失恋が辛い時にやるべき18個のこと!気分転換をして新しい恋に前向きになろう!について
大好きな彼との別れに悲しんだ経験を持つ女性はたくさんいるでしょう。

恋人関係が解消され、日常の一部になっていた彼の存在がぽっかりいなくなってしまうのですから、強い虚無感に襲われるのも仕方ありません。

他にも好意を寄せていた男性に告白をして振られることもありますよね。

受け入れてもらえなかったとショックを受ける人も多いでしょう。

お互いに納得して、笑顔で別れられるのが理想ですが、すべての恋愛が円満に終わるわけではありません。

一方的な別れは失恋の傷を一層深くするでしょう。

このような辛い失恋から立ち直るためにはどうすればいいのでしょうか。

今回は失恋が辛いときにやるべきことを詳しく紹介していきます。

失恋辛い…悲しくて仕方ない

多くの人にとって失恋は辛く悲しい経験でしょう。

失恋の悲しみには大きく分けて二つの種類があります。

ひとつは大好きな彼を失う悲しみです。

恋人関係が解消され、日常の一部になっていた彼を失うのは精神的に辛い経験です。

もうデートができない、他愛のない話を共有できないなど今まで当たり前に過ごしてきた日々が一変します。

別れた後も友達関係を続けられる男女もいますが、それきりになってしまう人もいますよね。

ずっと近かった存在が急に遠くに行ってしまう失う悲しみに暮れてしまうのです。

もうひとつは相手に拒絶される悲しみです。

恋人関係はお互いを受け入れ合うことで成立するため、別れを切り出されると相手に拒絶されたと感じる女性も少なくありません。

彼にとって私は必要ない、彼には好かれていないなどネガティブな感情が渦巻きます。

どちらも好きな男性に限らず、友達に置き換えても辛いことですよね。

失い、拒絶されるため、ある意味で失恋が辛く、悲しい経験であることは当然なのです。

今は泣いて落ち込んでもいい

失恋は辛く悲しい経験ですが、素直に悲しみに暮れることができない女性もいますよね。

彼の存在を失った悲しみに涙するものの、「いつまで泣いているのだろう」「早く立ち直らなければ!」と自分で悲しむ時間を与えないように我慢してしまうのです。

いつまでも失恋のショックを引きずるわけにはいきませんが、失恋した直後は自分の悲しい、辛いという感情と真っ向から向き合い、受け入れてあげることも重要です。

自分の気持ちを無理に制御してしまうと、どこかに歪みが生じます。

やっと立ち直ったと思っても悲しみを振り返してしまったり、立ち直るまでに時間がかかったりしてしまいます。

失恋した直後は、立ち直ることや次の恋愛のことは考えず、今ある悲しい、辛いといった感情を爆発させましょう。

気持ちが落ち着くまで泣きはらし、過去の思い出を反芻することで少しずつ気持ちの整理がついてきます。

でもいつかは乗り越えなくちゃ

失恋した直後は思い切り泣き、悲しみに暮れるのもいいですが、いつかは失恋の痛みを乗り越えなければいけません。

いつまでも泣き続けるわけにはいきませんよね。

感情を爆発させ、気持ちが落ち着いたら悲しむ期間から抜け出しましょう。

今までのように過去の思い出を反芻して悲しむのは止め、次の恋愛や新しいことに目を向けて気持ちをリセットすることがとても重要です。

このように失恋をしたときは、自分を甘やかせてあげる期間と自分を奮い立たせる期間を上手に設け、気持ちを整理しやすい環境を作ってあげるように心がけましょう。

悲しむ期間と前を向き期間のメリハリをつけることで、気持ちを切り替えやすくなります。

失恋が辛い時にやるべき18個のこと

辛い失恋を乗り越えるためには、上手に気持ちを切り替えることが重要です。

しかし、悲しみに暮れている女性にとって気持ちを切り替えることは簡単ではありません。

それでは辛い失恋を乗り越えるためには、どうすればいいのでしょうか。

次は失恋が辛いときにやるべきことについて詳しく紹介していきます。

失恋直後にやるべきこと

失恋直後は失恋したショックが大きく、ご飯も喉を通らないという人もいるくらいです。

気持ちが落ち込み、塞ぎ込んでしまう女性も少なくありません。

彼との思い出を振り返ってはひとつの恋が終わったことを悲しみ、訳もなく涙が出てしまう日も増えるでしょう。

他にも何に対しても気持ちが乗らない、怠惰感が抜けないなど精神的に辛い期間になります。

このように悲しみと辛さのピークである失恋直後には何をすればいいのでしょうか。

失恋直後にやるべきことについて詳しく紹介していきます。

思う存分に泣く

泣く
失恋直後は思う存分に泣きましょう。