特に愛されたいと強く思っている人ほど、自分のすべてを受け入れて欲しいという気持ちから全てをさらけ出してしまいがちです。

確かにお互いの理解を深めるためには、自分をさらけ出すことも大切です。

しかし、全てをさらけ出してしまうとミステリアスな部分が失われてしまいます。

男性はミステリアスな女性にドキッとする傾向があります。

あまり自分のことは語らず、謎めいている部分を残しておくことで、男性の「もっと知りたい」「親しくなりたい」という心をくすぐります。

男性に追いかけられる女性になるためには、男性の好奇心をくすぐることが重要です。

特にあなたのパーソナルの部分は小出しに教えてあげるようにしましょう。

少しずつ教えてあげることで「親しくなれている」「自分だけが知っている」という特別感を味わうことができます。

このように計算高く振る舞えるのもミステリアスな女性の魅力のひとつです。

色気を感じさせる仕草

男性が追いかけたくなる女性の特徴は、色気を感じさせる仕草を見せることです。

いつの時代も色気のある女性は男性にモテます。

ここで言う色気とは、セクシャルなものではなく、品性や妖艶な雰囲気など女性が纏っているオーラに関するものを指します。

胸元や太腿が露わにしたファッションをすればセクシーな色気を出すことができますが、度が過ぎると下品な印象を与えてしまいます。

大人の色気は見た目ではなく、その人が纏っているオーラから醸し出されるものなのです。

たとえば落ち着きのある態度や真っ直ぐと伸びた姿勢、髪を掻き上げる仕草など、日常のちょっとした仕草のなかからでも色気は醸し出されるものです。

日頃から落ち着きのある大人っぽい行動を心がけることで、自分が意識しなくても自然と大人の色気が出るようになります。

そのような魅力を持つ女性を多くの男性は放っておきません。

次第にあなたの色気に魅了され、つい追いかけたくなるでしょう。

男性を追いかけない

男性が追いかけたくなる女性の特徴は、男性を追いかけないことです。

恋をすると恋愛を成就させるためにあれこれ行動的になる女性もいます。

行動的になるのはいいことですが、男性を追いかけ過ぎてしまうのはNGです。

男性には狩猟本能という本能が備わっており、獲物を追いかける習性があります。

これは大昔に男性が狩りをして家族を養っていたことが大きく関係しており、その本能は現代の男性にも備わっています。

そのため、恋愛においても追われるよりも追いかけたいという男性の方が多いのです。

手に入りづらいものほど欲しくなる心理を上手く突き、時には一歩引いてみるのも効果的です。

自分からはガツガツ追いかけず、追いたくなる隙を見せながら追われる女性を目指しましょう。

好意をほのめかす

男性が追いかけたくなる女性の特徴は、好意をほのめかすことです。

男性はプライドが高い生き物のため、負け戦には消極的になる傾向があります。

いくら好きだからと言っても、最初から成就しなさそうな恋愛には手を出したがらないのです。

そのため男性に追いかけられる女性になるためには、ちょっとした隙を見せることが大切です。

自分も好意を持っているとほのめかすことで、「頑張れば恋が実るかも」という期待を持たせるのです。

勝算が見えれば男性にも自信がつき、あなたに対するアプローチも積極的になるでしょう。

大切なのははっきりと好意を伝えるのではなく、「付き合える可能性が高いよ」というくらいにほのめかし、追いかけたくなる心理をくすぐることです。

微妙な距離感のキープ

男性が追いかけたくなる女性の特徴は、微妙な距離感をキープすることです。

多くの男性はガツガツした女性に苦手意識を持っています。

積極的にアプローチしてくれるのは嬉しいのですが、いきなり距離を詰められると萎縮してしまうのです。

とは言え消極的過ぎるのも問題です。

消極的過ぎると「自分には興味がないのかな?」「好かれていないのかな?」とネガティブにとらえられてしまい、せっかく恋愛感情を持ってくれていても急激に冷めてしまう可能性があります。

追いかけられる女性になるためには、微妙な距離感をキープできることが大切です。

近過ぎず、遠過ぎない微妙な距離を保つことで、あと少しの距離を縮めたくなるのです。

連絡や会う頻度などを上手くコントロールすることで、あと少しの距離を縮めて自分のものにしたい!という気持ちに火をつけましょう。

誘いをサラリとかわす

男性が追いかけたくなる女性の特徴は、誘いをサラリとかわすことです。

前述した通り、男性は追い求めたい性格であり、失敗したときには深く傷ついてしまいます。

女性からすれば少し面倒な性格と思ってしまうかもしれませんね。

男性を傷つけずに自分の価値を高めるためには、誘いをサラリとかわす術を身につけましょう。