬筋という筋肉があります。

咬筋は咀嚼筋のひとつであり、強く咀嚼することで発達します。

昔の人は堅いものをよく食べていたため、咬筋が発達ししっかりとした骨格をしています。

一方、最近は柔らかい食べ物が増えたため咬筋が衰え、ほっそりとした輪郭の人が増えています。

食べ物をしっかり噛むことは健康的にもとても大切なことですが、必要以上に歯を噛みしめてしまうと咬筋が発達し、顔が大きく見えてしまう原因になってしまいます。

咬筋は食べ物の咀嚼だけでなく、睡眠中の歯ぎしりなどでも発達してしまう可能性があります。

歯ぎしりは咬筋の発達だけでなく、骨格を歪ませる原因にもなるので適切な対処が必要です。

顔がたるんでいる

顔が大きく見えてしまう原因に、顔がたるんでいるということが挙げられます。

特に頬や口角がたるんでしまうと、顔全体が重力に逆らえず顔が大きく見えてしまいます。

普段から無表情の方は顔の筋肉が衰えやすいと言われています。

接客業の方は日頃からニコニコしており、表情筋をよく動かすので小顔効果が期待できます。

無表情以外にも俯いた姿勢も顔の筋肉を衰えさせる原因になります。

最近はスマホの普及により、俯いた姿勢を取っている時間が長くなってしまいがちです。

下ばかり見ていると二重顎になってしまう恐れもあるため、注意が必要です。

他にも頭皮が固い場合も顔のたるみを引き起こしてしまう可能性があります。

顔の皮膚は頭皮と繋がっているため、頭皮が衰えると顔の筋肉も少しずつ下がってしまうのです。

顔のマッサージだけでなく、頭皮マッサージも併せて行うことで小顔効果を期待できるでしょう。

小顔に見えるおすすめな方法9選!

小顔に見えるおすすめな方法
「顔が大きくて嫌!」と悩んでいる方も小顔に見せる方法はたくさんあります。

元の骨格を小さくすることはできなくても、メイクやマッサージで小顔を手に入れられます。

それでは小顔に見せるためにはどのような方法があるのでしょうか。

次は小顔に見えるおすすめな方法について詳しく紹介していきます。

1.目・鼻・口のバランスを整えるメイクをする

前項でも述べた通り、小顔に見せるためには目・鼻・口のバランスを整えることが大切です。

美しい顔には魔法の比率があり、そのバランスを保てば骨格に関係なく小顔効果が期待できます。

女性の場合、メイクによって魔法の比率をつくることが可能です。

日頃のメイクを変えることで簡単に小顔効果を得られたら嬉しいですよね。

まずは目・鼻・口のバランスを整え、小顔に見せるためのメイクについて詳しく紹介していきます。

ファンデーション

みなさんは普段どのようにファンデーションを塗っていますか?

多くの女性は一色のファンデーションを顔全体に塗ってきめ細やかな肌をつくっているでしょう。

小顔効果を狙ったメイクをするためには、いつもよりも濃い色のファンデーションをプラスしましょう。

用意するファンデーションはブランドのものでなくても構いません。

まずは濃いめのファンデーションを気になる部分に塗っていきます。

その際、ファンデーションを手に取り、頬骨やエラなどに少しずつ塗っていくことがポイントです。

最初から思い切り塗ってしまうと劇画タッチの顔になってしまうため慎重に塗っていきます。

次にいつものファンデーションを塗っていきます。

先に塗った濃いめのファンデーションとの境は指やパフで少しずつなじませていきましょう。

明るいトーンと暗いトーンの部分をつくることで、メリハリのある顔に変身できます。

ファンデーションを塗る際は明るいトーンと暗いトーンの境をきちんとぼかすことが重要です。

ここの境が目立ってしまうと不自然な印象になってしまうため注意が必要です。

チーク

チーク
チークの塗り方もカラーや乗せる位置によって小顔をつくることができます。

顔を小さく見せるためにはオレンジ系のカラーよりも、ピンク系やコーラル系のカラーを選びましょう。

ピンク系やコーラル系のチークは肌になじみやすく、顔に自然な明るさを出してくれます。

チークを塗る際はブラシにチークを乗せ、笑ったときに頬が一番高くなる位置に塗ります。

その際、頬から耳の上にかけて斜め上を意識して横広に塗りましょう。

顔の余白にチークを塗ることで全体のバランスが整い、顔が大きく見えるのを防いでくれます。

チークを入れるときのポイントはしっかりとぼかすことです。

色が濃くなり過ぎてしまった場合は、上からパウダーファンデーションを乗せてぼかしましょう。

ノーズシャドウ

小顔メイクをするときは、ノーズシャドウを活用しましょう。

ノーズシャドウとは鼻筋に影を入れるメイク方法を指し、鼻を高く見せる効果があります。

顔全体に陰影をつけることでメリハリのある顔になり、小顔効果を期待することができます。

ノーズシャドウは眉から鼻にかけての両サイドに薄く入れましょう。

あまり濃すぎてしまうと派手な印象になってしまい、厚化粧に見えてしまいます。

色が濃すぎる際はファンデーションで軽く整え、綺麗にぼかすのがポイントです。

メリハリがあまり出ない場合は、鼻筋にハイライトを入れるといいでしょう。

シャドウを濃くし過ぎるよりは、ハイライトを入れた方が自然にメリハリをつけることができます。

人間の脳は陰影のメリハリがある物体を見ると立体感が強調され、その物が小さく見えます。

ノーズシャドウは鼻筋を強調させ、奥行を持たせることで顔が小さく見えるということです。

アイブロウ

小顔メイクをするときは、眉の長さや形にも注意しましょう。

眉は顔の印象を大きく左右する大切なパーツのため、描き方ひとつで小顔にもなれます。

眉毛を描くときは眉尻を少し長めに書きましょう。

長くことで顔の余白を埋めることができ、顔全体が引き締まった印象になります。

顔のパーツが大きいため顔も大きく見えてしまうという人は、いつもより短めに描きましょう。

眉毛は最も簡単に左右のバランスを取りやすいパーツでもあります。

自分の輪郭やパーツのバランスに合わせて眉尻の長さを調整することが大切です。

眉毛の長さは小鼻と目尻を結ぶラインの延長線上に収まるくらいがベストです。

また、眉毛を描く際は平行にやや太めに描くのがポイントです。

眉山から眉尻にかけてやや斜めに下がるように描くことで顔全体に奥行ができます。

ファンデーションでつくった陰影とノーズシャドウ、アイブロウを合わせるとだいぶ余白を埋めることができます。

小顔をつくるためには自分に合った影を足したり引いたりして探してみましょう。

アイメイク

小顔メイクをするときは、アイメイクでデカ目、小顔効果をつくりましょう。

目は顔のなかでも印象の強いパーツであり、アイメイクを工夫するだけで印象が変わります。

アイラインを引く際は、目尻のラインを少し書き足す程度に引きましょう。

目頭から目尻までガッツリ描いてしまうと、ギャルのような印象になってしまうので注意が必要です。

目尻のまつ毛の先から少しはみ出るくらいの長さがベスト。

少し長めに描くことで目の横幅が強調され、目が大きく見えるだけでなく小顔効果も期待できます。

アイシャドウを入れる際は、ブラウン系のシャドウを目尻に向けてやや広めに入れましょう。

横に広く入れることで目の横幅が強調され、顔が小さく見えます。

目頭に軽くアイシャドウを入れることで、より目が大きく見える効果が期待できます。

アイシャドウはまぶた全体に広げるのではなく、一番高い部分は塗らずメリハリをつけましょう。

マスカラは部分ごとに塗り分けることで顔に立体感を持たせることができます。

目頭は内側に塗り、中央は上向き、目尻は外側に向けて塗ることで目を大きく見せられます。

シェーディング

シェーディングとは、異なる色のファンデーションを使い顔に陰影をつけるメイク方法です。

顔の陰影にメリハリをつけることで立体的に見え、小顔効果を期待することができます。

シェーディングには大きくわけてスティックタイプとパウダータイプのものがあります。

最初はぼかしやすいパウダータイプを選ぶのがオススメです。

シェーディングの入れ方は輪郭の形によってそれぞれ異なります。

エラが張っている方は、エラの外側にシェーディングを入れましょう。

エラ全体にシェーディングを入れてしまうと厚化粧に見えてしまうため逆効果になってしまいます。

丸顔の方は輪郭に沿ってと頬骨の部分にシェーディングを入れましょう。

数字の3の形になるように陰影をつけることで顔全体が引き締まったような印象になります。

卵型の方は生え際部分と顎の裏にシェーディングを入れましょう。

顔の上下に陰影をつけることで縦の長さが目立たなくなり、小顔効果を期待できます。

シェーディングを入れる際は影をつけるだけでなく、ハイライトを入れてメリハリをつけましょう。

影ばかりに意識がいってしまうと全体的に濃い印象になってしまうので注意が必要です。

2.リンパマッサージでむくみをとる

リンパマッサージ
小顔になるためには、顔のむくみを取ることが大切です。

老廃物が溜まると血行が悪くなり、顔がむくんでしまう原因にもなります。

血行をよくするためには頭皮、顔、首、デコルテにかけてリンパマッサージをしましょう。

リンパマッサージをする際は肌を傷つけないためにオイルやクリームを使うのがオススメです。

まずは額部分からはじめましょう。

指の腹で中央から外側に向けて圧をかけながらリンパを流していきます。

口の周りは鼻の下から口角、顎の順に指先で圧をかけ、ゆっくりとマッサージしていきます。

頬は指全体で顎をはさみ、耳に向けて強く引き上げましょう。

肘を上げ、頬の肉を上に持ち上げるようなイメージで行っていきます。

目の周りは繊細な部分なので圧をかけ過ぎず、柔らかくマッサージするのがポイントです。

指先で目の周りをなぞるようにマッサージしましょう。

顔全体をマッサージする際は、顎から目に向けて頬の肉を持ち上げます。

指先から手のひらを使い、顔全体を包み込むようにマッサージしながら持ち上げていきます。

最後は首のリンパを下に向けてなぞり、リンパの流れをよくしていきます。

力強くマッサージをすれば効果があるというものではありません。

肌や顔を傷つけない程度に圧をかけ、ゆっくりとリラックスした状態で行いましょう。

3.耳たぶ回しをする

顔のむくみを取るためには、耳たぶ回しも効果的な方法のひとつです。

耳たぶ回しとは耳たぶの裏にあるリンパを刺激し、血行をよくするためのマッサージです。

小顔効果だけではなく、顔色が明るくなるなどの美肌効果も期待できます。

まずは耳たぶの付け根を指先で軽くつまみます。

後ろ側に引っ張りながら小さな円を描くように4回ほど回します。

そのとき、耳たぶを強く引っ張り過ぎないように注意しましょう。

耳たぶを回したら指先を揃え、頬からフェイスラインに向けて顔を撫でるようにリンパを流します。

このふたつの動作を繰り返しましょう。

次は下顎を前に突き出し、ゆっくりと元の位置に戻します。

これも4回ほど繰り返しましょう。

さらに下顎を突き出した状態で顔を左右に動かします。

最後は下顎を突き出したままゆっくりと口を開ける動きを4回ほど繰り返します。

次は背筋をまっすぐ伸ばし、肘を90度に曲げます。

手を軽く握り、肩甲骨を開くように肘を後ろに引いて胸を突き出すようにします。

顎を少し突き上げ、引いた肩を後ろに20回ほどゆっくり回しましょう。

4.顔のストレッチをして筋肉をつける

小顔になるためには、顔のストレッチをして筋肉をつけることも大切です。

顔のストレッチにはさまざまな方法がありますが、今回は二種類のストレッチを紹介します。

ひとつは口周りの筋肉を動かすストレッチの方法です。

口を閉じ、頬をふくらましながら空気を上下左右へとゆっくり移動させましょう。

次に舌先で唇の裏側を撫でるように動かしていきます。

頬の部分は頬の裏側を撫でるように舌先を伸ばしましょう。

もうひとつはフェイスラインを鍛えるストレッチの方法です。

顔を上に向け、「いー」「うー」と口を動かしていきます。

「いー」のときは思い切り頬の肉を引き上げ、「うー」は唇を突き出すように行います。

次に上を向いたまま舌先を突き出しましょう。

口周りの筋肉を使うため、表情筋を鍛えることができます。

マッサージをすることも大切ですが、顔の筋肉を動かすこともとても効果的です。

テレビを見ながらでも気軽にできるため、是非挑戦してみてください。

5.ツボ押しをする

小顔になるためには、小顔に効くツボを押しをするのも効果的です。

小顔に効くツボはいくつかありますが、今回は二種類のツボ押しについて紹介します。

ひとつは頬車です。

頬車は耳たぶとエラの間辺りにあり、歯を食いしばるとピクピクと動く部分にあります。

人差し指と中指の腹を使い、5秒ほど強く押しましょう。

強く押す、ゆっくりと緩めるという動作を10回ほど繰り返します。

もうひとつは巨りょうです。

巨りょうは黒目の下、小鼻の横のラインがクロスする場所にあります。

人差し指の腹で巨りょうを押さえ、下から上に持ち上げるように5秒ほど押しましょう。

これを10回ほど繰り返すことで小顔効果を期待することができます。

6.骨格を整える

小顔になるためには、骨格を整えることも大切なポイントです。

骨格を整えるためには小顔矯正を受けるのがオススメです。

小顔矯正とはマッサージや矯正によって顔の歪みを整える施術のことです。

主に美容サロンやエステ、整体などで行っています。

顔を小さくするというイメージよりは、歪みを整えて小さく見せるといった方が適切でしょう。

一般的なサロンやエステではリンパマッサージによる老廃物の排出なども行っています。

リンパマッサージが主となるため、一回の施術で劇的に変わるというわけではありません。

効果を持続させるためには、自宅でマッサージを続けることも重要です。

小顔になるためでなく、気持ちをリフレッシュさせる効果も期待できます。

7.髪型を工夫する

小顔に見せるためには、髪型を工夫してみましょう。

顔を小さく見せるためにフェイスラインを隠す方がいますが、実は必ずしも正解とは限りません。

小顔に見せるためには自分の輪郭に適した髪型にする必要があります。

場合によっては自分の輪郭と選んだ髪型が合わず、逆効果になってしまうことも。

丸顔の方は輪郭をカバーできるショートカットがオススメです。

顔に沿ったラインをつくることで輪郭をぼかすことができ、小顔効果を期待することができます。

エラの張った方はエラをカバーするためにひし形のシルエットを意識しましょう。

ショート、ミディアム、ロングともにふんわりとボミュームを持たせることでエラを隠せます。

面長の方は前髪を長めに残し、大人っぽい髪型がオススメです。

前髪を長めに残すことで縦の長さが目立たなくなり、小顔効果を狙うことができます。

「丸顔だからロングは似合わない!」「面長だからショートは似合わない!」というわけではなく、輪郭に適した小顔ポイントをおさえることで誰でも簡単に小顔をつくることができます。

8.ヒールを履く

小柄なために顔が大きく見えてしまう方は、ヒールを履いて小顔効果を狙いましょう。

前述した通り、頭身のバランスによって本来の大きさよりも顔が大きく見えてしまうことがあります。

頭身のバランスを調整するためには、ヒールを履いて背を高く見せましょう。

また、服は縦のラインを強調するストライプやロングスカート、ワイドパンツなどがオススメです。

視線を縦に伸ばすことで本来の身長よりも高く見え、顔も小さく見えるようになります。

9.お酒の飲み過ぎや水分の取り過ぎに注意する

お酒の飲みすぎや水分の取り過ぎは、むくみの原因になってしまうため注意しましょう。

むくんでいるということは、血液中の余分な水分が皮下に溜まってしまっている状態を指します。

特にアルコールは水分だけでなく、おつまみに含まれる塩分もむくみの原因になってしまいます。

むくみを解消するためにはアルコールを控え、規則正しい生活を心がけるようにしましょう。

小顔をゲットしてモテちゃおう

小顔の原因は生まれ持った骨格にあると思われがちですが、それだけではありません。

実は日頃の生活習慣を改善したり、メイク方法を工夫したりするだけで小顔になることができます。

小顔は褒め言葉のひとつでもあり、モテる要素にも深く関わっています。

自分の骨格に適したメイク方法を習得し、小顔をゲットしてモテる女性を目指してみましょう。