一蓮托生な夫婦とは?運命共同体となる本当に信頼しあっている理想の夫婦像を知ろうについて
「一蓮托生」という言葉を聞いたことはありますか?

今回は、一蓮托生の意味や一蓮托生な理想の夫婦像、また理想的な夫婦になるコツについて紹介していきます。

良いときも、悪いときも常に運命共同体でいられる仲の良い夫婦を目指している人は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

一蓮托生とは

「一蓮托生」という言葉を聞いたり、目にしたことはあるでしょうか?

「授業で先生が言っていたような気がする…」とか「小説の中に出てきたけど意味はよく知らない」という人もいるかと思います。

ということで、ここからは一蓮托生の意味について説明していきます!

最後まで行動や運命を共にすること

一蓮托生には「死後、ともに極楽に住生して、同一の蓮花の上に身を托す」という意味があります。

要するに、生きているあいだはもちろんのこと、死後の世界でも行動や運命を共にするということです。

永遠の愛を誓い合った夫婦だからこそ、楽しいことや苦しいこと、どんなことであっても共に分け合うといったニュアンスになります。

仏教の思想が語源

一蓮托生の意味である「死後、ともに極楽に住生して、同一の蓮花の上に身を託す」には、仏教の思想が込めらています。

「一蓮」は仏教において非常に神聖な花である蓮の花、「托生」は身を自分以外の他のものに任せて生きることを表します。

そのため、永遠の愛を誓い合う夫婦の関係において使われることが多いとされているのです。

一蓮托生の類語

一蓮托生の意味について説明してきましたが、少しでも理解を深めていただければ嬉しいです。

それでは、ここからは一蓮托生の意味を踏まえたうえで、一蓮托生の類語を紹介していきます!

一心同体

一蓮托生の類語に「一心同体」という言葉があります。

もしかすると、一蓮托生よりも一心同体という言葉を聞いたことがある人の方が多いかもしれませんね。

一心同体には「異なったものが1つの心、まるで同じ体のように固く結合すること」という意味があります。

要するに、夫婦が永遠の愛を誓い合い、楽しいときも、苦しいときも、お互いに支え合えるといったニュアンスです。

同腹一心

同腹一心には「一致した心を持ち、志を同じくする」という意味があります。

そもそも「同腹」と「一心」は、どちらも「一致した心を持つこと」という意味があるのです。

要するに、永遠の愛を誓い合った夫婦が楽しいときも、苦しいときも、同じ目標を持って共に進んで行くといったニュアンスがあります。

そのため「同腹一心な夫婦だね」というのは、かなり高レベルの褒め言葉となります。

死なばもろとも

歌詞やドラマのセリフなどで「死なばもろとも」という言葉聞いたことある人もいるかと思います。

死なばもろともには「死ぬときは一緒である」という意味があります。

要するに、永遠の愛を誓い合った夫婦は楽しいとき、苦しいときはもちろんのこと、死ぬときも一緒なのであるといったニュアンスです。

一見、ネガティブな表現にも感じられますが「結果はどうであろうと最後まで一緒に頑張ろう!」といったポジティブな意味が込められています。

一蓮托生な理想の夫婦像

夫婦
ここまで、一蓮托生の類語を紹介してきました。

「一心同体」「同腹一心」「死なばもろとも」と、どこかで一度は耳にしたことがある言葉があったのではないかと思います。

そして、これらの言葉に共通していることは、夫婦関係において非常に大切なことですよね。

それでは、ここからは「一蓮托生な理想の夫婦像」について紹介していきます!

お互いを尊重しあっている

一蓮托生といえる理想の夫婦像として、かならずといっていいほど挙げられるのは「お互いを尊重しあっている」ということです。

やはり、いつまでも仲の良いすてきな夫婦は、お互いを尊重しあっているもの。

特に夫婦となり、一緒に過ごす時間が長くなるにつれて、新婚ホヤホヤの頃のようなラブラブ感は薄れていくはずです。

それに伴い「マンネリ化」というものが起きてしまい、夫婦の関係が崩れていくことも考えられます。

ただ「好き」という感情だけでなく、尊重しあっていることこそが、2人の絆をより深めていくといえるでしょう。

「感謝の気持ちをしっかりと伝えてくれる」とか「話を聞くときはきちんと目を見て聞いてくれる」など、つい当たり前だと思ってしまっていることを改めて見直し、相手の存在がどれだけ素晴らしいのか再確認することが大切です。

困った事は協力して解決

夫婦とはいえ、なにもかもをお互いに打ち明けることができるかというと、そうでない人も多いかと思います。

ですが、一蓮托生な理想の夫婦像は「困った事は協力して解決する」ということが挙げられます。

たとえば、家事や育児など、どちらか片方だけに負担がかかってしまえば不満が溜まり、やがてその不満が爆発してしまうこともあるかもしれません。

それに、一緒に過ごす時間が長くなるにつれて、少なくとも「慣れ」が生じるはず。

相手のちょっとした変化に気づけなかったり、お互いを思いやる気持ちが薄れるなど、慣れが生じることで夫婦の関係が悪化することもあるのです。

ですが、困った事は、どれだけ小さな事であっても協力して解決することで、夫婦の絆はより強くなるといえるでしょう。

また、お互いに「自分は相手から頼りにされている」と自信もつくため、まさに一石二鳥といえるのです。

相手の苦しみを理解して支える

一蓮托生な理想の夫婦は、相手の苦しみを理解して支えることができます。

たとえば、仕事でミスをしてしまったとき「家ではすべてを忘れてゆっくりしたい」というのが本音だと思います。

ただ、夫婦の関係があまり良好ではなく、お互いに相手を見る余裕がない場合は、相手の苦しみを理解することが困難といえるでしょう。

そのため、相手の心に追い打ちをかけるような態度を知らず知らずのうちにとってしまうなど、夫婦の関係は余計に悪化していくばかりです。

ですが、一蓮托生な理想ともいえる夫婦は、どんなときでも相手の苦しみをきちんと理解しようと試み、お互いにしっかりと支え合うことができます。

まさに、楽しいときも、苦しいときも一緒に乗り越えて行ける強さを持ち合わせているといえるでしょう。

対等な立場で話し合える

たとえば「亭主関白」な夫に対して、不満を抱えている女性も少なくないかもしれません。

やはり、永遠の愛を誓い合った夫婦は、どんな状況においても対等な立場を築いていく必要があるはず。

とはいえ、実際のところは「外で働いている夫が主導権を握っている」など、対等な立場を築けていない夫婦もいるようです。

ただ、対等な立場を築くことができない夫婦は、その時点で意見が食い違っているので、一蓮托生な理想の夫婦像とは程遠くなってしまいます。

ですから、どんな状況においても対等な立場で話し合うことができる関係を築くことも、一蓮托生な夫婦になるために避けては通れない道といえるでしょう。

一人の時間も楽しんでいる

一人の時間
一蓮托生な夫婦は、お互いに一人の時間も楽しめている傾向があります。

たとえば、お互いに趣味を持ち、きちんと趣味に没頭できる時間を設けているなど。

もし、あなたには趣味があるのに、夫には趣味がない場合、せっかくの休日であっても夫を気遣い趣味に没頭する時間を設けることができないと思います。

また、お互いに趣味を持っていない場合は、どちらかが家を空けたときに、暇を持て余してしまうでしょう。

夫婦になると、一緒に過ごす時間が長くなるため、案外一人の時間が貴重だったりします。

一人だからこそできることや考えられること、要するに一人の時間を楽しむことが、良好な関係を築いていく秘訣といえるのです。

ですから、お互いに趣味を見つけるなどして、一人の時間も楽しめるように行動してみるのもいいかもしれません。

年齢を重ねても仲が良い

どれだけ年齢を重ねても仲が良い夫婦は、本当に理想的な夫婦像だと思います。

夫婦がいつまでも仲が良いと、家族や親戚など周囲の人たちや、街中で偶然すれ違った人にすら良い影響を与えることがあります。

実際に、街中でおじいちゃんとおばあちゃん夫婦が手を繋ぎながら、仲良さげに歩いているのを見ると心がほっこりする人も多いと思います。

要するに、年齢を重ねても仲が良い夫婦というのは、それだけお互いを想い合っているということでしょう。

楽しいときはもちろんのこと、苦しいときもお互いに支え合い、乗り越えてきたからこそ絆が深まっているといえます。

これこそ、まさに一蓮托生な夫婦といえるでしょう。

笑顔が多い

笑顔の夫婦
夫婦共に笑顔が多いと、楽しいと思えることが増えると思います。

そもそも、基本的に片方が笑えないほど苦しい思いを抱えている夫婦は、もう片方も心の底から笑えていないことが多いはず。

それに、笑えないということは楽しくないということですから、夫婦の関係も良好とはいえないでしょう。

反対に笑顔が多い夫婦というのは、2人共が同じく「楽しい家庭を築いていきたい」と思っている、まさに一蓮托生な夫婦なのです。

一緒に過ごす時間をいつまでも楽しいと感じられる夫婦は、お互いを強く想い合っているため、そう簡単に壊れたりはしないといえるでしょう。

男性が考える理想の夫婦像

ここまで「一蓮托生な理想の夫婦像」について紹介してきました。

お互いに尊重しあっていたり、対等な立場で話し合えるなど、当たり前のようで難しい内容が出てきたと思います。

もし、これらの内容に当てはまるものがあったら、一蓮托生な夫婦といえるかもしれませんね。

反対に当てはまるものが1つもなかったという人は、これから一蓮托生な夫婦になれるように頑張っていきましょう!

それでは、ここからは「男性が考える理想の夫婦像」について紹介していきます。

お互いに自立している

男性が考える理想の夫婦像として「お互いに自立している」ということが挙げられます。

たとえば、夫が外に働きに出ているのであれば、妻は家事や育児など家の中のことをやるといった感じです。

いってしまえば、お互いにそれぞれ役割を持ち、自分のことは自分できちんとやり遂げて、相手にはできる限り負担をかけないようにするといったニュアンスになります。

そのため「夫婦で支え合って生きていく」というよりかは「お互いに甘えすぎずに、それぞれのやるべきことをきちんと成し遂げる」というのが、男性が考える理想の夫婦像といえるのです。

干渉しすぎないほど良い距離感

一般的に男性は「干渉されること」に対して、非常にネガティブな考えを持ち合わせています。

そのため、仕事終わりのちょっとした飲み会や、休日の過ごし方など、とにかく妻から干渉されることを嫌う男性が多いのです。

とはいえ、子供のことばかりで自分に構ってくれなかったり、仕事で忙しく相手をしてもらえないとなると、それはそれで気を損ねるといったあまのじゃくな部分もあるようです。

だからこそ「干渉しすぎないほど良い距離感」という、自分の価値観でしか表現することのできない難しい理想像を、夫婦になってからも求める男性が多いのかもしれません。

言いたい事を言い合える

男性は「言いたい事を言い合える夫婦」に憧れを抱いている傾向があります。

というのも、一般的に男性は女性に比べて、相手の気持ちに鈍感です。

反対に女性は、自分の気持ちを直接は相手に伝えずに、察してほしいと願うところがあります。

要するに、なにも言わなくても察してほしい女性と、相手の気持ちになかなか気づくことができない男性とでは、すれ違いが生じてしまうはず。

特に夫婦になると、お互いに慣れが生じてしまい「言わなくても伝わるだろう」と思い込んでしまう人も多いため、そこでまた夫婦の仲にわだかまりが生じてしまうのです。

そのため、言いたい事は包み隠さずにきちんと言い合える夫婦というものに、男性は憧れてしまうのかもしれません。

理想的な夫婦になるコツ

ここまで「男性が考える理想の夫婦像」について紹介してきました。

お互いに自立していること、干渉しすぎないほど良い距離感、言いたい事を言い合えるということが挙げられました。

やはり、女性と男性とでは考える理想の夫婦像が違っていることもあるかと思います。

ですが、せっかく夫婦になり一緒に人生を歩んで行くわけですから楽しいときも、苦しいときも、お互いに支え合うことができる一蓮托生な夫婦になりたいものですよね!

それでは、ここからは「理想的な夫婦になるコツ」について紹介していきます。

相手に完璧を求めない

お互いに考える理想の夫婦像が違っていたとしても、それらを受け入れながら、より良いものにしていくのが一蓮托生な夫婦といえます。

要するに、相手に完璧を求めないことが大切なのです。

たとえば、休日に家事や育児を手伝ってくれない夫に対して「休みの日くらいは手伝ってよ!」と、なにも言わずに期待するのはよくありません。

本気で手伝ってほしいと思っているのであれば、夫が自分から察してくれるのを待っているだけではなく、きちんと「休日は手伝ってほしい」と口に出して伝えるのです。

そうでもしなければ、自分の気持ちにいつまで経っても気づいてくれない夫にイラつくばかりで、なにも解決しないといえるでしょう。

ですから、相手に完璧を求めるのではなく、動いてほしい方向にうまく導く必要があるのです。

依存しない

一蓮托生な理想的な夫婦は、お互いに依存していません。

夫婦とはいえ、相手に依存してしまうことで、視野が非常に狭くなってしまい、夫婦の関係性を悪化させる要因となる「マンネリ化」が生じてしまう可能性が高くなるとされています。

たとえば、夫が飲み会で帰りが遅くなるときに、なにをしていいのか分からずにただ時間が流れるのを待っているなど。

夫婦ともなると、ほとんどの時間を一緒に過ごしていくわけですから、案外一人で過ごす時間て貴重なものだったりします。

その一人で過ごす時間を楽しめるようになると、また一つ成長できたといっても過言ではないのです。

それに、依存された側からすると「重い…」と感じてしまうかもしれません。

ですから、まずは一人で過ごす時間を楽しんでみるなど、お互いに依存しないようにすることが大切といえるでしょう。

してもらって当たり前と思わない

一緒に過ごす時間が長くなるにつれて、慣れが生じてしまいがちです。

要するに、新婚ホヤホヤの頃には感謝していたことも、いつしか「してもらって当たり前」と思うようになってしまうのです。

ですが、感謝の気持ちを忘れてしまっている夫婦は、なにかしら不満を抱えて生活をしていることがほとんどです。

誰だって、感謝されることを嫌だとは思わないはずですし、ましてや永遠の愛を誓い合った相手から感謝されると、とても温かい気持ちになると思います。

ですから「お酒を注いでくれた」とか「ゴミ捨てに行ってくれた」など、どれだけ小さなことであったとしても、決して「してもらって当たり前」とは思わずに、きちんと感謝の気持ちを伝えることが大切なのです。

「今さらありがとうなんて、照れ臭くて言えない…」と思う部分もあるかもしれませんが、ここで行動することで理想的な夫婦になれると思うと、気持ちが軽くなるでしょう。

感謝や愛情を具体的に伝える

理想的な夫婦になるためには、感謝や愛情を具体的に伝えることが大切になります。

結婚する前や新婚ホヤホヤの頃とは違い、一緒に過ごす時間が長くなった夫婦だからこそ「ありがとう」とか「好き」といった簡単な言葉だけでは、うまく相手に気持ちが伝わらないこともあるのです。

たとえば「お風呂掃除をしてくれてありがとうね。ピカピカになってたよ!」とか「○○は忙しいときも、ちゃんと家族のことを考えてくれるところが好きだよ」といった感じで、具体的に伝えるようにしましょう。

そうすることで、ただ感謝や愛情を伝えてもらうよりも、遥かに嬉しさが倍増します。

相手から感謝してもらえれば「また、やってあげたい」と思うことができますし、愛情を伝えてもらったら「自分も照れずに愛情を表現しよう」と思えるので、まさに好循環といえるのです。

不満を溜めこまない

相手を思いやり、心のうちすべてを言葉にしないことが優しさであるときもありますが、それらを爆発するまでため込んでしまうことはよくありませんね。

要するに、理想的な夫婦になるためには、お互いに不満を溜め込まない必要があるのです。

やはり、一緒に過ごす時間が増えるにつれて、どれだけ仲の良い夫婦であっても、なにかしらの不満は芽生えてしまうはず。

たとえば「靴下を裏返しに脱ぐ癖が直らない」とか「目覚まし時計の音が大きすぎる」など、別に我慢しようと思えば我慢できるちょっとしたことであっても、積み重なることでやがて大きな不満になっていくでしょう。

ですが、自分の不満は言葉に出して伝えなければ、相手に伝わることはありません。

ですから、できる限り不満は溜め込まずに、小出しにして、2人で解決できるように試みることが大切です。

自分の非は素直に認める

理想的な夫婦になるためには、自分の非は素直に認める必要があります。

たとえば、なんの気なしに言った言葉で相手を傷つけてしまった場合は「ただのノリじゃん」と流してしまうのではなく、きちんと自分の非を認めて素直に謝ることが大切です。

いくら夫婦とはいえ、言って良いことと悪いことがあるので「これは、もしかすると相手にとって厳しい言葉だったかも…」と思った場合は、すぐに非を認めてきちんと謝るようにしましょう。

お互いに自分の非を素直に認めることができなければ、相手に対する不満はどんどん募っていくばかりです。

不満は積み重ねていくうちに、やがて爆発してしまう可能性もあるので、そうなる前に自分の非を認められる素直さを身につけておきましょう。

外見を磨く

外見を磨く
いつまでも仲良しでいられる夫婦は、お互いに外見を磨くことを忘れません。

やはり、どれだけ一緒に過ごす時間が増え、気心知れた仲になろうとも、男女であることを忘れてしまってはいけないのです。

たとえば、新婚ホヤホヤの頃はきっちりメイクをして、髪型や服装にきちんとこだわっていたにもかかわらず、子供が産まれてからはまるで自分の外見に興味がなくなってしまったなど。

たしかに、自分の外見に気を遣う余裕がなくなってしまうかもしれませんが、それではお互いに異性として意識することが難しくなってしまいます。

ですから、できる限り毎日、もしくは夫婦で一緒に出掛ける日は外見に気を遣うようにしてみましょう。

そして、日頃から常に外見を磨く努力をすることが大切です。

定期的に二人の時間を作る

家事や育児に、仕事など、どれだけ忙しかったとしても、定期的に二人の時間を作っている夫婦は仲が良い傾向にあります。

夫婦になり、ある程度の時間が経つと、意識して二人の時間を作ることがなくなると思います。

特に子供が産まれると、どこに行くにも家族揃ってしまうため、二人だけで過ごす時間がなかなか持てないでしょう。

ですが、いつまでも仲良しな夫婦でいたいのであれば、定期的に二人の時間を作る必要があるといえます。

二人の時間を作ることで、結婚前や新婚ホヤホヤの頃と同じような気持ちを取り戻せるため、いくつになってもお互いのことを異性として見ることができるのです。

家の中で二人の時間を作るのもいいですが、一緒にお出掛けすることでより絆が深まりやすいでしょう。

外食

家から少し離れた高級レストランやおしゃれで人気のカフェなど、毎日頑張る二人へのご褒美もかねて、外食するのもおすすめです。

美味しい料理を食べながら、最近感じていること、将来の目標など、お互いにいろいろな話をするのです。

外食をすることで、普段の会話では話す機会のなかったことなど、お互いの意見がたくさん聞けるでしょう。

ドライブ

ドライブ
ドライブをして、完全に二人だけの世界を楽しむこともおすすめです。

あらゆる景色を見ながら感性を高めつつ、車の中という完全プライベート空間で二人だけの時間を満喫するのです。

子供の前だとなかなかできない話や、思い出話をするのもいいですね。

普通にお出掛けするのとは違い、完全に二人だけの世界に入り込めるからこそ、より一層絆が深まっていくでしょう。

誕生日や結婚記念日は一緒に祝う

いつまでも仲良しな理想的な夫婦は、お互いの誕生日や結婚記念日を毎年一緒にお祝いしています。

やはり、これらの特別な日を一緒に過ごすことで、より一層2人の絆は深まるものですよね。

サプライズをしてみたり、夜景の綺麗なレストランで食事をするなど、普段の生活ではできないことを目一杯楽しめる1日でもあるでしょう。

また、誕生日や結婚記念日といった特別な日には、普段はうまく伝えることのできない感謝の気持ちを伝えることができたり、将来についてきちんと話し合う良いきっかけにもなります。

ですから、決して記念日を忘れてしまうことなく、毎年一緒にお祝いできるようにしていきましょう。

名前や愛称で呼び合う

子供が産まれると、ついお互いを「パパ」「ママ」といった感じで呼んでしまう夫婦が多いようです。

ただ、いくつになっても仲良しでいられる夫婦は、お互いのことを名前や愛称で呼んでいます。

やはり、どれだけ一緒に過ごす時間が増えていったとしても2人の関係は夫婦であり、どちらかの親になることはありませんよね。

そのため、子供の前では「パパは今日もお仕事だよ」とか「ママの作る料理は美味しいね~」とパパ、ママ呼びしても、2人で過ごす時間には名前や愛称で呼び続けることが大切です。

名前や愛称で呼び合うことで、結婚前や新婚ホヤホヤの頃と同じような良い感じの距離を保つことができるでしょう。

適度にスキンシップをとる

適度にスキンシップをとることでマンネリ化を防ぎ、いつまでも良好な夫婦関係を築くことができます。

というのも、一緒に過ごす時間が長くなるにつれて、意識していない限りスキンシップをとる機会は減っていきがちです。

スキンシップをとる機会が減るということは、お互いに愛情表現をする機会も減ってしまうということなので、だんだん異性としての魅力が感じられなくなってしまうのです。

そのため、いつしか触れられることすら嫌だと感じてしまう日がくるかもしれません。

それでは、マンネリ化してしまい、夫婦として良好な関係を築いていくことが難しくなってしまうはず。

ですから、適度にスキンシップをとることを心がけてみましょう。

二人で共通の目標を持つ

「将来は子供がほしい」とか「次の結婚記念日には○○を旅行しよう」など、二人で共通の目標を持つことで、理想的な夫婦を目指してみましょう。

やはり、夫婦で共通点があることは非常に強みであり、それが目標である場合は叶えるために一致団結することができますよね。

いくら夫婦とはいえ、お互いに別々の目標に向かって突き進んでいれば、いつしかすれ違いが生じてしまうかもしれません。

ですが、二人で共通の目標を持っていれば、たとえケンカしてしまっても、結果的に同じゴールに辿り着くことができます。

また、共通の目標を持っていると、それを叶えるためにコミュニケーションを頻繁にとったり、お互いを思いやり行動することができるのです。

他人であることを忘れない

一緒に過ごす時間が増えていくにつれて、より絆が深まることもあれば、反対に不満も出てくるかと思います。

ただ、決して忘れてはいけないことは、永遠の愛を誓い合った夫婦とはいえ所詮は他人なのです。

要するに「夫婦なんだから私の全部分かってくれて当然」とか「なにもかも受け入れてくれるのが当たり前」という考え方になってしまうと、いよいよ夫婦の関係に危険信号がともりはじめます。

やはり、夫婦とはいえ他人であることに変わりはないので、どうしても無理なことは無理なのです。

ただ、夫婦だからこそできることもたくさんあるため、お互いにきちんと意見を言い合ったり、日頃からきちんとコミュニケーションをとるなどして、そういった障害も乗り越えて行きましょう。

それらを乗り越えた先には、きっと明るい未来が待っているはずです。

一蓮托生な理想の夫婦像を知ろう

一蓮托生の意味や一蓮托生な理想の夫婦像、また理想的な夫婦になるコツについて紹介してきました。

夫婦となり長い時間を一緒に過ごしていくことで、慣れが生じてしまったり、不満が溜まってしまうこともあるはず。

ですが、それらを一緒に乗り越えてこそ、夫婦の絆はより深まっていくものなのです。

楽しいときも、苦しいときも共に支え合うことができる一蓮托生な夫婦になるためにも、ぜひ今回紹介した内容を参考にしていただければ幸いです。

一蓮托生な夫婦になって、すてきな夫婦生活を送っていきましょう!