相手の男性もそのような美しくない部分をしっかりと見抜いています。

相手にがっかりされないためにも、美しい心を維持するように気をつけましょう。

美しい心を磨くためには、気持ちに余裕を持つことが大切です。

誰かと競い合うのではなく、自分のペースを尊重し、自分らしさを認めてあげましょう。

自分を好きになることで、自然と自信も身につきます。

女性らしさを身につける

男性の多くは女性らしさを持った女性に惹かれます。

ここで言う女性らしさとは控えめで奥ゆかしい女性像に限ったことではありません。

ひと昔前は女性らしさと言うと弱々しく守ってあげたくなる雰囲気、男性の後ろに立ち甲斐甲斐しく世話を焼く姿などが挙げられましたが、現代ではその姿も変わりつつあります。

現代における女性らしさとは、主体性を持ち合わせ、周囲に気を配れることを指すケースが増えています。

男性の言いなりになるのではなく、自分で考えて周囲をサポートできる姿が女性の繊細な気遣いを表しており、男性にも好まれます。

他にも言葉遣いや些細な仕草からも女性らしさをアピールすることができます。

丁寧な言葉遣いやしなやかなで流れるような仕草を意識するだけでも相手に与える印象が変わるでしょう。

男性を立てる

男性に好まれる女性になるためには、男性を立てることも大切です。

男性はプライドが高い生き物のため、自分の力や能力を評価されることを望んでいます。

そのような男心をくすぐるためには、男性を立てるようにしましょう。

たとえば食事をしたときの会計では、先に男性にお金を支払ってもらい、お店から出た後に気持ちのお金を渡すのも男性を立てる方法のひとつです。

レジ前でお金を出す出さないのやり取りをしていると、店員さんがいる手前、男性は女性にお金を出させるわけにはいかなくなってしまいます。

そのような男性の立場を気遣えることも男性を立てることに繋がります。

他にも何かやってもらったときは「ありがとう」と素直に感謝を伝えるのもいいでしょう。

無理のない範囲で男性を立てるよう意識することも非常に効果的です。

話をしっかり聞く

好きな男性を振り向かせるためには、話をしっかり聞くように心がけましょう。

話し上手な女性も男性に好まれますが、実は聞き上手な女性が好まれる傾向にあります。

多くの男性は女性に対して甘えたい願望を持っています。

外ではしっかりした男性でも、彼女と二人きりのときは弱音を吐き、慰めてもらいたいと思っているものです。

そのため包容力の高い女性を求めている男性はたくさんいます。

付き合っていない段階では素直に甘えられないため、友達関係のうちから「自分のことを受け入れてくれるか」という部分を重視しています。

そのような男性を振り向かせるためには、男性の弱い部分も含めてしっかりと話を聞き、受け止めてあげられる女性を目指しましょう。

自分の話もする

聞き上手な女性が好まれる傾向にありますが、ただ聞いていればいいわけではありません。

相手の話を聞きつつ、自分の話もしっかりできることが理想です。

自分の話をまったくしないと相手は距離を感じてしまいます。

「自分のことを知られたくないのかな?」「まだ距離が縮まっていないのかな?」など男性も不安になってしまいます。

気持ちを開く意味でも、会話の節々に自分の話を入れるように心がけましょう。

あまり難しく考えず、相手とキャッチボールをするような感覚でフランクに接すれば問題ありません。

男性に甘えてみる

好きな男性を振り向かせるためには、男性に甘えてみるのもいいでしょう。

男性には保護本能という本能が備わっており、自分よりも弱い人間を守らなければいけないという使命感を持っています。

たとえば困っていたり、悩んでいたりする女性に対して「何か力になってあげたい」と思うのもこの保護本能がはたらいていると考えられます。

甘えるという行為は、自分の弱さを出すことにも繋がります。

さらに「あなただけに甘える」という特別感を演出することで、男性の心をくすぐることもできます。

他にも適度に隙を見せることで「私はウェルカムよ」という合図にもなります。

草食男子にはなかなかアプローチできない人も多いため、このような合図が効果を発揮することもあります。

周りの目を気にしすぎない

恋愛初心者のなかには、自分に自信が持てずに周りの目を気にしすぎてしまう人もいます。

「付き合えたとしても私では釣り合わないのでは?」「私がアプローチしたら周りから変な目で見られるのでは?」など根拠のない不安を抱き、臆病になってしまいがちです。

しかし、あなたが思っているほど周りは深く考えていません。

仮に周囲が批判したり、悪く言ったりしたとしても、相手の男性が受け入れてくれたのなら何も間違ってはいません。